現場日誌・現場ブログ塗装に関するマメ知識やイベントなど最新情報をお届けします!

HOME > 現場日誌・現場ブログ > スタッフブログ

スタッフブログの記事一覧

『リニューアルオープン記念祭のお知らせ』外壁塗装・屋根塗装 豊橋市

みなさんこんにちは。外壁塗装・屋根塗装・防水工事専門店の河合塗装工業です。           豊橋市で、地域密着で外壁塗装や屋根塗装、防水工事、雨漏り補修を中心に手掛けております。河合塗装工業では、外壁塗装、屋根塗装、防水工事、雨漏り補修を気軽に相談できる会社目指し豊橋市を中心にサービスを展開しております。                                                                           弊社では『外壁屋根診断』『雨漏り診断』を無料でさせて頂いております。お気軽にお問い合わせくださいませ。豊橋市・豊川市で外壁塗装・屋根塗装・防水工事・雨漏り補修の事でお悩みなら、国家資格の1級塗装技能士がいる河合塗装工業までご相談下さい!   (2019.10.18 更新) 詳しく見る
新着情報スタッフブログ豆知識

『外壁塗装の塗替えが必要な理由』外壁塗装・屋根塗装 豊橋市 

みなさんこんにちは。外壁塗装・屋根塗装・防水工事専門店の河合塗装工業です。     豊橋市で、地域密着で外壁塗装や屋根塗装、防水工事、雨漏り補修を中心に手掛けております。河合塗装工業では、外壁塗装、屋根塗装、防水工事、雨漏り補修を気軽に相談できる会社目指し豊橋市を中心にサービスを展開しております。             ★見た目だけではない!外壁の役割★           家を支え、雨風や暑さ、寒さなどから人間を守ってくれる外壁。実は外壁には塗料が塗られており、塗料の防水効果により雨水が侵入するのを防いでいます。             外壁塗装の塗替えが必要な理由           しかし外壁に塗られた塗料は紫外線や雨など外的ダメージにより日々劣していきます。そのため新築から数年経つと塗膜にヒビが入って剥がれ外壁の防水効果も落ちてしまいます。塗膜が剥がれたり、ヒビの入った箇所を放置していると紫外線や雨水のダメージを受け、外壁が侵食され、ヒビが内部まで到達してしまいます。         そこから雨水が侵入し、水や湿度が家の内部まで到達すると家の躯体である柱や土台部分まで腐らせてしまい、快適に住めなくなってしまいます。そうなると躯体の工事も必要となるため結果として工事費用も高くなり工事する期間も長くなってしまいます。そのような事態とならないためにも外壁は塗膜が劣化するまえに塗替えて健康な状態の住まいに保つのが外壁塗装の役割です。快適に住むためには定期的な塗替えリフォームは必要です。                 ※詳細はお問合せくださいませ                               河合塗装工業 ショールーム豊橋市西岩田五丁目9-14 1F                                       弊社では『外壁屋根診断』『雨漏り診断』を無料でさせて頂いております。お気軽にお問い合わせくださいませ。豊橋市・豊川市で外壁塗装・屋根塗装・防水工事・雨漏り補修の事でお悩みなら、国家資格の1級塗装技能士がいる河合塗装工業までご相談下さい!   (2019.10.18 更新) 詳しく見る
新着情報スタッフブログ豆知識

『リニューアルオープン記念祭のお知らせ』外壁塗装・屋根塗装 豊橋市

みなさんこんにちは。外壁塗装・屋根塗装・防水工事専門店の河合塗装工業です。           豊橋市で、地域密着で外壁塗装や屋根塗装、防水工事、雨漏り補修を中心に手掛けております。河合塗装工業では、外壁塗装、屋根塗装、防水工事、雨漏り補修を気軽に相談できる会社目指し豊橋市を中心にサービスを展開しております。                                                                                 弊社では『外壁屋根診断』『雨漏り診断』を無料でさせて頂いております。お気軽にお問い合わせくださいませ。豊橋市・豊川市で外壁塗装・屋根塗装・防水工事・雨漏り補修の事でお悩みなら、国家資格の1級塗装技能士がいる河合塗装工業までご相談下さい!   (2019.10.17 更新) 詳しく見る
新着情報スタッフブログ豆知識

