現場日誌・現場ブログ塗装に関するマメ知識やイベントなど最新情報をお届けします!

HOME > 現場日誌・現場ブログ > 新着情報

新着情報の記事一覧

水洗い時の養生(豊橋市 豊川市 田原市 蒲郡市  屋根 外壁塗装専門 河合塗装工業)

こんにちは。豊橋市の河合塗装工業の岡田です 現場管理を行なっております 先日、水洗い作業の現場に立ち会ってきました。 今回の現場では、両お隣様が近く、更に屋根塗装もあるため、屋根洗浄時に飛散が多いに考えられる現場でした。 屋根洗浄の際はお隣様への飛散に注意して、然るべき養生を行います。 今回はお隣様側の縦地を少し高くしておいて、養生ネットを張りました。 水洗いの様子です   屋根洗浄は特に近隣へ飛沫などが飛散します。お隣様が近いと特に注意しなければなりません。 水洗いが完了して、増張りしたネットを上にたくし上げます このようにしておかないと強風時にネットが風を受けて足場が揺れます 正直このネットは、たった半日の作業だけのためのものですが、このような手間暇を惜しまずに 施工を進めております。 全てはお施主様より、安心して施工を任せて頂くためです。 少しでも気になる方はお気軽にお問い合わせください。 河合塗装工業は、東三河(豊橋市、豊川市、田原市)を中心に施工を行っております。 今後ともよろしくお願い致します。 不明な点はお気軽にお問い合わせくださいませ。          河合塗装工業 ショールーム豊橋市西岩田五丁目9-14 1F河合塗装工業ショールームのご案内 ショールームには皆様が実際に見て触れて頂けるものをご用意しております。 ご相談・お問い合わせはお気軽に!! 御見積り依頼、各種診断、不明な点等、お気軽にどうぞ。 お待ちしております。河合塗装工業の施工事例集 「外壁塗装・屋根塗装を考えているけどイメージがわかない・・・」 そんな方は河合塗装工業が施工させて頂いたお宅をご覧ください! 「屋根・外壁診断」は河合塗装工業におまかせください! まずはお家の劣化状況をしっかりと把握しましょう。 河合塗装工業ではご相談・現地調査・お見積り提出まで無料でさせて頂きます! 河合塗装工業の雨漏り診断                                     雨漏りのプロが原因を特定します。 お家の状況に合わせた納得のご提案をさせて頂きます。 (2021.09.14 更新) 詳しく見る
新着情報スタッフブログ豆知識

シーリングの「先打ち工法」と「後打ち工法」について(豊橋市豊川市田原市蒲郡市 屋根外壁塗装専門 河合塗装工業)

