現場日誌・現場ブログ塗装に関するマメ知識やイベントなど最新情報をお届けします!

HOME > 現場日誌・現場ブログ > スタッフブログ

スタッフブログの記事一覧

雨漏り防止対策!『タスペーサー』 豊川市 外壁塗装・屋根塗装

みなさんこんにちは。外壁塗装・屋根塗装・防水工事専門店、豊橋市の河合塗装工業です。       豊橋市で、地域密着で外壁塗装や屋根塗装、防水工事、雨漏り補修を中心に手掛けております。河合塗装工業では、外壁塗装、屋根塗装、防水工事、雨漏り補修を気軽に相談できる会社目指し豊橋市を中心にサービスを展開しております。       先日、雨漏り診断に伺わせて頂いた豊川市S様邸、診断の結果「屋根塗装」を検討したいとのお返事を頂きました。外壁の劣化も進んでいたため併せて見積り依頼を頂きました。ありがとうございます。       さて雨漏り防止対策に『タスペーサー』と呼ばれるものがあります。                  スレート屋根材に一般的な3回工程塗装をすると多くの場合、屋根材と屋根材の間に塗料が入り接着した状態になってしまいます。その状態になると雨水を排出することが出来なくなり下地材の腐朽から最悪の場合、雨漏りにつながります。耐久性の向上を目的とした塗装工事が原因で雨漏りしてしまったら元も子もありませんよね。         そこで屋根塗装の際には『タスペーサー』の挿入をおすすめしております!『タスペーサー』と呼ばれる部品を下塗り後に手で挿入していくのですが作業時間は1人で2時間~3時間ほどで済み、一般住宅の屋根で平均1,000個前後のタスペーサーを使用します。コストは3万円~5万円程度の追加になりますがS様にもご提案させて頂きたいと思います。                  豊橋市・豊川市で外壁塗装・屋根塗装・防水工事・雨漏り補修の事でお悩みなら、国家資格の1級塗装技能士がいる河合塗装工業までご相談下さい!              お電話番号はコチラ 0532-61-4368 (2019.12.06 更新) 詳しく見る
新着情報スタッフブログ豆知識

『シックハウス症候群とアレルギー(化学物質過敏症)について』 外壁塗装・屋根塗装 豊橋市

みなさんこんにちは。外壁塗装・屋根塗装・防水工事専門店の河合塗装工業です。       豊橋市で、地域密着で外壁塗装や屋根塗装、防水工事、雨漏り補修を中心に手掛けております。河合塗装工業では、外壁塗装、屋根塗装、防水工事、雨漏り補修を気軽に相談できる会社目指し豊橋市を中心にサービスを展開しております。       外壁塗装工事で、シックハウス症候群やアレルギー(化学物質過敏症)が発症することはまずありません。     塗料には、造膜助剤、防腐剤としてホルムアルデヒドやキシレンなどの有機溶剤(揮発性有機化合物:VOC)を含んでいます。これらを長時間、多量に体に吸収してしまうことでシックハウス症候群やアレルギー(化学物質過敏症)が発症します。       ※水性塗料にも若干の有機溶剤は含まれています。       ですが、有機溶剤は1日ほどで蒸発、硬化してしまうので外壁塗装工事のような短期間での作業では、長期間接したり多量に吸収することはありません。そのため健康への被害は非常に低いです。     F☆☆☆☆(エフフォースター)「F☆☆☆☆」この表記がある塗料は、有機溶剤(VOC)の発散量が少ないので連行に被害を与える可能性が少ないことを示しています。シックハウス症候群やアレルギーに関心が高い場合、この記載がある塗料の使用をおすすめします。                                   ※価格等、お気軽にお問合せください!!                             外壁・屋根塗装・防水工事・雨漏り等、気になることがございましたらお気軽にご相談くださいませ。お待ちしております。   豊橋市・豊川市で外壁塗装・屋根塗装・防水工事・雨漏り補修の事でお悩みなら、国家資格の1級塗装技能士がいる河合塗装工業までご相談下さい!   (2019.12.05 更新) 詳しく見る
新着情報スタッフブログ豆知識