『塗装できない屋根材パミールに要注意』外壁・屋根塗装 豊橋市

みなさんこんにちは。外壁塗装・屋根塗装・防水工事専門店の河合塗装工業です。           豊橋市で、地域密着で外壁塗装や屋根塗装、防水工事、雨漏り補修を中心に手掛けております。河合塗装工業では、外壁塗装、屋根塗装、防水工事、雨漏り補修を気軽に相談できる会社目指し豊橋市を中心にサービスを展開しております。           1996年から2008年にニチハ㈱から発売された屋根材の「パミール」。これは塗装ではなくカバー工法や葺き替えが推奨されている屋根材のため注意が必要です!             パミールは名古屋に本社があるニチハ㈱が1996年から2008年までに製造販売した無石綿スレート屋根材です。現在では販売終了となっています。         1996年と言えば各社アスベストを使わない屋根材の販売がスタートした年です。これが問題を引きおこすことになりました。アスベストの代わりに使われた新素材が、想定よりも粘着性能が発揮されず早期の剥がれに繋がったのではないかといわれています。     パミールでよく報告のある不具合例     剥離・めくれ・浮き   屋根材の端部が剥がれたり、浮き上がってきます。ケーキのミルフィーユのように各層が剥がれる層間剝離も出てきます。ニチハ㈱側は、素材の責任ではなく経年劣化と主張しています。     釘の腐食によるズレ、落下   この釘に関しては、ニチハ㈱も2010年11月に認めていて、新聞などでリコールの広告を出していました。         リフォーム方法は、カバー工法か葺き替え     パミールに塗装ができないわけではありませんが、塗装してもすぐに劣化してくるので無意味です。また既に劣化している屋根材に高圧洗浄するとさらに劣化することもあります。そのため塗装は推奨しません。   ニチハ㈱でもパミールで不具合があった場合の提案として別屋根材を上からかぶせる「カバー工法」を推奨しています。塗装に比べると費用が高くなりますが、カバー工法か新しい屋根材に取り換える「葺き替え」をオススメします。         自宅の屋根材がパミールか確認する方法   ・建築時の設計書を見る ・建築会社に問い合わせる ・塗装業者など屋根に詳しい業者に実際見てもらう     実際に屋根材がどのような状態かを確認するため、塗装業社などの屋根に詳しい業者にみてもらう方法をオススメします。              カバー工法   ご不明な点はお気軽にお問合せください!                                                           弊社では『外壁屋根診断』『雨漏り診断』を無料でさせて頂いております。お気軽にお問い合わせくださいませ。豊橋市・豊川市で外壁塗装・屋根塗装・防水工事・雨漏り補修の事でお悩みなら、国家資格の1級塗装技能士がいる河合塗装工業までご相談下さい!   (2019.10.17 更新) 詳しく見る
新着情報スタッフブログ豆知識