こんにちは。豊橋市の河合塗装工業の岡田です。 現場管理を行っております。 シーリングには先打ちする場合と後打ちする場合があり、それぞれ「先打ち工法」「後打ち工法」と言います。 そもそも先打ち、後打ちとは何か? 先打ち工法 「先打ち」は、塗装の前にシーリング作業を行うことです。なので基本的な工程としては 足場組立→水洗い→シーリング→塗装 という順番です。 先打ちのメリット ・シーリングの上に塗装するので仕上がりが綺麗 ・シーリングが塗膜で保護されるので紫外線等による劣化がしにくい ・作業性が良い 先打ちのデメリット ・シーリング材はゴムのように柔らかいため、無機塗料のような硬い塗料を上から塗ると、揺れなどによる動きに追いていけず、シーリング上でヒビ割れを起こす可能性がある (外壁色に近い近似色のシーリング材を使用する事によってヒビ割れを目立たなくさせる等の対応を行う) 下の写真は先打ちシーリングの塗装後の状況です。 先打ちの施工例としては ウレタンシーリング+シリコン系あるいはフッ素系塗料(クリヤーは別) などの組み合わせになります。 後打ち工法 「後打ち」と言うのは、塗装の後にシーリング作業を行う事です。 足場組立→水洗い→塗装→シーリング と言う順番です。 後打ちにするのは、大前提として、高耐候シーリングの使用が基本です。 変性シリコンあるいは、超耐候性の、オートンイクシードという商品を弊社では使用しています。 後打ちのメリット ・そもそもシーリングの上に塗膜が無いため、建物の揺れ等によるシーリング上での塗膜の割れが無い 後打ちのデメリット ・目地が目立ってしまう シーリングの上に塗料が被っていないので、仕上がり後に目地が目立ってしまう (極力、シーリングの色は外壁色に合わせるが、シーリングの材料によっては色のラインナップが少なく外壁色に合わせられない場合がある) ・シーリングが塗膜で保護されていないため、紫外線等による劣化の進行が早い (高耐候性シーリングを使用する事によって対応) ・旧塗膜を撤去する際に、塗膜が一緒に剥がれてしまう 下の写真は後打ちで施工した様子です。このように塗膜が撤去時に剥がれてしまいます。 (シーリング後に補修塗り等で対応するが、剥がれた箇所は一回塗りのため塗膜が弱くなる上、補修塗りが入るために工程も伸びてしまう) 施工例 無機塗料+オートンイクシード(超高耐候性) クリヤー塗料+変性シリコン 下の写真は後打ちシーリング工事後の写真です。 どうしても、壁の色とシーリング色がマッチしないので、縦目地が目立ってしまいます。 色々書かせてもらいましたが どっちが良いのでしょう? 悩んでしまいますよね。ただどっちにするかは使用する塗料次第でおおよそ決まるかなと思います。 それぞれのメリット、デメリットを書かせてもらいましたが、品質、耐久性、施工性を総合的に評価すると個人的には先打ちが良いかと私は思っています。 シーリングメーカーはシーリング上で塗膜が割れるのを嫌がるので後打ちを推奨していますが、あくまで見た目の問題だけであって建物を保護する機能性が極端に落ちる事はありません。 超高耐候性のオートンイクシードを先打ちする場合は、硬化スピードが非常に緩やかなため、季節によっては乾燥時間を設けさせて頂いております。 (硬化不十分なまま塗装をすると塗膜が割れる可能性があります。シーリング材は硬化中が1番収縮するためです) 基本的には先打ち工法になりますが、塗料の組み合わせによって、先打ちが後打ちかの選択になる場合は、その都度説明をさせて頂き、決めて頂いております。 少しでも気になるようでしたら、お気軽にお問い合わせ下さい。    河合塗装工業は、東三河(豊橋市、豊川市、田原市)を中心に施工を行っております。 今後ともよろしくお願い致します。 不明な点はお気軽にお問い合わせくださいませ。          河合塗装工業 ショールーム豊橋市西岩田五丁目9-14 1F河合塗装工業ショールームのご案内 ショールームには皆様が実際に見て触れて頂けるものをご用意しております。 ご相談・お問い合わせはお気軽に!! 御見積り依頼、各種診断、不明な点等、お気軽にどうぞ。 お待ちしております。河合塗装工業の施工事例集 「外壁塗装・屋根塗装を考えているけどイメージがわかない・・・」 そんな方は河合塗装工業が施工させて頂いたお宅をご覧ください! 「屋根・外壁診断」は河合塗装工業におまかせください! まずはお家の劣化状況をしっかりと把握しましょう。 河合塗装工業ではご相談・現地調査・お見積り提出まで無料でさせて頂きます! 河合塗装工業の雨漏り診断                                     雨漏りのプロが原因を特定します。 お家の状況に合わせた納得のご提案をさせて頂きます。 (2021.09.13 更新) 詳しく見る
新着情報豆知識
豊橋 ベランダ防水

雨に打たれたウレタンの補修(豊橋市 豊川市 田原市 蒲郡市 屋根外壁塗装専門 河合塗装工業)

