現場日誌・現場ブログ塗装に関するマメ知識やイベントなど最新情報をお届けします!

HOME > 現場日誌・現場ブログ > 新着情報

新着情報の記事一覧

豊橋市 屋根塗装 スレート カラーベスト 塗り替え

屋根材の種類 — スレート ―(豊橋市 豊川市 田原市 蒲郡市 屋根・外壁 塗装専門 河合塗装工業)

みなさんこんにちは。外壁塗装・屋根塗装・防水工事専門店の河合塗装工業です。       スレート屋根とは 日本家屋では昔から『瓦』の屋根が大半でした。しかし近年、耐震を考慮し、軽い材質の屋根の開発が進み、最近ではスレート屋根や金属屋根を使用して家を建てられる方が増えました。   『スレート』はセメントを固めて加工した建築材です。スレート屋根は厚さ約5㎜程度の薄い板状に加工したものです。 スレートには数種類ありますが、屋根材として一般的に使用されているのは『化粧スレート』というものです。カラーバリエーションがあり、重さも軽いなどの理由で一気に定番化したと言われています。「カラーベスト」「コロニアル」と言われることがありますが、もとはスレート材の商品名です。     アスベストについて 昔のスレート屋根はアスベストを使用して作られていました。2004年以前に作られたスレート屋根は、強度を出す目的でアスベストをセメントで固めて作られていました。しかしアスベストによる健康被害が注目され始めました。これにより1993年には含有量を5%以下にすることが定められ、2004年にはアスベストの使用が全面的に禁止になりました。   現在(2004年以降)作られているスレート屋根にはアスベストは含まれていません。安心ではありますが、その分強度や寿命は落ちてしまいます。     スレート屋根のメリット 安価である 一部高価なスレート(天然スレートなど)もありますがほとんどのスレート材が比較的安価です。   施工がしやすい スレートに対応できる業者が多く、メンテナンスの際の業者探しが安易です。   色が豊富 カラーバリエーションが豊富です。好みの屋根色を選ぶことができます。   軽くて、強い(アスベスト含の場合) スレート材は非常に軽いのが特徴です。アスベストを含んでいるものは素材の強度が強いものが多いです。     スレート屋根のデメリット 細かなメンテナンスが必要 表面の劣化が起こりやすく、こまめなメンテナンスが必要です。 メンテナンスをしないでいると・・・  ・屋根塗装の防水効果が薄れ、反りやひび割れなどがおこる  ・カビや苔が発生してきたり、雨水が屋内へ入ってきてしまう などリスクが大きくなります。   トータルコストに不安 メンテナンスを繰り返すうちにコストがかさむこともあります。   デザイン性に乏しい 板状の屋根材ですのでスッキリとしたデザインですが、その他の形には乏しいと言われます。   アスベストを含んでいるスレート 2004年以前のアスベストを含んでいるスレートの場合、葺き替えた場合に処分費がかかります。       スレート屋根は定期的なメンテナンスが必要です。放っておくと建物内外にダメージを受け、大変なことになります。   塗装の耐候年数に合わせ、気になり始めたら、早めの塗替えをオススメします。   『お家の屋根を点検』         河合塗装工業では、東三河(豊橋市、豊川市、田原市)を中心に、外壁塗装や屋根塗装、防水工事などを手掛けております。みなさまに気軽に相談できる会社を目指しサービスを展開しておりますので今後ともよろしくお願い致します。   ご相談・現地調査・お見積り提出まで無料です。 不明な点はお気軽にお問い合わせくださいませ。 豊橋市・豊川市からの案件増加に伴い、田原市・蒲郡市等東三河エリアでのお問い合わせが急増しています。 豊橋市・豊川市同様に、地域密着スピード対応でご案内いたしますので、お気軽にお問い合わせください。               河合塗装工業 ショールーム豊橋市西岩田五丁目9-14 1F 河合塗装工業ショールームのご案内 ショールームには皆様が実際に見て触れて頂けるものをご用意しております。 ご相談・お問い合わせはお気軽に!! 御見積り依頼、各種診断、不明な点等、お気軽にどうぞ。 お待ちしております。河合塗装工業の施工事例集 「外壁塗装・屋根塗装を考えているけどイメージがわかない・・・」 そんな方は河合塗装工業が施工させて頂いたお宅をご覧ください! 「屋根・外壁診断」は河合塗装工業におまかせください! まずはお家の劣化状況をしっかりと把握しましょう。 河合塗装工業ではご相談・現地調査・お見積り提出まで無料でさせて頂きます! 河合塗装工業の雨漏り診断                                     雨漏りのプロが原因を特定します。 お家の状況に合わせた納得のご提案をさせて頂きます。 弊社の新型コロナウィルスの対応について 感染拡大予防を徹底し通常営業を行っております!! (2022.06.30 更新) 詳しく見る
新着情報スタッフブログ豆知識