『塗料の耐久性と特徴』外壁塗装・屋根塗装 豊橋市 

みなさんこんにちは。外壁塗装・屋根塗装・防水工事専門店の河合塗装工業です。       豊橋市で、地域密着で外壁塗装や屋根塗装、防水工事、雨漏り補修を中心に手掛けております。河合塗装工業では、外壁塗装、屋根塗装、防水工事、雨漏り補修を気軽に相談できる会社目指し豊橋市を中心にサービスを展開しております。        屋根や外壁の塗替えは家の寿命を左右する大切なリフォーム。 しかし、いざ塗替えるとなると、どの塗料を選んでいいのか迷ってしまいますよね。 塗料の耐久性や特徴を知っておくと選びやすくなります。                                〇使われる樹脂により耐久性が異なる      塗料は主に顔料・添加剤・合成樹脂からできています。中でも合成樹脂は塗料の耐久性を決める最も重要なもの。その合成樹脂は大きく4つの種類に分けられます。耐久性の低いものから「アクリル」「ウレタン」「シリコン」「フッ素」です。アクリル樹脂が主成分の場合はアクリル塗料と呼ばれます。一般的には耐久性が高くなるほど価格もあがります。       〇現在一番多く使われているシリコン塗料         価格と性能のバランスが良く現在最も普及いているのがシリコン塗料です。耐久性が高く、戸建て住宅の塗替えの7~8割を占めています。汚れやひび割れに強く、防カビ性・防藻性にも優れています。         〇耐久性が最も高いフッ素塗料         フッ素塗料は有名な建築物や高層ビルにも使われるほど耐久性がとても高い塗料です。防カビ性、防藻性はもちろん外壁などの素材に強く密着する性質を持ち、太陽光や紫外線などの熱から住宅を守ります。価格が高いため、一般住宅ではあまり普及していませんが塗替えの回数をできるだけ少なくしたい場合にはおすすめの塗料です。            お気軽にご相談くださいませ!    豊橋市・豊川市で外壁塗装・屋根塗装・防水工事・雨漏り補修の事でお悩みなら、国家資格の1級塗装技能士がいる河合塗装工業までご相談下さい!   (2019.10.16 更新) 詳しく見る
新着情報スタッフブログ豆知識

『シリコンとフッ素塗料どちらがオススメ?』 外壁塗装・屋根塗装 豊川市

みなさんこんにちは。外壁塗装・屋根塗装・防水工事専門店の河合塗装工業です。     豊橋市で、地域密着で外壁塗装や屋根塗装、防水工事、雨漏り補修を中心に手掛けております。河合塗装工業では、外壁塗装、屋根塗装、防水工事、雨漏り補修を気軽に相談できる会社目指し豊橋市を中心にサービスを展開しております。     お客様より、塗料を選ぶ際、シリコン塗料とフッ素塗料で悩んでいらっしゃるとのご相談を頂きました。耐久性だけで考えるとフッ素塗料のほうが勝っています。フッ素塗料の耐久年数は約15年~20年と言われており、一方のシリコン塗料の耐久年数は約12年~15年となります。   ただしフッ素塗料には価格が高いというデメリットがあります。耐久性・汚れにくさ・色持ちなど機能的には優れていますがかなりハイコストになります。     一方シリコン塗料の場合、耐久性はフッ素塗料に比べると多少劣りますがその他の機能についてはフッ素塗料とほぼ変わりありません。そして費用はかなりお手頃になります。     外壁塗装と併せて屋根塗装もご検討中とのことでしたので外壁よりも劣化の進みが早い屋根塗装にフッ素塗料、外壁塗装にシリコン塗料をご提案させて頂きました。                                                       不明な点はお気軽にお問い合わせくださいませ。             河合塗装工業 ショールーム豊橋市西岩田五丁目9-14 1F                                       弊社では『外壁屋根診断』『雨漏り診断』を無料でさせて頂いております。お気軽にお問い合わせくださいませ。外壁・屋根塗装のベストシーズンがやってきました!!この時期は混み合うため、お早目のお問合せお待ちしております。豊橋市・豊川市で外壁塗装・屋根塗装・防水工事・雨漏り補修の事でお悩みなら、国家資格の1級塗装技能士がいる河合塗装工業までご相談下さい!   (2019.10.15 更新) 詳しく見る
新着情報スタッフブログ豆知識