こんにちは。豊橋市の河合塗装工業の春田です(^^)/ 現場管理を行なっております。   先日、ベランダ防水の現場の確認に行ってきました。 今回はウレタン塗膜防水にて施工します。 前日、2層目のウレタンを流し、今日は仕上げのトップコートの予定でしたが、 ↑ウレタンを流し終えてから約2時間後、雨の予定ではなかったのですが 急に雨が降り、翌日大丈夫かなと行ってみたら大丈夫ではありませんでした。   こんなにゆず肌のようになってしまっているとトップコートを塗れないので、 (トップコートでは厚みをつけて塗ることが出来ない為、塗ってもこのまま柄が出てしまいます) もう1層ウレタンを流してきれいにしていきます。 ↑全体に柄が出てしまっていたので全体に1層ウレタンを流していきます。   翌日トップコートを塗布したら完了です。 とてもきれいに仕上がりました('ω')     少しでも気になるようでしたら、お気軽にお問い合わせ下さい。    河合塗装工業は、東三河(豊橋市、豊川市、田原市)を中心に施工を行っております。 今後ともよろしくお願い致します。 不明な点はお気軽にお問い合わせくださいませ。 豊橋市・豊川市からの案件増加に伴い、田原市・蒲郡市等東三河エリアでのお問い合わせが急増しています。 豊橋市・豊川市同様に、地域密着スピード対応でご案内いたしますので、お気軽にお問い合わせください。           河合塗装工業 ショールーム豊橋市西岩田五丁目9-14 1F河合塗装工業ショールームのご案内 ショールームには皆様が実際に見て触れて頂けるものをご用意しております。 ご相談・お問い合わせはお気軽に!! 御見積り依頼、各種診断、不明な点等、お気軽にどうぞ。 お待ちしております。河合塗装工業の施工事例集 「外壁塗装・屋根塗装を考えているけどイメージがわかない・・・」 そんな方は河合塗装工業が施工させて頂いたお宅をご覧ください! 「屋根・外壁診断」は河合塗装工業におまかせください! まずはお家の劣化状況をしっかりと把握しましょう。 河合塗装工業ではご相談・現地調査・お見積り提出まで無料でさせて頂きます! 河合塗装工業の雨漏り診断                                     雨漏りのプロが原因を特定します。 お家の状況に合わせた納得のご提案をさせて頂きます。 屋根外壁塗装専門 河合塗装工業 (2021.09.13 更新) 詳しく見る
新着情報スタッフブログ豆知識
ツートンカラー 豊橋

ツートンカラーについて(豊橋市 豊川市 田原市 蒲郡市 屋根外壁塗装専門 河合塗装工業)