ウレタン防水施工!(豊橋市 豊川市 田原市 蒲郡市 屋根・外壁 塗装専門 河合塗装工業)

みなさんこんにちは。外壁塗装・屋根塗装・防水工事専門店の河合塗装工業です。   ウレタン防水施工!   こんにちは。河合塗装工業営業の伴です。   以前、雨漏りのご相談を頂き、拝見させていただいたお家がありました。 雨漏りの位置からして、ベランダから水が染み込んでいる可能性が高かったため、ベランダを拝見させていただきました。   一般的に戸建ての住宅のベランダの多くはFRP防水が施工されていることが多いのですが、このお宅はシート防水でした。   シート防水とは、その名の通り防水シートが床に貼り付けてあり、水が入らないようにする防水方法です。 最初はしっかり密着しているため、弛んだりすることはないのですが、年数が経つと接着剤が劣化し、下地と剥がれてしまったり合わせてある部分の接着が弱まり、隙間が生じることで水が入ってしまうことがあります。 拝見させて頂いたところ、防水シートに穴があいてしまっていました。ベランダの角の部分の浮きも目立ち始めていました。 浮いているところは、こういった穴も開きやすくなってしまうため、注意が必要です。 シートに穴が開いてしまうと、シートを取り替えるか別の防水を施工する形になります。 今回は、特殊な構造だったため、 既存のシート防水の上からウレタン防水を施工することになりました。 ウレタン防水とは、学校の屋上等に施工されている防水方法で、弾力があるため動きに強く、どんな形の場所でも施工しやすいという特徴があります。   下地にはすでに水が入って染み込んでしまっています。この上から防水の施工をすると、中の水分が温められて水蒸気になった時に、膨れが発生する恐れがあるため、 中の水分を外に逃がせるように脱気筒を設置することにしました。 脱気筒の設置は、設置するものによって様々ですが、50㎡に1個程度が目安です。 お家のベランダだと、大体10㎡前後の大きさの場合が多いので、脱気筒は設置しない場合のほうが多いです。 脱気筒を設置すると、足元に障害物ができてしまうため、よく通る部分に設置してしまうと邪魔に感じられてしまうこともあるので、設置するかどうかは膨れを起こすリスクと天秤にかけてお客様とよく相談して判断しました。 下地に水が染み込まないように、絶縁シートを設置します。 シートがしっかり密着するように、プライマーを塗布してからシートを設置しました。 脱気筒を設置します。   脱気筒がしっかり固定されていないと、ウレタン防水ごと剥がれてしまうので、しっかりと固定します。周りも隙間ができないよう、絶縁テープで補強します。   この上から、ウレタン防水の層を造ります。 ドロドロとした液状の材料です。 2回に分けて塗布します。 トップコートを塗って完成です。 施工後、雨漏りも止まったそうです。雨漏りを放っておくと、家の躯体の強度にも影響してきてしまうため、今回きちんと対処できてなによりでした!                       河合塗装工業では、東三河(豊橋市、豊川市、田原市)を中心に、外壁塗装や屋根塗装、防水工事などを手掛けております。みなさまに気軽に相談できる会社を目指しサービスを展開しておりますので今後ともよろしくお願い致します。   ご相談・現地調査・お見積り提出まで無料です。 不明な点はお気軽にお問い合わせくださいませ。 豊橋市・豊川市からの案件増加に伴い、田原市・蒲郡市等東三河エリアでのお問い合わせが急増しています。 豊橋市・豊川市同様に、地域密着スピード対応でご案内いたしますので、お気軽にお問い合わせください。               河合塗装工業 ショールーム豊橋市西岩田五丁目9-14 1F 河合塗装工業ショールームのご案内 ショールームには皆様が実際に見て触れて頂けるものをご用意しております。 ご相談・お問い合わせはお気軽に!! 御見積り依頼、各種診断、不明な点等、お気軽にどうぞ。 お待ちしております。河合塗装工業の施工事例集 「外壁塗装・屋根塗装を考えているけどイメージがわかない・・・」 そんな方は河合塗装工業が施工させて頂いたお宅をご覧ください! 「屋根・外壁診断」は河合塗装工業におまかせください! まずはお家の劣化状況をしっかりと把握しましょう。 河合塗装工業ではご相談・現地調査・お見積り提出まで無料でさせて頂きます! 河合塗装工業の雨漏り診断                                     雨漏りのプロが原因を特定します。 お家の状況に合わせた納得のご提案をさせて頂きます。 弊社の新型コロナウィルスの対応について 感染拡大予防を徹底し通常営業を行っております!! (2022.06.29 更新) 詳しく見る
新着情報スタッフブログ豆知識