『こんな症状雨漏りかも!?』外壁塗装・屋根塗装 豊橋市 

みなさんこんにちは。外壁塗装・屋根塗装・防水工事専門店の河合塗装工業です。       豊橋市で、地域密着で外壁塗装や屋根塗装、防水工事、雨漏り補修を中心に手掛けております。河合塗装工業では、外壁塗装、屋根塗装、防水工事、雨漏り補修を気軽に相談できる会社目指し豊橋市を中心にサービスを展開しております。        ★こんな症状が出たら雨漏りかも?! 雨漏りは早期発見が重要です!早めに専門業者に相談することをオススメします。天井のシミ等、明らかに雨漏りがしているところを発見しなくてもすでに雨漏りが進行している可能性があります。        〇壁やクロスにシミができる 真っ白な壁紙やクロスにシミができるようなら要注意です。特に何かをこぼしたり、液体をかけたわけでもないのに、クロスや壁にシミができるようなら内装の内側に湿気が溜まったり、漏水している可能性があります。また雨漏りが壁紙やクロスを濡らしてしまうと接着剤が剥がれてクロスがめくれる現象がおこります。また剥がれた壁紙の裏にカビが広がっている可能性もあります。壁紙の内側から腐食が進んでしまう前に雨漏りの根本的な修理をオススメします。        〇天井にシミができている 天井から水がポタポタと滴り落ちてくれば、まず雨漏りを疑いますが必ずしも天井裏で雨漏りをしていても部屋の中に水が落ちてこなければ多くの人がそれを疑いません。認識できるほどの漏水がなくても、天井裏で水が侵入してくるケースは多く、部屋の中から眺めて天井に不自然なシミができている場合は雨漏りをしている可能性が高いです。 これは外壁や屋根のヒビ割れなどから2次防水を破って建物内に水が侵入してきている証拠なので早急に検査が必要です。腐食が進み、シロアリが発生して家屋に壊滅的な被害が及ぶ前に手を打ちましょう。        〇家がカビ臭く感じる 目に見えない雨漏りの場合でも、家の内側に水が溜まり天井裏や壁裏、床下に水が入って湿気が滞留していけば木材が腐食してカビが発生し、屋内がカビ臭くなってきます。これは木材が腐食するときに発生する木材腐朽菌が原因です。木材腐朽菌が繁殖すると家の中がカビ臭くなるだけでなく、徐々に建物内の木材を蝕んでいきます。柱や土台などの構造的な重要な部分にまで被害が及ぶと取り返しのつかないダメージに発展してしまいます。家の中がカビ臭く感じるようになったら目の届かないところで雨漏りがしている可能性が高いです。                                     お気軽にご相談くださいませ!    豊橋市・豊川市で外壁塗装・屋根塗装・防水工事・雨漏り補修の事でお悩みなら、国家資格の1級塗装技能士がいる河合塗装工業までご相談下さい!   (2019.10.11 更新) 詳しく見る
新着情報スタッフブログ豆知識