みなさんこんにちは。外壁塗装・屋根塗装・防水工事専門店の河合塗装工業です。 外壁のツートンカラーについて   現状のデザインや家の印象を、塗装のタイミングで変えたいと思われている方が多いです。近年、施工件数が増加しているツートンカラーについて紹介します。   選ぶ2色は、同系色を選ぶ場合が多い。 同系色の配色にすることで、色相に類似性が感じられます。統一感がある印象になります。   [caption id="attachment_15728" align="alignnone" width="746"] DSC_0606[/caption]   色は最大でも3色程度にしましょう。 色の数が多すぎると、それぞれの色の主張が強くなりまとまりに欠きます。 3色を選ぶ際はベース、アソート、アクセントの3つに分けて考えます。 ・ベースカラーは外壁全体の70%程度を占めます(全体のイメージを大きく左右します) ・アソートカラーは外壁全体の25%程度を占めます。 ・アクセントカラーは外壁全体の5%程度を占めます。   外壁だけではなく、付帯部の色でも印象は変わります。 家には雨樋や破風板などの「付帯部」と言われる部分があります。 付帯部は外壁のように重要視はされませんが、調和のある色合いにするとまとまりがでます。 全く違う色をいれて、アクセントとしても捉える方も多いです。   外壁塗装のプランや塗料の種類について気になる・・」「カラーシミュレーションをやってみたい!」 などといったご要望がございましたら是非一度お問合せください。   不明な点はお気軽にお問い合わせくださいませ。   少しでも気になるようでしたら、お気軽にお問い合わせ下さい。    河合塗装工業は、東三河(豊橋市、豊川市、田原市)を中心に施工を行っております。 今後ともよろしくお願い致します。 不明な点はお気軽にお問い合わせくださいませ。 豊橋市・豊川市からの案件増加に伴い、田原市・蒲郡市等東三河エリアでのお問い合わせが急増しています。 豊橋市・豊川市同様に、地域密着スピード対応でご案内いたしますので、お気軽にお問い合わせください。           河合塗装工業 ショールーム豊橋市西岩田五丁目9-14 1F河合塗装工業ショールームのご案内 ショールームには皆様が実際に見て触れて頂けるものをご用意しております。 ご相談・お問い合わせはお気軽に!! 御見積り依頼、各種診断、不明な点等、お気軽にどうぞ。 お待ちしております。河合塗装工業の施工事例集 「外壁塗装・屋根塗装を考えているけどイメージがわかない・・・」 そんな方は河合塗装工業が施工させて頂いたお宅をご覧ください! 「屋根・外壁診断」は河合塗装工業におまかせください! まずはお家の劣化状況をしっかりと把握しましょう。 河合塗装工業ではご相談・現地調査・お見積り提出まで無料でさせて頂きます! 河合塗装工業の雨漏り診断                                     雨漏りのプロが原因を特定します。 お家の状況に合わせた納得のご提案をさせて頂きます。 屋根外壁塗装専門 河合塗装工業   豊橋市・豊川市で外壁塗装・屋根塗装・防水工事の事でお悩みなら、国家資格の1級塗装技能士がいる河合塗装工業までご相談下さい!            (2021.09.11 更新) 詳しく見る
新着情報スタッフブログ豆知識
豊橋 外壁塗装

工事前のサッシの養生(豊橋市 豊川市 田原市 蒲郡市 屋根外壁塗装専門 河合塗装工業)

こんにちは。豊橋市の河合塗装工業の春田です(^^)/ 現場管理を行なっております。   先日、工事前の先行養生を行いに行きました。 今回工事を行う住宅は1Fと2Fのリビングが吹き抜けになっており、 2F部分には大きな窓がありました。 ↑このような状態なので工事期間中ベランダから中が見えてしまわないよう 足場組立工事の前日にサッシの養生を行いました。 今回はマスカーテープを貼って中が見えないようにします。 (マスカーテープは半透明なため中が見えなくなります。) サッシとサッシの間にはシーリングがあるため そこはよけて養生をしていきます。   ↑完成です('ω')   作業工程が全て終了し、足場解体後この養生も撤去します。   少しでも気になるようでしたら、お気軽にお問い合わせ下さい。    河合塗装工業は、東三河(豊橋市、豊川市、田原市)を中心に施工を行っております。 今後ともよろしくお願い致します。 不明な点はお気軽にお問い合わせくださいませ。 豊橋市・豊川市からの案件増加に伴い、田原市・蒲郡市等東三河エリアでのお問い合わせが急増しています。 豊橋市・豊川市同様に、地域密着スピード対応でご案内いたしますので、お気軽にお問い合わせください。           河合塗装工業 ショールーム豊橋市西岩田五丁目9-14 1F河合塗装工業ショールームのご案内 ショールームには皆様が実際に見て触れて頂けるものをご用意しております。 ご相談・お問い合わせはお気軽に!! 御見積り依頼、各種診断、不明な点等、お気軽にどうぞ。 お待ちしております。河合塗装工業の施工事例集 「外壁塗装・屋根塗装を考えているけどイメージがわかない・・・」 そんな方は河合塗装工業が施工させて頂いたお宅をご覧ください! 「屋根・外壁診断」は河合塗装工業におまかせください! まずはお家の劣化状況をしっかりと把握しましょう。 河合塗装工業ではご相談・現地調査・お見積り提出まで無料でさせて頂きます! 河合塗装工業の雨漏り診断                                     雨漏りのプロが原因を特定します。 お家の状況に合わせた納得のご提案をさせて頂きます。 屋根外壁塗装専門 河合塗装工業 (2021.09.10 更新) 詳しく見る
新着情報スタッフブログ豆知識
豊橋市 外壁塗装 無機 塗料