FRP防水(豊橋市 豊川市 田原市 蒲郡市 屋根・外壁 塗装専門 河合塗装工業)

みなさんこんにちは。外壁塗装・屋根塗装・防水工事専門店の河合塗装工業です。   FRP防水   こんにちは。河合塗装工業営業の伴です。 最近、ベランダに関するご相談が増えてきているように感じます。 ベランダに防水施工されているお宅を拝見すると、最近はほぼFRP防水のことが多いです。 FRPは、ガラス繊維を混ぜたプラスチックのような素材です。 軽くて強度のある素材で、ヘルメット等でも使われています。 塗装工事の際には、FRPの上に保護のためのトップコートを塗ることが多いです。 誤解を受けやすいのは、トップコート自体には防水性があるわけではなく、あくまでFRPを保護する役割だということです。 トップコートの表面に、ヒビが入ったように線が見えてくることがあります。 雨漏りが心配だとご相談いただくこともありますが、これはすぐ雨漏りするというリスクの低い症状です。 これは、ヒビではなくFPRの中の繊維の凹凸が浮き出ている状態です。 トップコートの劣化は考えられますが、中の層には問題ないと考えられます。 FRPは狭い範囲に施工しやすいため、一般的な住宅によく用いられる施工ですが、硬いため揺れや歪などの動きに弱いため、広い範囲に施工すればするほど割れなどの破損のリスクが高まります。 学校やマンション等の屋上など、広い範囲の施工にFRPが用いられないのはこのためです。 ベランダでも、硬いものを落としたり、比較的広い場合は割れが発生しやすくなります。   FRPの層に破損が生じた場合は、水が染み込んでしまい雨漏りの原因になることがあります。 時々あるのが、FRP層の間に空気が入ってしまい、ポコッと膨れてしまっていることがあります。 お洗濯物を干すときなどによく通るところの場合、浮いている部分を踏んでしまうと割れてしまいやすく、破損の原因となるので、膨れがある場合は膨れている部分を切り取るかビス等で抑えた上から更にFRPの層を施工する必要があります。   トップコートは紫外線に弱いFRP層を守るためには必要不可欠です。 特にFRPの主成分はプラスチックなので、 トップコートがないとすぐに劣化してしまいます。   ベランダは足場がなくても施工できる場所なので、特に陽当りがよく傷みやすい面にある場合は、塗装のスパンより早めにこまめに塗り替えをすると長持ちしやすくなります。 トップコート用の塗料にも種類があります。 ポリエステル系とアクリルウレタン系というのがFRPのトップコートで用いられる材料ですが、塗り替えのときは殆どの場合アクリルウレタン系を使用します。 下地への追従をしやすいため、割れにくい特性があるためです。 DIYでも安全に施工しやすい部分ではあるため、ベランダの床がきになる場合はやってみてはいかがでしょうか? うまく塗るコツは、一度に厚く塗りすぎないことです。 ぜひ、挑戦してみてください☆                       河合塗装工業では、東三河(豊橋市、豊川市、田原市)を中心に、外壁塗装や屋根塗装、防水工事などを手掛けております。みなさまに気軽に相談できる会社を目指しサービスを展開しておりますので今後ともよろしくお願い致します。   ご相談・現地調査・お見積り提出まで無料です。 不明な点はお気軽にお問い合わせくださいませ。 豊橋市・豊川市からの案件増加に伴い、田原市・蒲郡市等東三河エリアでのお問い合わせが急増しています。 豊橋市・豊川市同様に、地域密着スピード対応でご案内いたしますので、お気軽にお問い合わせください。               河合塗装工業 ショールーム豊橋市西岩田五丁目9-14 1F 河合塗装工業ショールームのご案内 ショールームには皆様が実際に見て触れて頂けるものをご用意しております。 ご相談・お問い合わせはお気軽に!! 御見積り依頼、各種診断、不明な点等、お気軽にどうぞ。 お待ちしております。河合塗装工業の施工事例集 「外壁塗装・屋根塗装を考えているけどイメージがわかない・・・」 そんな方は河合塗装工業が施工させて頂いたお宅をご覧ください! 「屋根・外壁診断」は河合塗装工業におまかせください! まずはお家の劣化状況をしっかりと把握しましょう。 河合塗装工業ではご相談・現地調査・お見積り提出まで無料でさせて頂きます! 河合塗装工業の雨漏り診断                                     雨漏りのプロが原因を特定します。 お家の状況に合わせた納得のご提案をさせて頂きます。 弊社の新型コロナウィルスの対応について 感染拡大予防を徹底し通常営業を行っております!! (2022.06.28 更新) 詳しく見る
新着情報スタッフブログ豆知識
豊橋 外壁塗装