『おすすめ塗料!!』外壁塗装・屋根塗装 豊橋市

みなさんこんにちは。外壁塗装・屋根塗装・防水工事専門店の河合塗装工業です。   豊橋市で、地域密着で外壁塗装や屋根塗装、防水工事、雨漏り補修を中心に手掛けております。河合塗装工業では、外壁塗装、屋根塗装、防水工事、雨漏り補修を気軽に相談できる会社目指し豊橋市を中心にサービスを展開しております。       塗料にはグレード、機能性など、さまざまな種類があります。少し前は、よくわからないから定番のもので。とか、業者さんお任せ。というケースが多かったのですが、最近では傾向が変わってきました。 ・どうすれば失敗しない選択ができるだろう。・せっかくお金を払って工事をするのであればより良いものを選びたい。・価格より質。 という人が増えてきました。   そこで塗料にこだわりたい方! 最近人気急上昇の機能性塗料をご紹介します。 『遮熱塗料』太陽の熱を反射させ、外壁・屋根の表面温度を低くおさえる効果がある塗料です。 ◎外壁や屋根の温度が低ければ、室内の温度も下がり、夏場の熱い時期にはエアコンの電気の消耗をおさえ、省エネ効果が期待できます。   『断熱塗料』熱伝導をおさえて、太陽熱が屋内に入らないようにする効果があります。 ◎熱が伝わらないということは、夏の暑い空気も冬の冷たい空気も通さないのでしません。エアコンなどで設定した快適な温度が外に逃げにくくなり、1年を通して過ごしやすくなります。 満足できる塗装選びのお手伝いをさせていただきます。 やりたいことが自分の家に適しているか等、なんでもご相談ください。     ※詳細はお問合せくださいませ                       河合塗装工業 ショールーム豊橋市西岩田五丁目9-14 1F                                       弊社では『外壁屋根診断』『雨漏り診断』を無料でさせて頂いております。お気軽にお問い合わせくださいませ。豊橋市・豊川市で外壁塗装・屋根塗装・防水工事・雨漏り補修の事でお悩みなら、国家資格の1級塗装技能士がいる河合塗装工業までご相談下さい!   (2019.12.04 更新) 詳しく見る
新着情報スタッフブログ豆知識

『防汚塗料でキレイ長持ち!』 外壁・屋根塗装 豊橋市

みなさんこんにちは。外壁塗装・屋根塗装・防水工事専門店の河合塗装工業です。       豊橋市で、地域密着で外壁塗装や屋根塗装、防水工事、雨漏り補修を中心に手掛けております。河合塗装工業では、外壁塗装、屋根塗装、防水工事、雨漏り補修を気軽に相談できる会社目指し豊橋市を中心にサービスを展開しております。         外壁をできるだけ長くよい状態に保つには汚れがつきにくく落ちやすい防汚塗料がおすすめです!   きれいな状態を長く保つ塗料外壁の汚れは、家全体の雰囲気に大きく影響を与えます。外壁をできるだけ長くよい状態を保つには塗り替えの際に、防汚塗料を選ぶとよいでしょう。防汚塗料とは汚れにくい機能をもった塗料のことで低汚染塗料とも呼ばれています。         汚れにくく汚れても落ちやすい代表的な防汚染塗料に、セラミックを配合したものがあります。セラミックは汚れにくい性質を持っているため大気中の排気ガスや粉塵などが外壁につきにくくなります。またセラミックの持つ「親水性」という性質も重要な役割を果たしています。多くの防汚塗料がこの親水性の性質を利用しています。親水性には水となじみ汚れを洗い流す効果があります。   雨水となじんで汚れを流す一般的な塗料は雨水を弾きますが親水性を持った塗料は外壁についた雨を弾きません。雨水は外壁に薄く広がり外壁の汚れとなじんで汚れを浮き上がらせます。浮き上がった汚れは雨水と一緒に流れ落ちます。雨で自然に汚れが洗い流される作用をセルフクリーニング効果といい外壁についたチリやホコリ、油分が洗い流されきれいさが長持ちするのです。                                                 不明な点はお気軽にお問い合わせくださいませ。                             河合塗装工業 ショールーム豊橋市西岩田五丁目9-14 1F                                       弊社では『外壁屋根診断』『雨漏り診断』を無料でさせて頂いております。お気軽にお問い合わせくださいませ。豊橋市・豊川市で外壁塗装・屋根塗装・防水工事・雨漏り補修の事でお悩みなら、国家資格の1級塗装技能士がいる河合塗装工業までご相談下さい!   (2019.12.03 更新) 詳しく見る
新着情報スタッフブログ豆知識