無機塗料(豊橋市 豊川市 田原市 蒲郡市 屋根・外壁 塗装専門 河合塗装工業)

みなさんこんにちは。外壁塗装・屋根塗装・防水工事専門店の河合塗装工業です。   塗料の種類 前回は建築用の塗料には下記のような種類があり『ラジカル塗料』と『フッ素塗料』を紹介しました。 ● 塗料のタイプ別(水性塗料や溶剤塗料)● 樹脂ごとに特徴ある● 機能性に違いがある   無機塗料 今回は〖 無機塗料 〗をご紹介します。 無機塗料は、鉱物やガラスなどの無機物(炭素を含まないもの)を主成分として作られた塗料です。無機物は紫外線を浴びても劣化しにくく、無機物そのものは半永久的な耐久性を持っています。 しかし塗料として使用するにはそのままでは硬いため、無機物の良いところである耐久性を活かしながら、有機物を配合して作った塗料が無機塗料です。   無機塗料の特徴 メリット ・高耐候性 紫外線や雨風の影響を受けにくいため 劣化しにくく、外壁を長く保ちます。グレードではフッ素を超すほどの高い耐候性がある塗料といわれています。 ・低汚染性と防汚性 無機物は、表面に汚れが着いてもその 汚れを浮かせ、雨水で洗い流してくれる特徴があります。また静電気が起きにくく、ホコリなどのゴミを吸い寄せません。 ・苔、藻、カビの発生を抑制 コケ類の栄養分である有機物の含有量が少ないため、 苔や藻、カビの発生を抑えます。 ・不燃性 無機物(鉱物やレンガ、ガラス)は燃えません。無機塗料は有機物を配合して作られているため全く燃えないわけではありませんが、 有機塗料と比較すると火事の際などにも燃えにくいという利点があります。   デメリット ・高価格 残念ながらグレードが高い塗料のため、他の塗料と比べて価格が高いです。しかし耐久性が高く耐用年数も長いため、外壁塗装(塗り替え)の間隔を長くすることができ、 コストパフォーマンスがよいともいえます。     こちらも参考にしてください。   ↓ 『シリコン塗料とは』     河合塗装工業では、東三河(豊橋市、豊川市、田原市)を中心に、外壁塗装や屋根塗装、防水工事などを手掛けております。みなさまに気軽に相談できる会社を目指しサービスを展開しておりますので今後ともよろしくお願い致します。 ご相談・現地調査・お見積り提出まで無料です。不明な点はお気軽にお問い合わせくださいませ。          河合塗装工業 ショールーム豊橋市西岩田五丁目9-14 1F河合塗装工業ショールームのご案内 ショールームには皆様が実際に見て触れて頂けるものをご用意しております。 ご相談・お問い合わせはお気軽に!! 御見積り依頼、各種診断、不明な点等、お気軽にどうぞ。 お待ちしております。河合塗装工業の施工事例集 「外壁塗装・屋根塗装を考えているけどイメージがわかない・・・」 そんな方は河合塗装工業が施工させて頂いたお宅をご覧ください! 「屋根・外壁診断」は河合塗装工業におまかせください! まずはお家の劣化状況をしっかりと把握しましょう。 河合塗装工業ではご相談・現地調査・お見積り提出まで無料でさせて頂きます! 河合塗装工業の雨漏り診断                                     雨漏りのプロが原因を特定します。 お家の状況に合わせた納得のご提案をさせて頂きます。 弊社の新型コロナウィルスの対応について 感染拡大予防を徹底し通常営業を行っております!!   豊橋市・豊川市で外壁塗装・屋根塗装・防水工事の事でお悩みなら、国家資格の1級塗装技能士がいる河合塗装工業までご相談下さい!   (2021.09.10 更新) 詳しく見る
新着情報スタッフブログ豆知識
軒天 塗装 豊橋