家の周りの植物(豊橋市 豊川市 田原市 蒲郡市 屋根・外壁 塗装専門 河合塗装工業)

みなさんこんにちは。外壁塗装・屋根塗装・防水工事専門店の河合塗装工業です。   家の周りの植物   こんにちは。河合塗装工業営業の伴です。 暑い日が多くなって、夏を感じる今日この頃です。 とは言え天気はまだカラッとした夏とはならない日が多く、施工現場ではなかなか工事が進まず、やきもきしています。 今施工中のお客様並びに近隣の皆様にはご迷惑をおかけしており、申し訳ございません。   弊社ショールームでは週替りで掃除当番をローテーションしているのですが、今週は駐車場と外の掃除になりました。 掃除は朝行うので暑さはそこまででもないのですが、雑草が生えるのが早い早い。 毎朝小さなスコップで雑草と格闘しております。 自宅の周りの植栽もよく伸びるので、数ヶ月前に剪定したところですがまた涼しいときにでも早いうちに切らないとなぁなんて思っています。 外壁塗装を予定しているお客様のお宅も、植栽やプランターの植物は、塗装の足場架設時には壁に接しているものや、近くて破損のおそれがある時にはなるべくどかして頂いたり、剪定していただく(もしくはさせて頂く)ようにしています。 塗る部分にかかるときは仕上がりに影響したり、プランターや植木鉢は破損の原因になってしまうためです。 冬場に比べると、夏はこういった作業もより大変になります。 お客様によっては、家の周りの植物が多いので冬の植物の勢いが衰える時季に塗装工事をしたいという方もいらっしゃいました。 夏になると、ヘチマや朝顔などの蔦が伸びる植物でグリーンカーテンを作る方も見えますが、近々塗装工事を予定している場合は避けた方が良いかもしれませんね。                       河合塗装工業では、東三河(豊橋市、豊川市、田原市)を中心に、外壁塗装や屋根塗装、防水工事などを手掛けております。みなさまに気軽に相談できる会社を目指しサービスを展開しておりますので今後ともよろしくお願い致します。   ご相談・現地調査・お見積り提出まで無料です。 不明な点はお気軽にお問い合わせくださいませ。 豊橋市・豊川市からの案件増加に伴い、田原市・蒲郡市等東三河エリアでのお問い合わせが急増しています。 豊橋市・豊川市同様に、地域密着スピード対応でご案内いたしますので、お気軽にお問い合わせください。               河合塗装工業 ショールーム豊橋市西岩田五丁目9-14 1F 河合塗装工業ショールームのご案内 ショールームには皆様が実際に見て触れて頂けるものをご用意しております。 ご相談・お問い合わせはお気軽に!! 御見積り依頼、各種診断、不明な点等、お気軽にどうぞ。 お待ちしております。河合塗装工業の施工事例集 「外壁塗装・屋根塗装を考えているけどイメージがわかない・・・」 そんな方は河合塗装工業が施工させて頂いたお宅をご覧ください! 「屋根・外壁診断」は河合塗装工業におまかせください! まずはお家の劣化状況をしっかりと把握しましょう。 河合塗装工業ではご相談・現地調査・お見積り提出まで無料でさせて頂きます! 河合塗装工業の雨漏り診断                                     雨漏りのプロが原因を特定します。 お家の状況に合わせた納得のご提案をさせて頂きます。 弊社の新型コロナウィルスの対応について 感染拡大予防を徹底し通常営業を行っております!! (2022.06.27 更新) 詳しく見る
新着情報スタッフブログ豆知識
豊橋 屋根塗装 スレート 瓦 金属 ガルバ 

屋根材の種類 (豊橋市 豊川市 田原市 蒲郡市 屋根・外壁 塗装専門 河合塗装工業)

