現場日誌・現場ブログ塗装に関するマメ知識やイベントなど最新情報をお届けします!

HOME > 現場日誌・現場ブログ > 新着情報 > 足場組立時の波板止具の破損防止対策(豊橋市豊川市田原市蒲郡…

足場組立時の波板止具の破損防止対策(豊橋市豊川市田原市蒲郡市 屋根外壁塗装専門 河合塗装工業)

こんにちは。
豊橋市の河合塗装工業の岡田です

現場管理を行なっております

本日GW明け最初の仕事は足場組立でした。

今回は建物の1/3ほどがテラスで覆われた現場でした。そのテラスはプラスチック波板(ポリカーボネート)で、壁に付いているため、テラスの上に足場を置かなければならない状況でした。
下写真のような感じです
今回のようにテラスが壁についている場合、ほとんどの場合テラスの上に足場をかけていきます。(例外はありますが)
テラスの上に足場をかけると当然足場の荷重がかかるので、テラスの骨組みの強度によっては、下からも支えの支柱を設置します。
下の写真のような形です
今回の現場のテラスの素材はポリカ波板というもので、プラスチック樹脂でできていますが意外と柔軟性があり、しっかり処置をすれば簡単に割れることはありません。(劣化具合によります)
しかし、問題なのはそれを止めてる部品です。
プラスチックのパッキン付きのフックで止められている事が多く、頭が出っ張っているので、その上にコンパネの板を置くと大抵折れます。
というわけで、今回対策したのは、コンパネを敷く前に、更にその下に、止め具と止め具の間にコンパネを敷いておくことにより、嵩上げされて直接コンパネが当たらないようにしました。
下の写真のようにコンパネを敷いときました
この上にコンパネを乗せていきます
以前試験でこのようなやり方で、上手くいったので今回も実践しました。
足場完了後の状況です
もしそのまま、このコンパネを敷いていたら、あのプラスチックの止め具の頭は折れてしまいます。
ちなみにプラスチック止め具の頭が飛んで破損しても機能的には問題はありません。しかし破損は破損なので直さなければなりません。
今回の対策で、止め具の破損はかなり軽減出来ると思っています。
ちなみに後からプラスチック止め具を交換しようとすると、結構大変です…

少しでも気になるようでしたら、お気軽にお問い合わせ下さい。   

河合塗装工業は、東三河(豊橋市、豊川市、田原市)を中心に施工を行っております。

今後ともよろしくお願い致します。

不明な点はお気軽にお問い合わせくださいませ。
    

変換 ~ 店舗外観1.jpg      変換 ~ 店舗内装2.jpg

河合塗装工業 ショールーム

豊橋市西岩田五丁目9-14 1F

河合塗装工業ショールームのご案内
 ショールームには皆様が実際に見て触れて頂けるものをご用意しております。

ご相談・お問い合わせはお気軽に!!
 御見積り依頼、各種診断、不明な点等、お気軽にどうぞ。
 お待ちしております。

河合塗装工業の施工事例集
 「外壁塗装・屋根塗装を考えているけどイメージがわかない・・・」
 そんな方は河合塗装工業が施工させて頂いたお宅をご覧ください!

「屋根・外壁診断」は河合塗装工業におまかせください!
 まずはお家の劣化状況をしっかりと把握しましょう。
 河合塗装工業ではご相談・現地調査・お見積り提出まで無料でさせて頂きます!

河合塗装工業の雨漏り診断                                    
 雨漏りのプロが原因を特定します。
 お家の状況に合わせた納得のご提案をさせて頂きます。