軒天の塗装について(豊橋市 豊川市 田原市 蒲郡市 屋根外壁塗装専門 河合塗装工業)

みなさんこんにちは。外壁塗装・屋根塗装・防水工事専門店の河合塗装工業です。 軒天の塗装について紹介をします。   軒天を守ってくれているのが、軒天塗装です。軒天をいかに良い状態で保つかにより建物の寿命を大きく左右させます。   軒天の劣化について  目視で確認できます!    ・色あせ 軒天には、紫外線が直接は当たりませんが、アスファルトの照り返しにより色あせが生じてしまう可能性があります。   ・シミ雨漏り等によって、軒天にシミが出来る事があります。シミが出来ている状態は、雨漏りを起こしている証拠となり分かりやすいです。   ・軒天塗装の剥がれ軒天塗装の表面が剥がれてしまい、劣化してしまった状態です。軒天塗装の寿命や、施工ミスによる塗膜剥離の可能性があります。    ・カビや藻が生えている軒天は湿気が溜まりやすい部位です。軒天の表面にカビや藻を生やしてしまう場合があります。     色が白い理由は影になりやすい部位で、暗くなりがちだからです。陰になりやすい軒天を少しでも明るく見せる為に白色を塗布する事が定番となりました。近年は、軒天塗装の色は、クリーム系も増えています。理由として、軒天が汚れてしまった時に白色よりも汚れが目立ちにくいという理由です。明るい色であれば、室内の明るさも暗くなりづらいので現在の色と変更しても問題ありません。ぜひ、軒天の色も相談してください!     外壁塗装のプランや塗料の種類について気になる・・」「カラーシミュレーションをやってみたい!」 などといったご要望がございましたら是非一度お問合せください。   不明な点はお気軽にお問い合わせくださいませ。   少しでも気になるようでしたら、お気軽にお問い合わせ下さい。    河合塗装工業は、東三河(豊橋市、豊川市、田原市)を中心に施工を行っております。 今後ともよろしくお願い致します。 不明な点はお気軽にお問い合わせくださいませ。 豊橋市・豊川市からの案件増加に伴い、田原市・蒲郡市等東三河エリアでのお問い合わせが急増しています。 豊橋市・豊川市同様に、地域密着スピード対応でご案内いたしますので、お気軽にお問い合わせください。           河合塗装工業 ショールーム豊橋市西岩田五丁目9-14 1F河合塗装工業ショールームのご案内 ショールームには皆様が実際に見て触れて頂けるものをご用意しております。 ご相談・お問い合わせはお気軽に!! 御見積り依頼、各種診断、不明な点等、お気軽にどうぞ。 お待ちしております。河合塗装工業の施工事例集 「外壁塗装・屋根塗装を考えているけどイメージがわかない・・・」 そんな方は河合塗装工業が施工させて頂いたお宅をご覧ください! 「屋根・外壁診断」は河合塗装工業におまかせください! まずはお家の劣化状況をしっかりと把握しましょう。 河合塗装工業ではご相談・現地調査・お見積り提出まで無料でさせて頂きます! 河合塗装工業の雨漏り診断                                     雨漏りのプロが原因を特定します。 お家の状況に合わせた納得のご提案をさせて頂きます。 屋根外壁塗装専門 河合塗装工業   豊橋市・豊川市で外壁塗装・屋根塗装・防水工事の事でお悩みなら、国家資格の1級塗装技能士がいる河合塗装工業までご相談下さい!            (2021.09.10 更新) 詳しく見る
新着情報スタッフブログ豆知識
豊橋市 外壁塗装 フッ素 塗料

フッ素塗料(豊橋市 豊川市 田原市 蒲郡市 屋根・外壁 塗装専門 河合塗装工業)