『外壁塗装の劣化サインとは?』外壁塗装・屋根塗装 豊橋市 

みなさんこんにちは。外壁塗装・屋根塗装・防水工事専門店の河合塗装工業です。     豊橋市で、地域密着で外壁塗装や屋根塗装、防水工事、雨漏り補修を中心に手掛けております。河合塗装工業では、外壁塗装、屋根塗装、防水工事、雨漏り補修を気軽に相談できる会社目指し豊橋市を中心にサービスを展開しております。                   外壁は雨や風、雪、紫外線、砂ほこりなどを常に受けているため、徐々に劣化しています。そのまま放置していると見た目が悪いだけでなく、劣化が加速して大きなトラブルになりかねないので定期的な塗替えは必須でしょう。「10年に一度は塗替えた方が良い」と言われていますが実際には周りの環境や建てられている地域によってかなり目安は変わってくるので一概にはいえません。では、いつ、どのようなタイミングで塗り替えればいいのでしょうか?外壁塗装の劣化のサインは、外壁の見た目で知ることができるのでこまめに外壁をチェックしておくことが大切です。             ★外壁塗装の劣化のサインでわかる症状と状況★           まず一番にわかりやすいサインは外壁の色あせや変色です。日々紫外線を受けているので、日当たりのよい外壁ほど色あせを感じるでしょう。新築の時と比べて、ツヤがなくなってきて変色したと感じることもありますが塗膜のトップコートの劣化が原因です。変色の原因はこの他にもカビや藻、コケなどの発生が挙げられます。カビ、藻、コケの発生で外壁が劣化していくと水を弾かなくなり塗料に含まれている防カビ、防藻剤の効力も無くなっていきます。そのため雨などによってカビや藻が繁殖し、美観を損なうだけでなく劣化を加速させるので、これが塗替えのサインでもあります。         ちなみに外壁の色が黒く変色するのは黒カビ、緑に変色するのは藻が繁殖している状態なのでチェックしてみましょう。色あせや変色が更に悪化するとチョーキングといわれる粉化・白化してくる現象があらわれます。これは紫外線や風雨、熱により塗料が劣化して外壁の表面に白く粉が吹いたようになった状態で指先で触ってみると白くチョークの粉のようなものが手に付くのでわかりやすいでしょう。これは表面塗膜が寿命だという意味も示しており塗替えに適した時期とも言えます。         この次の段階で挙げられるのはクラックやヘアクラックと呼ばれている外壁面に生じたひび割れのことでここから水が入り込むと建物の構造にも悪影響を及ぼすことになるため、早急に塗り直したほうがいいでしょう。この他にもシーリングの劣化、塗膜のはがれや浮きなどが起こるまで放置してしまうと下地も傷みが進んでしまうので早い対応が必要です。                       ※詳細はお問合せくださいませ                               河合塗装工業 ショールーム豊橋市西岩田五丁目9-14 1F                                       弊社では『外壁屋根診断』『雨漏り診断』を無料でさせて頂いております。お気軽にお問い合わせくださいませ。豊橋市・豊川市で外壁塗装・屋根塗装・防水工事・雨漏り補修の事でお悩みなら、国家資格の1級塗装技能士がいる河合塗装工業までご相談下さい!   (2019.12.02 更新) 詳しく見る
新着情報スタッフブログ豆知識

『タテイルアルファ』外壁塗装・屋根塗装 豊橋市 

みなさんこんにちは。外壁塗装・屋根塗装・防水工事専門店の河合塗装工業です。         豊橋市で、地域密着で外壁塗装や屋根塗装、防水工事、雨漏り補修を中心に手掛けております。河合塗装工業では、外壁塗装、屋根塗装、防水工事、雨漏り補修を気軽に相談できる会社目指し豊橋市を中心にサービスを展開しております。         超耐候性とフレキシブル性を併せ持つ「タテイルアルファ」     ガラスと同じ珪石(石英)を原料とする紫外線に強い合成樹脂を採用しさらに紫外線による塗膜劣化を抑制するラジカル制御技術も兼備。先進のハイブリッド技術で超耐候性とフレキシブル性の両立を実現した新世代無機塗料です。         ラジカルを5つのステージコントロール技術で抑制紫外線などが原因で発生する塗膜劣化の原因になる「ラジカル」を「5つのステージコントロール技術」で抑制コントロール。                      一般的な塗膜                タテイルアルファの塗膜       1.発生してしまったラジカルも厚い無機バリア内に封じ込めラジカルの増殖を抑制     2.HALS(光安定剤)により発生したラジカルを封じ込め増殖を抑制     3.厚い無機バリア層で酸化チタン(顔料)の表面をコートして紫外線の侵入を防ぐ     4.紫外線吸収剤により紫外線を吸収し、熱などのエネルギーに変換して放出     5.ガラスと同じ珪石(石英)を原料とする紫外線に強い合成樹脂を採用。         優れたコストパフォーマンスと圧倒的なライフサイクルコストの低減     一般的に無機塗料のような高性能塗料は割高ですが耐候性が高く塗替周期が長いので長期的に見ればライフサイクルコストは低減されます。タテイルアルファは優れたコストパフォーマンスと圧倒的なライフサイクルコストの低減を叶えたバランスの良い無機塗料です。                                                                                    河合塗装工業 ショールーム豊橋市西岩田五丁目9-14 1F                                       弊社では『外壁屋根診断』『雨漏り診断』を無料でさせて頂いております。お気軽にお問い合わせくださいませ。豊橋市・豊川市で外壁塗装・屋根塗装・防水工事・雨漏り補修の事でお悩みなら、国家資格の1級塗装技能士がいる河合塗装工業までご相談下さい!   (2019.11.29 更新) 詳しく見る
新着情報スタッフブログ豆知識