みなさんこんにちは。外壁塗装・屋根塗装・防水工事専門店の河合塗装工業です。       みなさんはご自宅の屋根の種類をご存知でしょうか。屋根材は種類によって塗装の必要性や時期などが異なります。   屋根材の種類を少し紹介します。     粘土瓦(陶器瓦)     塗装が不要   日本で古くから使われている粘土瓦は成型した粘土を焼いて作られたものです。耐久性が非常に高く塗装などのメンテナンスは不要とされています。一方で、地震などで瓦が割れたりずれたりすることがあるので定期的な点検・補修は欠かせません。瓦は1枚から交換できます。     セメント瓦     塗装でひび割れを防止   セメント瓦はセメントと砂を混ぜて形成したもので厚型スレートやコンクリート瓦とも呼ばれます。表面の塗装が落ちるとセメントが風化し、ひび割れなどが起きやすくなります。耐久性を保つためには15年ほどを目安に塗装を行なうとよいでしょう。葺き替えは30~40年で行うのが一般的です。     スレート      塗装で防水性UP   スレートは軽くて安価なため新築でも最も用いられる屋根材です。表面の塗装が落ちると防水機能が下がるので10年を目安に塗装を検討しましょう。葺き替えまたは重ね葺きの目安は25~30年です。     金属屋根      軽くて耐久性が高い   ガルバリウム鋼板でできた金属屋根は耐久性が高いのが特徴です。軽量の為、重ね葺きでもよく用いられます。塗装は20年ほどで行うのが一般的です。     ご自宅の屋根材が何かを確認した上で、外壁塗装のタイミングや塗料を検討するとよいですね。 こちら ↓ もご覧ください。  『塗装できない屋根材パミールに要注意』             河合塗装工業では、東三河(豊橋市、豊川市、田原市)を中心に、外壁塗装や屋根塗装、防水工事などを手掛けております。みなさまに気軽に相談できる会社を目指しサービスを展開しておりますので今後ともよろしくお願い致します。   ご相談・現地調査・お見積り提出まで無料です。 不明な点はお気軽にお問い合わせくださいませ。 豊橋市・豊川市からの案件増加に伴い、田原市・蒲郡市等東三河エリアでのお問い合わせが急増しています。 豊橋市・豊川市同様に、地域密着スピード対応でご案内いたしますので、お気軽にお問い合わせください。               河合塗装工業 ショールーム豊橋市西岩田五丁目9-14 1F 河合塗装工業ショールームのご案内 ショールームには皆様が実際に見て触れて頂けるものをご用意しております。 ご相談・お問い合わせはお気軽に!! 御見積り依頼、各種診断、不明な点等、お気軽にどうぞ。 お待ちしております。河合塗装工業の施工事例集 「外壁塗装・屋根塗装を考えているけどイメージがわかない・・・」 そんな方は河合塗装工業が施工させて頂いたお宅をご覧ください! 「屋根・外壁診断」は河合塗装工業におまかせください! まずはお家の劣化状況をしっかりと把握しましょう。 河合塗装工業ではご相談・現地調査・お見積り提出まで無料でさせて頂きます! 河合塗装工業の雨漏り診断                                     雨漏りのプロが原因を特定します。 お家の状況に合わせた納得のご提案をさせて頂きます。 弊社の新型コロナウィルスの対応について 感染拡大予防を徹底し通常営業を行っております!! (2022.06.25 更新) 詳しく見る
新着情報スタッフブログ豆知識

現場調査してお見積り!(豊橋市 豊川市 田原市 蒲郡市 屋根・外壁 塗装専門 河合塗装工業)

みなさんこんにちは。外壁塗装・屋根塗装・防水工事専門店の河合塗装工業です。   現場調査してお見積り!   こんにちは。河合塗装工業営業の伴です。   先日は、外壁塗装のお見積りを頂いた方のお宅に伺って現地調査をしてきました。 塗装のお見積りを作るときは、そのお見積り書をもとに材料の発注や工程の管理を行うため、なるべく正確に出す必要があります。 現地調査をきちんと行わないと、下地に合った材料の選定ができなかったり、 必要な下地処理が行なえなかったりと塗装の品質にも影響がでるので、とても大切な作業になります。 現地調査では、建物の材質や塗る面積・塗装の範囲・下地の補修の有無、シーリングの施工の範囲、足場が立つかどうかなど、実際に見ることできちんと確認をします。 ここでミスをしてしまうと、あとあと現場の職人が困ってしまうので、責任重大です。 今日伺ったお宅は、お住まいのご主人がご自分で建て増ししたりしていて、図面もなかったため、 一から建物のスケッチを行い、長さや高さなどを測り、材質の確認を確認して塗る範囲を現地で確認してわかりやすいお見積もり書を作るために写真をたくさん撮ります。 そして、それをもとに面積などを計算して、わかりやすいように写真を添付した説明付きのお見積書やご提案書を作成します。 きちんと、どんな塗料でどんな工程で施工するかを明示することで、お客様にご安心いただけるよう努めております。 お見積りは、ただ金額が書かれただけのものでは意味がありませんので、お客様のお家に合った、しっかりと長持ちする施工をご提案できるようにしております。 塗装は、ただ見た目をキレイにするためだけのものではありませんので、『一式』表示できちんと調査をしない塗装業者には注意が必要です。 材料がきちんと材質に合ったものか?適量で使われているのか?(薄めすぎていたり塗る回数をごまかされていないか)どこの箇所まで塗るのかが明確にされているのか など、注意が必要です!現地調査をきちんとしているかどうかが、いい業者と悪い業者を見極めるために重要なポイントになります。 調査のときに、業者がどんなところを見ているのか、細かいところまで見てくれているかをチェックしてみるといいかもしれません!                       河合塗装工業では、東三河(豊橋市、豊川市、田原市)を中心に、外壁塗装や屋根塗装、防水工事などを手掛けております。みなさまに気軽に相談できる会社を目指しサービスを展開しておりますので今後ともよろしくお願い致します。   ご相談・現地調査・お見積り提出まで無料です。 不明な点はお気軽にお問い合わせくださいませ。 豊橋市・豊川市からの案件増加に伴い、田原市・蒲郡市等東三河エリアでのお問い合わせが急増しています。 豊橋市・豊川市同様に、地域密着スピード対応でご案内いたしますので、お気軽にお問い合わせください。               河合塗装工業 ショールーム豊橋市西岩田五丁目9-14 1F 河合塗装工業ショールームのご案内 ショールームには皆様が実際に見て触れて頂けるものをご用意しております。 ご相談・お問い合わせはお気軽に!! 御見積り依頼、各種診断、不明な点等、お気軽にどうぞ。 お待ちしております。河合塗装工業の施工事例集 「外壁塗装・屋根塗装を考えているけどイメージがわかない・・・」 そんな方は河合塗装工業が施工させて頂いたお宅をご覧ください! 「屋根・外壁診断」は河合塗装工業におまかせください! まずはお家の劣化状況をしっかりと把握しましょう。 河合塗装工業ではご相談・現地調査・お見積り提出まで無料でさせて頂きます! 河合塗装工業の雨漏り診断                                     雨漏りのプロが原因を特定します。 お家の状況に合わせた納得のご提案をさせて頂きます。 弊社の新型コロナウィルスの対応について 感染拡大予防を徹底し通常営業を行っております!! (2022.06.24 更新) 詳しく見る
新着情報スタッフブログ豆知識