みなさんこんにちは。外壁塗装・屋根塗装・防水工事専門店の河合塗装工業です。     塗料の種類 前回は建築用の塗料には下記のような種類があること紹介しました。 ● 塗料のタイプ別(水性塗料や溶剤塗料)● 樹脂ごとに特徴ある● 機能性に違いがある   フッ素塗料   今回は〖 フッ素塗料 〗をご紹介します。 「フッ素」というと、フッ素樹脂コーティングがしてあるフライパン=テフロン加工のフライパン。として馴染みがあるというかたはいらっしゃると思います。 フッ素塗料はこのフライパンのイメージのとおり汚れに強く、雨風や紫外線を直接受ける屋根や外壁の塗装に適している塗料です。   フッ素塗料の特徴 一般的なシリコン塗料やラジカル塗料より上のグレードになる「フッ素塗料」。ただ価格が高いだけではなく耐久性の高さが特徴です。外壁と屋根、両方にフッ素が使われることはまだ少なく、屋根のみフッ素というような使われ方が人気です。   フッ素塗料は、塗料の耐久性を決める合成樹脂に蛍石を原料としたフッ素樹脂を使った塗料です。フッ素は耐久性に非常に優れていて以下の特徴があります。・非粘着性(汚れを弾きやすい)・耐薬品性(酸性雨に強い)・低摩擦性(汚れが滑り落ちやすい)・耐候性(紫外線に強い) ・耐用年数 15年以上  ※建物の材質など条件によっては短くなることもあります。   フッ素塗料はさまざまなところで使用されています! 戸建て住宅では、まだシリコンが主流ですが大型物件や橋ではフッ素塗料がよく使われます。例えば「東京スカイツリー」「レインボーブリッジ」「明石大橋」「後楽園ホール」「六本木ヒルズ」にはフッ素塗料が使われています。戸建てでもっともポピュラーなシリコン塗料での塗装は塗り替え時期を10年~15年に1度といわれています。しかしこのような大きく、塗装しにくい構造物は足場の費用や人件費を考えると、シリコン塗料のように10年に1度の塗装というわけにはいきません。そのため耐久性が高いフッ素が多く使われており、さまざまなところで耐久性のある塗料として認められています。   塗料の組み合わせ例 屋根は外壁に比べ常に太陽光や雨にさらされているので劣化も早いです。そのため外壁と屋根を同じシリコンで塗装すると屋根が先に劣化してしまいます。そこで外壁をシリコン、屋根をフッ素というようにグレードを分けることにより劣化するタイミングを合わるこの組み合わせが最近は人気です。 《戸建ての場合》   外壁→シリコン   屋根→フッ素          の組み合わせ            こちらも参考にしてください。   ↓ 『無機塗料について』     河合塗装工業では、東三河(豊橋市、豊川市、田原市)を中心に、外壁塗装や屋根塗装、防水工事などを手掛けております。みなさまに気軽に相談できる会社を目指しサービスを展開しておりますので今後ともよろしくお願い致します。 ご相談・現地調査・お見積り提出まで無料です。不明な点はお気軽にお問い合わせくださいませ。          河合塗装工業 ショールーム豊橋市西岩田五丁目9-14 1F河合塗装工業ショールームのご案内 ショールームには皆様が実際に見て触れて頂けるものをご用意しております。 ご相談・お問い合わせはお気軽に!! 御見積り依頼、各種診断、不明な点等、お気軽にどうぞ。 お待ちしております。河合塗装工業の施工事例集 「外壁塗装・屋根塗装を考えているけどイメージがわかない・・・」 そんな方は河合塗装工業が施工させて頂いたお宅をご覧ください! 「屋根・外壁診断」は河合塗装工業におまかせください! まずはお家の劣化状況をしっかりと把握しましょう。 河合塗装工業ではご相談・現地調査・お見積り提出まで無料でさせて頂きます! 河合塗装工業の雨漏り診断                                     雨漏りのプロが原因を特定します。 お家の状況に合わせた納得のご提案をさせて頂きます。 弊社の新型コロナウィルスの対応について 感染拡大予防を徹底し通常営業を行っております!!   豊橋市・豊川市で外壁塗装・屋根塗装・防水工事の事でお悩みなら、国家資格の1級塗装技能士がいる河合塗装工業までご相談下さい!   (2021.09.09 更新) 詳しく見る
新着情報スタッフブログ豆知識