『カバー工法で手軽にキレイ!』外壁塗装・屋根塗装 豊橋市 

みなさんこんにちは。外壁塗装・屋根塗装・防水工事専門店の河合塗装工業です。         豊橋市で、地域密着で外壁塗装や屋根塗装、防水工事、雨漏り補修を中心に手掛けております。河合塗装工業では、外壁塗装、屋根塗装、防水工事、雨漏り補修を気軽に相談できる会社目指し豊橋市を中心にサービスを展開しております。         スレート屋根のリフォームのひとつにカバー工法があります。既存の屋根はそのままに新しい屋根材を重ねるカバー工法なら低コストで手軽に屋根のリフォームができます!!           新しい屋根をかぶせるカバー工法       一般的に築30年を超えた住宅は屋根のリフォームが必要といわれています。スレート屋根の場合、それよりも早い築25年くらいを目安にリフォームを検討しましょう。屋根のリフォームのひとつとして需要が広がっているものにカバー工法があります。既存の屋根の上に新しい屋根材をかぶせる工法で重ね葺きなどとも呼ばれます。 主にスレート屋根など凹凸のすくない屋根のリフォームに使われます。屋根をはがしても新しいものにする葺き替え工法に比べて工事が簡単にできるのが魅力です。             遮音性と断熱性がアップするメリットも   カバー工法は、既存の屋根と新しい屋根で二重になるため遮音性や断熱性が上がります。一方で屋根が重くなって耐震性が下がるのでは?と心配されますが上にかぶせる屋根材は軽いためほとんど影響はありません。工期が短く、住みながらリフォームができるのがうれしいポイント。また、既存の屋根を撤去する必要がないので処分代がかからず費用を安く抑えられます。           まずは今ある屋根の状態を確認!   メリットの多いカバー工法ですが、注意点もあります。カバー工法は既存の屋根や下地の痛みが激しい場合は施工することができません。屋根の状態を充分に調査せず施工すると後々補修が必要になることもあるため注意が必要です。リフォームを検討する際には事前に専門家による調査をうけましょう。                                                                    不明な点はお気軽にお問い合わせくださいませ。      河合塗装工業 ショールーム豊橋市西岩田五丁目9-14 1F                                       弊社では『外壁屋根診断』『雨漏り診断』を無料でさせて頂いております。お気軽にお問い合わせくださいませ。豊橋市・豊川市で外壁塗装・屋根塗装・防水工事・雨漏り補修の事でお悩みなら、国家資格の1級塗装技能士がいる河合塗装工業までご相談下さい!   (2019.11.28 更新) 詳しく見る
新着情報スタッフブログ豆知識

