現場日誌・現場ブログ塗装に関するマメ知識やイベントなど最新情報をお届けします!

HOME > 現場日誌・現場ブログ > 新着情報 > ウレタン防水の『絶縁工法と密着工法』について(豊橋市豊川市…

ウレタン防水の『絶縁工法と密着工法』について(豊橋市豊川市田原市蒲郡市 屋根外壁塗装専門 河合塗装工業)

こんにちは。
豊橋市の河合塗装工業の岡田です。
現場管理を担当しております。

防水工事には、主にウレタン防水、FRP防水、シート防水等があります。

その中でウレタン防水を少し詳しくお話したいと思います。

ウレタン防水は、液状のウレタン樹脂を塗布しそれが化学反応を起こして硬化することによって防水層を形成します。
一番のメリットとしては、どんな下地にも幅広く対応できることでしょうか。
元々、液状のものを流すため、狭い場所や複雑な形状をした場所でも施工可能です。
デメリットとしては、
均一に均すのが難しいです。コテで均すため塗装職人に頼んだ方が綺麗に均一に仕上がります。
また他の防水工事に比べると工期が少し長めになります。
ウレタン防水には種類があり大きく2種類の工法があります。絶縁工法と密着工法です。

★絶縁工法
通気緩衝工法とも呼ばれる施工方法で、溝のある通気緩衝シート(通気シート・絶縁シート)を張り付けた後にウレタン防水材を塗っていきます。下地の動きに対応でき、下地の水分や湿気を拡散して脱気筒から放出し防水層の膨れを防止するのが特徴です。密着工法よりもコストがかかりますが、通気効果や緩衝効果があり、下地の影響を受けないので耐久性が高いのがメリットです。

★密着工法
下地にウレタン防水材を塗り、補強布を張り付けた後ウレタン防水材を重ね塗りしてトップコートで仕上げる施工方法です。軽量なため建物に負担をかけず、コストが安いのが特徴です。ただし、下地に密着しているので防水層のひび割れや膨れに注意が必要です。

弊社では、民間工事の他、学校等の公共施設の工事などの施工実績もあります。

少しでも気になるようでしたら、お気軽にお問い合わせ下さい。   
河合塗装工業は、東三河(豊橋市、豊川市、田原市)を中心に施工を行っております。

今後ともよろしくお願い致します。

不明な点はお気軽にお問い合わせくださいませ。
    

変換 ~ 店舗外観1.jpg      変換 ~ 店舗内装2.jpg

河合塗装工業 ショールーム

豊橋市西岩田五丁目9-14 1F

河合塗装工業ショールームのご案内
 ショールームには皆様が実際に見て触れて頂けるものをご用意しております。

ご相談・お問い合わせはお気軽に!!
 御見積り依頼、各種診断、不明な点等、お気軽にどうぞ。
 お待ちしております。

河合塗装工業の施工事例集
 「外壁塗装・屋根塗装を考えているけどイメージがわかない・・・」
 そんな方は河合塗装工業が施工させて頂いたお宅をご覧ください!

「屋根・外壁診断」は河合塗装工業におまかせください!
 まずはお家の劣化状況をしっかりと把握しましょう。
 河合塗装工業ではご相談・現地調査・お見積り提出まで無料でさせて頂きます!

河合塗装工業の雨漏り診断                                    
 雨漏りのプロが原因を特定します。
 お家の状況に合わせた納得のご提案をさせて頂きます。