他社とはここが違います!河合塗装工業が豊橋・豊川で選ばれる理由

徹底的に自社施工、自社職人、自社品質にこだわります!

初めまして。こんにちは。河合塗装工業代表の河合秀宜と申します。この度は、弊社のホームページをご覧いただきまして、ありがとうございます。弊社は豊橋で外壁塗装工事を中心に行ってきた会社です。
地域の公共施設から民間の工事まで、幅広くご依頼を頂いてます。

塗装は技術で決まる。この一点を思いながら塗装を手掛けてきました。

お客様の本当の満足は何なのか?を考えると、塗装を通して家をいかに長持ちさせるかだと考えています。塗装は塗り手の職人さんによって品質は変わります。ですから、弊社では徹底的に自社施工、自社職人、自社品質にこだわり本物の塗装工事をお客様にご提供したいと考えています。

弊社は平成28年度 豊橋市優良工事施工業者として表彰されました。厳しい公共工事の品質基準で培った技術を戸建塗装でも活かして施工いたします。

また気軽に外壁塗装や雨漏りのことを相談できる場として、塗装&防水の専門店をオープン致しました。
気軽にご相談やご来店をして頂ければと思っております。

お客様担当
河合 秀樹
代表取締役
河合 秀宜

豊橋市より表彰を受けました!平成28年度 豊橋市優良工事施工業者表彰式

豊橋市優良工事施工業者表彰式

平成28年6月20日、 豊橋市役所13階講堂にて「平成28年度優良工事施工業者表彰式」が行われました。施工業者の意欲の向上と人材の育成を図る目的で、豊橋市が発注した工事を優秀な成績で完成させた施工業者が表彰されるものです。

弊社は塗装部門にて、豊橋市内の横断歩道橋修繕工事、橋梁保全工事の実績が評価され、24業者(172社中)の中に選ばれ、佐原市長より表彰を受けました。

従業員一同、一生懸命頑張ってきた仕事が認められ、とても嬉しく思います。今後の仕事の励みにもなり、より一層いい仕事ができるように頑張りたいと思います。

河合塗装工業が豊橋市・豊川市で選ばれる理由

よく見られてます!豊橋・豊川で実績17,100件以上。河合塗装工業の施工事例集

INFORMATION

河合塗装工業の最新情報や活動記録を日々更新しています!

  • 最新情報
  • 活動ブログ
  • 施工事例

塗装専門店だからできるダントツの施工実績!!

塗装工事・防水工事が専門のスタッフをご紹介!!

河合塗装工業のお客様の声

河合塗装工業のお客様の声一覧はこちら

河合塗装工業の活動ブログ

『ジョリパットとは?②』外壁塗装・屋根塗装 豊橋市

みなさんこんにちは。外壁塗装・屋根塗装・防水工事専門店の河合塗装工業です。     豊橋市で、地域密着で外壁塗装や屋根塗装、防水工事、雨漏り補修を中心に手掛けております。河合塗装工業では、外壁塗装、屋根塗装、防水工事、雨漏り補修を気軽に相談できる会社目指し豊橋市を中心にサービスを展開しております。           ジョリパット外壁の色褪せに注意!!   「耐候性」とは紫外線や雨水、温度変化といった屋外で生じるダメージに耐える力のことです。ジョリパットはこの対候性が高い塗材として知られていますが、当然、永遠にダメージに耐え続けるわけではなく、施工から年月が経つとともに、徐々に効果は薄れてしまいます。ジョリパットの対候性が低下すると紫外線のダメージに耐えられなくなり、色褪せするようになります。これはジョリパットに含まれている顔料が紫外線で劣化するため起きる現象です。     「最近、外壁の色が新築の色よりも色褪せてきた」と感じるようであればジョリパットの耐久性が落ち始めていると考えておいたほうがよいかもしれません。       ジョリパット外壁にはいくつかのメリットがあります!   パネル材やほかの塗り壁材と比較しても優れている部分もありますので、新しくジョリパットへの塗り替えを検討しているかたはもちろん、既存の外壁材にジョリパットが使われている人も再びジョリパットで塗り替えるメリットは大いにあります。ただし、どのような外壁材にもメリットだけでなくデメリットも存在しますのでできる限り他の外壁材の特徴と照らし合せて判断することをおすすめします。                           ご不明な点はお気軽にご相談ください!!                                              河合塗装工業 ショールーム豊橋市西岩田五丁目9-14 1F                                       弊社では『外壁屋根診断』『雨漏り診断』を無料でさせて頂いております。お気軽にお問い合わせくださいませ。外壁・屋根塗装のベストシーズンがやってきました!!この時期は混み合うため、お早目のお問合せお待ちしております。豊橋市・豊川市で外壁塗装・屋根塗装・防水工事・雨漏り補修の事でお悩みなら、国家資格の1級塗装技能士がいる河合塗装工業までご相談下さい!   (2019.09.13 更新)