『スレート屋根』外壁塗装・屋根塗装 豊橋市 

みなさんこんにちは。外壁塗装・屋根塗装・防水工事専門店の河合塗装工業です。         豊橋市で、地域密着で外壁塗装や屋根塗装、防水工事、雨漏り補修を中心に手掛けております。河合塗装工業では、外壁塗装、屋根塗装、防水工事、雨漏り補修を気軽に相談できる会社目指し豊橋市を中心にサービスを展開しております。         スレート屋根とはカラー展開豊富!軽くて人気の屋根材ですスレートは厚さ約2~5㎜程度の屋根材です。カラー展開が多いため設計がしやすく、重量も軽いなどの理由で一気に普及したと言われています。よく「カラーベスト」「コロニアル」と言われることがありますが、これはもともとスレート材の商品名でシェアや人気度の高さから代名詞として使われているものです。                 2004年以前に作られたスレート屋根は強度を出すためにアスベストをセメントで固めて作られたものが大半を占めています。しかしアスベストによる健康被害が注目され始め、これにより1993年には含有量を5%以下にすることが定められ、2004年にはアスベストの使用が全面的に禁止になりました。現在(2004年以降)作られているスレート屋根にはアスベストは含まれていません。安心ではありますが、その分強度や寿命は下がっています。       スレート屋根のメリット①経済的である天然スレートなど一部高価なスレートもありますがほとんどのスレート材が比較的安価です。②軽くて、強い(アスベスト含の場合)スレート材は非常に軽いのが特徴でありながらアスベストを含んでいる場合は素材そのものの強度が強いものが多いです。③耐火性・耐熱性に優れている燃えにくく、熱伝導率が低い素材を使用しています。④施工がしやすい施工がしやすいため、複雑な家の屋根にも適しています。⑤色が豊富カラーバリエーションが豊かなので、好みの屋根色を実現できます。     スレート屋根のデメリット①細かなメンテナンスが必要表面劣化が起こりやすく、こまめなメンテナンスが必要です。②トータルコストに不安メンテナンスを繰り返すうちにコストがかさむこともあります。③アスベスト問題アスベストを含んでいる場合、葺き替え時などに処分費用がかかります。反対にアスベストを含まない場合は、メンテナンスのスパンが短くなるというデメリットがあります。④デザイン性に乏しい板状の屋根材ですのですっきりとしたデザインは得意ですがその他のデザイン性には乏しいと言われます。スレート屋根は定期的なメンテナンスが必要です。放っておくと屋根材の下地が傷み雨漏りなどを引き起こします。築10年を過ぎたら早めの塗替えをオススメします。                         外壁・屋根塗装・防水工事等、気になることがございましたらお気軽にご相談くださいませ。お待ちしております。豊橋市・豊川市で外壁塗装・屋根塗装・防水工事・雨漏り補修の事でお悩みなら、国家資格の1級塗装技能士がいる河合塗装工業までご相談下さい!   (2019.11.27 更新) 詳しく見る
新着情報スタッフブログ豆知識

『塗装工事の流れ』 外壁塗装・屋根塗装 豊橋市 

みなさんこんにちは。外壁塗装・屋根塗装・防水工事専門店の河合塗装工業です。     豊橋市で、地域密着で外壁塗装や屋根塗装、防水工事、雨漏り補修を中心に手掛けております。河合塗装工業では、外壁塗装、屋根塗装、防水工事、雨漏り補修を気軽に相談できる会社目指し豊橋市を中心にサービスを展開しております。       屋根・外壁の塗替えには足場を組んでから工事完了まで多くの工程があります                     30~40坪程度の一戸建て住宅の場合、塗替えに要する期間は外壁と屋根を合わせて10日前後が基本です。ただ天候の影響を受けやすいので雨の多い時期ですと工期が延びる場合もあります。①足場を組み、飛散防止ネットを張る↓↓↓②高圧洗浄機で劣化した塗料や汚れを落とす↓↓↓③乾燥させる↓↓↓④窓などの塗装しない部分に養生シートを張る↓↓↓⑤下地調整↓   ・ひびや剥がれなどがあれば補修する↓   ・鉄部の汚れやサビなどを落としてサビ止めを塗る↓⑥下塗↓   ・下塗とは塗料の密着性を上げるためのもの↓   ・シーラーやプライマー、フィラーなどとも呼ばれる↓⑦本塗↓   ・本塗は2回が基本↓   ・同じ塗料を重ねて塗るのが一般的だが同じ色だと塗り残しが起こりやすいので↓    1回目と2回目で塗料の色を変える場合もある↓   ・1回目の本塗を中塗、2回目を上塗と呼ぶ場合もある↓⑧木部や鉄部など、付帯部分の塗装               ↓↓↓⑨養生シートや足場の撤去                                                          不明な点はお気軽にお問い合わせくださいませ。                                                                  河合塗装工業 ショールーム豊橋市西岩田五丁目9-14 1F                                       弊社では『外壁屋根診断』『雨漏り診断』を無料でさせて頂いております。お気軽にお問い合わせくださいませ。豊橋市・豊川市で外壁塗装・屋根塗装・防水工事・雨漏り補修の事でお悩みなら、国家資格の1級塗装技能士がいる河合塗装工業までご相談下さい!   (2019.11.26 更新) 詳しく見る
新着情報スタッフブログ豆知識
1 / 7512345...102030...最後 »