ガスケットの雨漏り(豊橋市 豊川市 田原市 蒲郡市 屋根・外壁 塗装専門 河合塗装工業)

みなさんこんにちは。外壁塗装・屋根塗装・防水工事専門店の河合塗装工業です。   ガスケットの雨漏り   こんにちは。河合塗装工業営業の伴です。 今年も梅雨の時期がやって参りました。 この時季になると、お問い合わせが増えるのが雨漏りのご相談です。 雨漏りの原因は色々ですが、今回は過去にご相談を頂いた事例をご紹介します。   【ガスケット目地からの雨漏り】   雨漏りの原因となりやすいシーリング材ですが、液状のものが硬化してゴム状になったものとはめ込み式のガスケットというシーリング材があります。 今回の事例は、はめ込み型のガスケットが、劣化により縮んでしまって隙間が発生し、そこから雨漏りが発生してしまっているケースでした。 ご相談いただいたお宅は、まだ前回の塗装から3年ほどしか経過しておらず、前回の塗装時の下地処理が不足していたため、起こったトラブルと言えます。 液状のシーリングの場合、多くの場合塗装のタイミングでシーリングの施工をし直しますが、 ガスケット目地の場合、劣化が見られなければそのまま塗装をしてしまうケースが多いです。   ちなみに、ガスケット目地が傷んでいる場合は、古いものを撤去して新たにガスケット目地をはめ込む方法とガスケットを撤去して、バックアップ材を装着して液状のシーリング材で施工し直す方法があります。   ガスケットは液状のシーリング材とくらべて、破れたりちぎれたりはしにくい素材ですが、劣化すると縮んでしまうことがあります。 隙間が大きくなると、雨が降った時に中に侵入して雨漏りが起こりやすくなってしまいます。 このお宅は、全ての面でガスケットの縮みが見受けられましたが、雨漏りしている箇所は1面だけだったため、今回の施工は応急処置として雨漏りのある面のみ隙間をシーリング材で埋める施工をしました。 3階建のお宅だったため、施工には足場が必要で、足場も1面のみかけての施工となりました。   シーリング材は、上から塗装を行わないため紫外線に強く、次の施工時には上から塗装を行ってもきちんと付着するように変成シリコンシーリングを使用しました。   余談ですが、DIYで雨漏り補修をする際も、変成シリコンシーリングをお勧めします。時々ご自分でシーリングを施工される場合にシリコンシーリングを使用される方が見えますが、塗装時に塗料が乗らなかったり、ブリードといってシーリング材がベタベタになってしまう現象が起こるため、あとあと困りやすいです。   【ガスケット目地のお宅の塗装時における注意事項】 この事例のように、ガスケット目地だからといって塗装時に全くシーリング工事を行わないと、劣化によって雨漏りにつながってしまうケースがあります。 なので、ガスケット目地に傷みはないか、隙間が空いていないかをよく確認し、塗装する前に取り替えや補修等、必要な下処理をする必要があります。 高所作業には足場が必要となるため、何度も手をいれると、余分な費用がかかってしまうことが考えられますので、塗装工事のお見積りを取得される際には、きちんと必要な下処理がされているのかもご確認頂いて、失敗のない塗装工事をしたいですね!                       河合塗装工業では、東三河(豊橋市、豊川市、田原市)を中心に、外壁塗装や屋根塗装、防水工事などを手掛けております。みなさまに気軽に相談できる会社を目指しサービスを展開しておりますので今後ともよろしくお願い致します。   ご相談・現地調査・お見積り提出まで無料です。 不明な点はお気軽にお問い合わせくださいませ。 豊橋市・豊川市からの案件増加に伴い、田原市・蒲郡市等東三河エリアでのお問い合わせが急増しています。 豊橋市・豊川市同様に、地域密着スピード対応でご案内いたしますので、お気軽にお問い合わせください。               河合塗装工業 ショールーム豊橋市西岩田五丁目9-14 1F 河合塗装工業ショールームのご案内 ショールームには皆様が実際に見て触れて頂けるものをご用意しております。 ご相談・お問い合わせはお気軽に!! 御見積り依頼、各種診断、不明な点等、お気軽にどうぞ。 お待ちしております。河合塗装工業の施工事例集 「外壁塗装・屋根塗装を考えているけどイメージがわかない・・・」 そんな方は河合塗装工業が施工させて頂いたお宅をご覧ください! 「屋根・外壁診断」は河合塗装工業におまかせください! まずはお家の劣化状況をしっかりと把握しましょう。 河合塗装工業ではご相談・現地調査・お見積り提出まで無料でさせて頂きます! 河合塗装工業の雨漏り診断                                     雨漏りのプロが原因を特定します。 お家の状況に合わせた納得のご提案をさせて頂きます。 弊社の新型コロナウィルスの対応について 感染拡大予防を徹底し通常営業を行っております!! (2022.06.23 更新) 詳しく見る
新着情報スタッフブログ豆知識