『外壁リフォームで住まいが大変身!』 外壁塗装・屋根塗装 豊橋市

みなさんこんにちは。外壁塗装・屋根塗装・防水工事専門店の河合塗装工業です。         豊橋市で、地域密着で外壁塗装や屋根塗装、防水工事、雨漏り補修を中心に手掛けております。河合塗装工業では、外壁塗装、屋根塗装、防水工事、雨漏り補修を気軽に相談できる会社目指し豊橋市を中心にサービスを展開しております。       住まいの印象を大きく左右する外壁。だからこそ、塗替え時の色柄の選び方次第で違う家のようにイメージチェンジすることができます。外壁の塗替えは住まいの印象を一新させるチャンスです!!素敵な色柄を選んで外壁を変身させましょう。         向こう10年の印象を決める塗替え外壁の塗替えは10年ごとが目安。つまり一度塗替えると向こう10年はその外観の家で暮らすことになります。せっかく塗替えるなら気に入った色でおしゃれに仕上げたいもの。気に入らないからといって簡単に塗り直せるものではないのでしっかりと色を選びましょう。       色の選び方次第で家の印象が変わる色選びのポイントはまずベースカラーを決めることです。ベースカラーに濃い色を選べば高級感や重厚感が、明るく爽やかな色を選べば軽快で華やかな印象を与えられます。玄関やバルコニーにはベースカラーと違う色味を使うと素敵なアクセントになります。コントラストが強くなると洗練された都会的な雰囲気に、ベースカラーとアクセントカラーを同系色で揃えると上品でまとまりのある外観に仕上がります。       柄が豊富なサイディング 木目やレンガ調も外壁リフォームには塗替えのほか、今の外壁を撤去して新しい壁材を張る「張り替え」や、今の外壁の上から新しい壁材を張る「重ね張り」などもあります。壁材そのものが新しくなるので外壁が一新します。施工には「サイディング」と呼ばれる板状の壁材を使うのが主流です。サイディングは木目、レンガ、塗り壁調などバリエーションが豊富。木目とレンガ調など異なる質感を張り分けてもおしゃれです。   ウォールアクセサリーでさらにおしゃれに妻飾りやコーナーアクセントなどウォールアクセサリーも外壁リフォームのタイミングなら簡単に追加できます。ワンポイントに妻飾りを付けたり、外壁のコーナーにレンガやストーンを張るだけでも個性的でワンランク上の外観に仕上がります。自由にアレンジが楽しめるので存分に個性を発揮できますよ!!                               ご不明な点は塗装専門店までお問合せください!                        河合塗装工業 ショールーム豊橋市西岩田五丁目9-14 1F                                       弊社では『外壁屋根診断』『雨漏り診断』を無料でさせて頂いております。お気軽にお問い合わせくださいませ。外壁・屋根塗装のベストシーズンがやってきました!!この時期は混み合うため、お早目のお問合せお待ちしております。豊橋市・豊川市で外壁塗装・屋根塗装・防水工事・雨漏り補修の事でお悩みなら、国家資格の1級塗装技能士がいる河合塗装工業までご相談下さい!   (2019.10.10 更新) 詳しく見る
新着情報スタッフブログ豆知識

『シーリング工事の必要性』外壁塗装・屋根塗装 豊橋市 

みなさんこんにちは。外壁塗装・屋根塗装・防水工事専門店の河合塗装工業です。         豊橋市で、地域密着で外壁塗装や屋根塗装、防水工事、雨漏り補修を中心に手掛けております。河合塗装工業では、外壁塗装、屋根塗装、防水工事、雨漏り補修を気軽に相談できる会社目指し豊橋市を中心にサービスを展開しております。          ★シーリング工事とは  外壁サイディングのボードとボードの継ぎ目をシーリング材で埋める工事のことです。また、その材料などを充填剤・コーキング材・コーキングと呼びます。シーリング工事の目的は、主に雨漏りを防ぐ防水性の確保にあります。しかし、新築時は塗装せずにシールがむき出しの場合が多いため、紫外線が直接あたり劣化します。環境によって異なりますが紫外線等の影響を受けて、約5年を過ぎたあたりから劣化が始まります。経年劣化が始まると、防水性や伸縮性が失われ、雨漏りや外壁のひび割れの原因となります。建物全体に影響を及ぼす前になるべく早めに信頼できる業者へ相談することが大切です。   【劣化したシーリング】                        ★シーリング工事を検討する時期   紫外線等の影響によって、下記の症状が確認された場合は、雨漏り等の実害が生じる前に早めに対処することが重要です。1.シーリング表面のひび割れ2.シールそのものの肉やせ3.シーリングの剥離以上のような劣化症状を確認したら、シーリング工事を検討する時期です。    お気軽にご相談くださいませ!    外壁・屋根塗装のベストシーズンがやってきました!!この時期は混み合うため、お早目のお問合せお待ちしております。豊橋市・豊川市で外壁塗装・屋根塗装・防水工事・雨漏り補修の事でお悩みなら、国家資格の1級塗装技能士がいる河合塗装工業までご相談下さい!   (2019.10.09 更新) 詳しく見る
新着情報スタッフブログ豆知識
1 / 7212345...102030...最後 »