サイディングの浮き補修(豊橋市 豊川市 田原市 蒲郡市 屋根・外壁 塗装専門 河合塗装工業)

こんにちは。豊橋市の河合塗装工業の岡田です 現場管理を行なっております 本日、塗装中現場の確認最中にサイディングの浮きを発見しました。 サイディングの浮きを放置すると… 塗装が長持ちしません! サイディングが浮いたままだと、サイディング自体が動くため、塗膜にヒビが入りやすくなります。 どうしてこのようになるのか? サイディングは経年で反ったり割れたりします サイディングは軽くて丈夫ですが、耐候年数にはやはり限りがあり、経年で塗膜が劣化すると水分を保持しやすくなります。 最も主流である窯業系サイディングは、前回のブログでも書きましたが、セメントと合成繊維で出来ているため、水分を保持しやすいのです。 水分を保持し始めると、水分の膨張と乾燥による収縮により、今回のようにビスが緩んだり、反って隙間が空いたりします。ひどい場合は割れたりもします。 補修方法は? 今回の場合はビス打ちします 補修方法は状況により異なりますが、シーリングで埋めたり、サイディングを張り替えたりといった補修もあります。 補修状況 下穴を開ける いきなりビスで打ち込むとサイディングが割れる可能性があるため、細いドリルで必ず下穴を空けます。 口を広げる 太いドリルを使って打ち込み箇所の口を広げます。ビスの頭がサイディングにフィットするようにするためです。この一手間で仕上がりが全く変わります。 こんな感じです ビスの打ち込み 打ち込み完了 念のため2箇所打ちました。 シーリング処理 この上に再度塗装をかけていきます。 シーリング処理をすることにより、防水機能+塗料ものりやすくなります。 業者選びは慎重に 下地補修をしっかり行なってくれる業者を選びましょう。今回の補修箇所は、下屋根の上なので足場がないと絶対に見えない箇所です。悪質な業者はこのような見えない箇所は補修せずに放置することもありますので、ご注意下さい。 ちなみに、 弊社、河合塗装工業はこの下地補修こそ塗装を長持ちさせる最も大切な作業だと思っております。 いくらグレードの良い塗料を使ったとしても、下地補修が出来ていないと意味がないのです。 少しでも気になるようでしたら、お気軽にお問い合わせ下さい。    河合塗装工業は、東三河(豊橋市、豊川市、田原市)を中心に施工を行っております。 今後ともよろしくお願い致します。 不明な点はお気軽にお問い合わせくださいませ。          河合塗装工業 ショールーム豊橋市西岩田五丁目9-14 1F河合塗装工業ショールームのご案内 ショールームには皆様が実際に見て触れて頂けるものをご用意しております。 ご相談・お問い合わせはお気軽に!! 御見積り依頼、各種診断、不明な点等、お気軽にどうぞ。 お待ちしております。河合塗装工業の施工事例集 「外壁塗装・屋根塗装を考えているけどイメージがわかない・・・」 そんな方は河合塗装工業が施工させて頂いたお宅をご覧ください! 「屋根・外壁診断」は河合塗装工業におまかせください! まずはお家の劣化状況をしっかりと把握しましょう。 河合塗装工業ではご相談・現地調査・お見積り提出まで無料でさせて頂きます! 河合塗装工業の雨漏り診断                                     雨漏りのプロが原因を特定します。 お家の状況に合わせた納得のご提案をさせて頂きます。 (2021.09.08 更新) 詳しく見る
新着情報スタッフブログ豆知識