詳しくはこちら

『ジョリパットとは?①』外壁塗装・屋根塗装 豊橋市

みなさんこんにちは。外壁塗装・屋根塗装・防水工事専門店の河合塗装工業です。     豊橋市で、地域密着で外壁塗装や屋根塗装、防水工事、雨漏り補修を中心に手掛けております。河合塗装工業では、外壁塗装、屋根塗装、防水工事、雨漏り補修を気軽に相談できる会社目指し豊橋市を中心にサービスを展開しております。   「ジョリパット」とは外壁塗装の仕上げに用いる材料の名前です。国内ではアイカ工業が販売している商品が有名です。外壁の仕上げ材だけでなく内装にも使えることから様々な建物で使われています。       1.ジョリパットは塗り壁材の一種   粘性のジョリパットはモルタル下地の上に直接塗って使用します。そのため完成後の仕上がりは現場ごとに自由な模様にすることができます。サイディングボードやガルバリウム鋼板など、商品出荷時にデザインがすでに決まっている既製品の外壁材とは違って現場ごとに自由に仕上げ方を選べる点がジョリパットなどの塗り壁材のメリットです。         2.最近ジョリパット外壁の塗り替えが行われ始めています     ジョリパット自体が発売されたのは1970年代ことですが新築住宅で普及しはじめたのは約15年前です。つまりジョリパットで施工された家がそろそろメンテナンスの時期を迎えていますので新築から約10~15年目を迎えるかたは自宅がジョリパットで施工されていないか一度確認しておく必要があります。     外壁材の種類がわからないという場合は定期点検も兼ねて塗装業者などに無料の外壁診断を依頼するとよいでしょう。            ご不明な点はお気軽にご相談ください!!                                              河合塗装工業 ショールーム豊橋市西岩田五丁目9-14 1F                                       弊社では『外壁屋根診断』『雨漏り診断』を無料でさせて頂いております。お気軽にお問い合わせくださいませ。外壁・屋根塗装のベストシーズンがやってきました!!この時期は混み合うため、お早目のお問合せお待ちしております。豊橋市・豊川市で外壁塗装・屋根塗装・防水工事・雨漏り補修の事でお悩みなら、国家資格の1級塗装技能士がいる河合塗装工業までご相談下さい!   (2019.09.13 更新)

詳しくはこちら

『ALCパネルの塗装』外壁・屋根塗装 豊川市 

みなさんこんにちは。外壁塗装・屋根塗装・防水工事専門店の河合塗装工業です。     豊橋市で、地域密着で外壁塗装や屋根塗装、防水工事、雨漏り補修を中心に手掛けております。河合塗装工業では、外壁塗装、屋根塗装、防水工事、雨漏り補修を気軽に相談できる会社目指し豊橋市を中心にサービスを展開しております。   ALCパネルとは日本語で「高温高圧蒸気養生された軽量気泡コンクリート」と呼ばれる材料です。略して軽量気泡コンクリートとも呼ばれます。                          ALCパネルは3階建以上の建物やマンションなどでよく使われていますが、最近は2階建ての戸建住宅でも使われるようになっています。表面に塗料が塗られておりサイディングと同様に定期的な塗替えが必要になるためALCパネルの塗装を行なうことも多くなっています。ALC専用の塗料はありませんのでサイディングやモルタルと同様の塗料を使います。     ALCパネルの劣化症状はサイディングと同じものが多いです。チョーキング現象が発生した時点で塗替えを行うのが理想的です。塗膜の浮きや剥がれが出てからでは少し遅いです。           目地部分にはシーリング材が充填されていますのでシーリングの劣化から雨水が侵入しパネルや建物が腐食する可能性もあります。           ただ、ALC外壁の場合、建築用仕上げ材で塗装されていることが多く、シーリングにも塗膜が出来ますので10年以上経っても劣化していないことも多いです。                ご不明な点はお気軽にご相談ください!!                       河合塗装工業 ショールーム豊橋市西岩田五丁目9-14 1F                                       弊社では『外壁屋根診断』『雨漏り診断』を無料でさせて頂いております。お気軽にお問い合わせくださいませ。豊橋市・豊川市で外壁塗装・屋根塗装・防水工事・雨漏り補修の事でお悩みなら、国家資格の1級塗装技能士がいる河合塗装工業までご相談下さい!   (2019.09.12 更新)