それぞれのストーリー(豊橋市 豊川市 田原市 蒲郡市 屋根・外壁 塗装専門 河合塗装工業)

みなさんこんにちは。外壁塗装・屋根塗装・防水工事専門店の河合塗装工業です。   それぞれのストーリー   こんにちは。河合塗装工業営業の伴です。 先日、前回塗装してから12年くらいのお宅に点検に行ってきました。   前回は、ご夫婦でお住まいの大きな和風のお屋敷だったのですが、ご主人が亡くなり、洋風の平屋に建て替えられたそうです。   奥様はもう90歳だそうですが、全然見えないくらいお若くて、お元気そうで何よりでした。   もともと、2代前の社長の奥様とお友達だったのが縁で塗装のご依頼を頂いたそうで、年数が経って建物を建て替えた今でも塗装現場や広告を目にしては思い出して下さっていたそうです。   定期点検に伺ったはずが、世間話に花を咲かせてしまう結果になってしまいましたが、 こうやっていろんな方の人生にふれることができるのもスパンの長い塗装業の醍醐味かもしれません。   家はお客様の人生とともにあるものなので、いろんな事情やストーリーがあるなぁと感じます。   また、地元で長くやっている会社だとまだ自分が入社する前の歴史も地域の方から伺えたりするので、しみじみと地域の方に支えられているんだなぁと感じられました。   職人さんたちがしっかりと施工してくれるからこそ地元で長くやってこられたんだと思うと、本当にありがたいなぁと感じます。   これからも、お客様のために見えない部分もしっかりと施工することで信頼を積み上げて行きたいと改めて感じる一日となりました。   今日もまたたくさんのお客様やストーリーに出会えるのが楽しみです!                       河合塗装工業では、東三河(豊橋市、豊川市、田原市)を中心に、外壁塗装や屋根塗装、防水工事などを手掛けております。みなさまに気軽に相談できる会社を目指しサービスを展開しておりますので今後ともよろしくお願い致します。   ご相談・現地調査・お見積り提出まで無料です。 不明な点はお気軽にお問い合わせくださいませ。 豊橋市・豊川市からの案件増加に伴い、田原市・蒲郡市等東三河エリアでのお問い合わせが急増しています。 豊橋市・豊川市同様に、地域密着スピード対応でご案内いたしますので、お気軽にお問い合わせください。               河合塗装工業 ショールーム豊橋市西岩田五丁目9-14 1F 河合塗装工業ショールームのご案内 ショールームには皆様が実際に見て触れて頂けるものをご用意しております。 ご相談・お問い合わせはお気軽に!! 御見積り依頼、各種診断、不明な点等、お気軽にどうぞ。 お待ちしております。河合塗装工業の施工事例集 「外壁塗装・屋根塗装を考えているけどイメージがわかない・・・」 そんな方は河合塗装工業が施工させて頂いたお宅をご覧ください! 「屋根・外壁診断」は河合塗装工業におまかせください! まずはお家の劣化状況をしっかりと把握しましょう。 河合塗装工業ではご相談・現地調査・お見積り提出まで無料でさせて頂きます! 河合塗装工業の雨漏り診断                                     雨漏りのプロが原因を特定します。 お家の状況に合わせた納得のご提案をさせて頂きます。 弊社の新型コロナウィルスの対応について 感染拡大予防を徹底し通常営業を行っております!! (2022.06.22 更新) 詳しく見る
新着情報スタッフブログ豆知識

