現場日誌・現場ブログ塗装に関するマメ知識やイベントなど最新情報をお届けします!

HOME > 現場日誌・現場ブログ > 新着情報 > 足場解体前の塗装チェック(豊橋市豊川市田原市蒲郡市 屋根外…

足場解体前の塗装チェック(豊橋市豊川市田原市蒲郡市 屋根外壁塗装専門 河合塗装工業)

こんにちは。
豊橋市の河合塗装工業の岡田です

現場管理を行なっております

塗装の確認は主に以下のような事を確認します。

⚫︎仕様書通り施工がされているか?(施工範囲、色)
→指示書を見直して確認
⚫︎塗りムラがないか?
→狭い箇所や塗りにくい所も入念に確認
⚫︎飛び散りがないか?
→外壁に付帯部の塗料が付いている事があります
⚫︎ラインが綺麗にでているか?
→サッシ部などで、塗料がはみ出ていることがあります
⚫︎ジャッキ裏に傷がないか?
→足場の壁当ての裏やベランダの縦地の下等は傷が付きやすいため

今回、ぐるっと一通り確認すると、塗装はほぼ完璧に近かったのですが、壁当てジャッキの裏に2か所ほど少し傷がありました。

 

拡大図です

この壁当ては、足場が揺れないように足場を壁で抑えているもので、4面全てに付いているものです。

基本的には常に壁に接しているため、多少の揺れで傷がつく事があります。

壁当ての裏を塗る際は壁当てを緩めて浮かせます。

下の写真は壁当てを浮かせた状態です。

この状態で塗っていきます

そして乾いたら壁にくっつきにくいキッチンペーパーを壁面に付くように設置して、壁当てを元に戻します。

白い紙のような物がキッチンペーパーです。
サラサラしているので塗装がくっつきにくいんです。
余談ですが、この壁当てを中途半端に浮かせたままにしてしまうと足場が揺れて、外壁に壁当てが接触し、外壁が破損することがあります。
離すならしっかり距離を置いて離すか、もしくはしっかり戻す事が重要です。

壁当てを浮かせて、補修塗を行いました。
補修後は、多少揺れても壁当てが当たらない程度まで壁から離して、その日は引き上げました。
弊社、河合塗装工業は、塗装職人が塗ったら終わりではなく、塗ってからもしっかり確認、補修をさせて頂いております。
塗装会社によっては私たちのような現場管理の者がいない場合もありますので、チェックがしっかり行き渡らない場合もあります。
なので、塗装会社を決める際は、管理者がいるかどうかも確認した方が良いかとおもいます。

少しでも気になるようでしたら、お気軽にお問い合わせ下さい。   

河合塗装工業は、東三河(豊橋市、豊川市、田原市)を中心に施工を行っております。

今後ともよろしくお願い致します。

不明な点はお気軽にお問い合わせくださいませ。
    

変換 ~ 店舗外観1.jpg      変換 ~ 店舗内装2.jpg

河合塗装工業 ショールーム

豊橋市西岩田五丁目9-14 1F

河合塗装工業ショールームのご案内
 ショールームには皆様が実際に見て触れて頂けるものをご用意しております。

ご相談・お問い合わせはお気軽に!!
 御見積り依頼、各種診断、不明な点等、お気軽にどうぞ。
 お待ちしております。

河合塗装工業の施工事例集
 「外壁塗装・屋根塗装を考えているけどイメージがわかない・・・」
 そんな方は河合塗装工業が施工させて頂いたお宅をご覧ください!

「屋根・外壁診断」は河合塗装工業におまかせください!
 まずはお家の劣化状況をしっかりと把握しましょう。
 河合塗装工業ではご相談・現地調査・お見積り提出まで無料でさせて頂きます!

河合塗装工業の雨漏り診断                                    
 雨漏りのプロが原因を特定します。
 お家の状況に合わせた納得のご提案をさせて頂きます。