詳しくはこちら

『スレート屋根』外壁・屋根塗装 豊橋市 

みなさんこんにちは。外壁塗装・屋根塗装・防水工事専門店の河合塗装工業です。         豊橋市で、地域密着で外壁塗装や屋根塗装、防水工事、雨漏り補修を中心に手掛けております。河合塗装工業では、外壁塗装、屋根塗装、防水工事、雨漏り補修を気軽に相談できる会社目指し豊橋市を中心にサービスを展開しております。         スレート屋根とはカラー展開豊富!軽くて人気の屋根材ですスレートは厚さ約2~5㎜程度の屋根材です。カラー展開が多いため設計がしやすく、重量も軽いなどの理由で一気に普及したと言われています。よく「カラーベスト」「コロニアル」と言われることがありますが、これはもともとスレート材の商品名でシェアや人気度の高さから代名詞として使われているものです。                 2004年以前に作られたスレート屋根は強度を出すためにアスベストをセメントで固めて作られたものが大半を占めています。しかしアスベストによる健康被害が注目され始め、これにより1993年には含有量を5%以下にすることが定められ、2004年にはアスベストの使用が全面的に禁止になりました。現在(2004年以降)作られているスレート屋根にはアスベストは含まれていません。安心ではありますが、その分強度や寿命は下がっています。       スレート屋根のメリット①経済的である天然スレートなど一部高価なスレートもありますがほとんどのスレート材が比較的安価です。②軽くて、強い(アスベスト含の場合)スレート材は非常に軽いのが特徴でありながらアスベストを含んでいる場合は素材そのものの強度が強いものが多いです。③耐火性・耐熱性に優れている燃えにくく、熱伝導率が低い素材を使用しています。④施工がしやすい施工がしやすいため、複雑な家の屋根にも適しています。⑤色が豊富カラーバリエーションが豊かなので、好みの屋根色を実現できます。     スレート屋根のデメリット①細かなメンテナンスが必要表面劣化が起こりやすく、こまめなメンテナンスが必要です。②トータルコストに不安メンテナンスを繰り返すうちにコストがかさむこともあります。③アスベスト問題アスベストを含んでいる場合、葺き替え時などに処分費用がかかります。反対にアスベストを含まない場合は、メンテナンスのスパンが短くなるというデメリットがあります。④デザイン性に乏しい板状の屋根材ですのですっきりとしたデザインは得意ですがその他のデザイン性には乏しいと言われます。スレート屋根は定期的なメンテナンスが必要です。放っておくと屋根材の下地が傷み雨漏りなどを引き起こします。築10年を過ぎたら早めの塗替えをオススメします。                         外壁・屋根塗装・防水工事・雨漏り等、気になることがございましたらお気軽にご相談くださいませ。お待ちしております。豊橋市・豊川市で外壁塗装・屋根塗装・防水工事・雨漏り補修の事でお悩みなら、国家資格の1級塗装技能士がいる河合塗装工業までご相談下さい!   (2019.09.11 更新)

詳しくはこちら

河合塗装工業の活動ブログ一覧はこちら

地域最長 最大10年保証!資格を持ったプロが診断、ベストプランをご提案します!

こんなお家の状況はありませんか?住まいの劣化度チェック!

こんな症状でお悩みの方は、河合塗装工業にお気軽にご相談ください!

  • 色あせ

    経年により外壁塗装・屋根塗装に含まれる樹脂が劣化し塗装の色が変わったり、ツヤが落ちてきます。
    塗り替え時期の初期症状です。

  • チョーキング

    ★★

    外壁塗装・屋根塗装の塗膜が劣化すると白い粉が手につきます。防水性が悪くなっているので塗り替えを考え始めた方が良いです。

  • 外壁・屋根のコケ・藻

    ★★

    コケや藻は外壁塗装・屋根塗装の塗膜の劣化により防水性が低下している箇所に発生しやすい状態です。

  • コーキング

    ★★★

    紫外線劣化によりコーキングに含まれる可塑剤が抜けるため、ひび割れや痩せ現象が発生します。そこから水が入り込み雨漏りの原因となりますので早めに対処しましょう。

  • さび(トタン屋根)

    ★★★

    サビは放置すると他の箇所に広がり、表面だけでなく内部も腐食しますので早めに対処しましょう。

  • 外壁のひび割れ

    ★★★

    外壁塗装のひび割れは軽視しがちですが、広がったり深く割れてしまうと雨水が浸入し雨漏りの原因となるので早めに対処しましょう。

早期発見で
お家
長持ち
劣化度チェック指標