アパートの外壁塗装(豊橋市 豊川市 田原市 蒲郡市 屋根・外壁 塗装専門 河合塗装工業)

みなさんこんにちは。外壁塗装・屋根塗装・防水工事専門店の河合塗装工業です。   アパートの外壁塗装   こんにちは。 河合塗装工業営業の伴です。 先日は、施工中のアパートの様子を見に行ってきました。   水洗いが終わり、シーリングの施工も終わり、 現在は塗装前の養生作業中です。 養生作業は、塗装しない部分に塗料が付着しないようにビニールや養生テープで覆う作業です。   この建物は、南面の大部分がタイル張りです。 タイル部分は養生するので、かなり広い範囲を覆っています。 大変な作業ですが、キレイに仕上げるためにはとても重要な工程になります。     さらに上に登ってみます。 屋根の状態です。   まだ塗装前です。 この屋根は屋上等に使われる、シート防水が施工されています。 シート防水は、防水のシートを接着剤で屋上部分に貼り付ける防水方法です。 年数が経つと、どうしても継ぎ目の部分の接着が弱くなり、継ぎ目から水が入ると雨漏りの原因になります。 また、紫外線によくさらされるため、シート自体の劣化も雨漏りの原因になるのですが、今現在雨漏りやシートの破損はありません。 とは言え、次のメンテナンスのタイミングまで維持できるかと言われると難しいのではないかという状態です。 シート防水のメンテナンスは、1⃣シート自体の張替え2⃣シートを剥がして別の防水を施工する などの方法がありますが、どちらも高額になりやすいため、 今回はシートを保護するために上から塗装を行う事になりました。 今回は、断熱塗料のガイナを塗ります。     ゴムシートを熱や紫外線によるダメージから守ることで長持ちさせる作戦です! ガイナは、断熱効果があるのが一番の強みですが、ザラザラしていて汚れが付着しやすく、美観を保ちにくいことがデメリットです。   そのため、外壁に塗るのは一長一短ですので普段はなかなかお勧めしにくいのですが、今回は下から見えにくい部分なのでデメリットが少なく、お勧めさせていただきました。   シート防水の長持ち以外にも、入居者様の快適にもつながるので一石二鳥です。   まだまだ塗装工事は始まったばかりです!事故のないようにしっかり施工していきます!                         河合塗装工業では、東三河(豊橋市、豊川市、田原市)を中心に、外壁塗装や屋根塗装、防水工事などを手掛けております。みなさまに気軽に相談できる会社を目指しサービスを展開しておりますので今後ともよろしくお願い致します。   ご相談・現地調査・お見積り提出まで無料です。 不明な点はお気軽にお問い合わせくださいませ。 豊橋市・豊川市からの案件増加に伴い、田原市・蒲郡市等東三河エリアでのお問い合わせが急増しています。 豊橋市・豊川市同様に、地域密着スピード対応でご案内いたしますので、お気軽にお問い合わせください。               河合塗装工業 ショールーム豊橋市西岩田五丁目9-14 1F 河合塗装工業ショールームのご案内 ショールームには皆様が実際に見て触れて頂けるものをご用意しております。 ご相談・お問い合わせはお気軽に!! 御見積り依頼、各種診断、不明な点等、お気軽にどうぞ。 お待ちしております。河合塗装工業の施工事例集 「外壁塗装・屋根塗装を考えているけどイメージがわかない・・・」 そんな方は河合塗装工業が施工させて頂いたお宅をご覧ください! 「屋根・外壁診断」は河合塗装工業におまかせください! まずはお家の劣化状況をしっかりと把握しましょう。 河合塗装工業ではご相談・現地調査・お見積り提出まで無料でさせて頂きます! 河合塗装工業の雨漏り診断                                     雨漏りのプロが原因を特定します。 お家の状況に合わせた納得のご提案をさせて頂きます。 弊社の新型コロナウィルスの対応について 感染拡大予防を徹底し通常営業を行っております!! (2022.06.21 更新) 詳しく見る
新着情報スタッフブログ豆知識