現場日誌・現場ブログ塗装に関するマメ知識やイベントなど最新情報をお届けします!

HOME > 現場日誌・現場ブログ > 新着情報 > サイディングの浮き補修(豊橋市 豊川市 田原市 蒲郡市…

サイディングの浮き補修(豊橋市 豊川市 田原市 蒲郡市 屋根・外壁 塗装専門 河合塗装工業)

こんにちは。
豊橋市の河合塗装工業の岡田です

現場管理を行なっております

本日、塗装中現場の確認最中にサイディングの浮きを発見しました。

サイディングの浮きを放置すると…

塗装が長持ちしません!

サイディングが浮いたままだと、サイディング自体が動くため、塗膜にヒビが入りやすくなります。

どうしてこのようになるのか?

サイディングは経年で反ったり割れたりします

サイディングは軽くて丈夫ですが、耐候年数にはやはり限りがあり、経年で塗膜が劣化すると水分を保持しやすくなります。

最も主流である窯業系サイディングは、前回のブログでも書きましたが、セメントと合成繊維で出来ているため、水分を保持しやすいのです。

水分を保持し始めると、水分の膨張と乾燥による収縮により、今回のようにビスが緩んだり、反って隙間が空いたりします。ひどい場合は割れたりもします。

補修方法は?

今回の場合はビス打ちします

補修方法は状況により異なりますが、シーリングで埋めたり、サイディングを張り替えたりといった補修もあります。

補修状況

下穴を開ける

いきなりビスで打ち込むとサイディングが割れる可能性があるため、細いドリルで必ず下穴を空けます。

口を広げる

太いドリルを使って打ち込み箇所の口を広げます。ビスの頭がサイディングにフィットするようにするためです。この一手間で仕上がりが全く変わります。

こんな感じです

ビスの打ち込み

打ち込み完了

念のため2箇所打ちました。

シーリング処理

この上に再度塗装をかけていきます。

シーリング処理をすることにより、防水機能+塗料ものりやすくなります。

業者選びは慎重に

下地補修をしっかり行なってくれる業者を選びましょう。今回の補修箇所は、下屋根の上なので足場がないと絶対に見えない箇所です。悪質な業者はこのような見えない箇所は補修せずに放置することもありますので、ご注意下さい。

ちなみに、

弊社、河合塗装工業はこの下地補修こそ塗装を長持ちさせる最も大切な作業だと思っております。

いくらグレードの良い塗料を使ったとしても、下地補修が出来ていないと意味がないのです。

少しでも気になるようでしたら、お気軽にお問い合わせ下さい。   

河合塗装工業は、東三河(豊橋市、豊川市、田原市)を中心に施工を行っております。

今後ともよろしくお願い致します。

不明な点はお気軽にお問い合わせくださいませ。
    

変換 ~ 店舗外観1.jpg      変換 ~ 店舗内装2.jpg

河合塗装工業 ショールーム

豊橋市西岩田五丁目9-14 1F

河合塗装工業ショールームのご案内
 ショールームには皆様が実際に見て触れて頂けるものをご用意しております。

ご相談・お問い合わせはお気軽に!!
 御見積り依頼、各種診断、不明な点等、お気軽にどうぞ。
 お待ちしております。

河合塗装工業の施工事例集
 「外壁塗装・屋根塗装を考えているけどイメージがわかない・・・」
 そんな方は河合塗装工業が施工させて頂いたお宅をご覧ください!

「屋根・外壁診断」は河合塗装工業におまかせください!
 まずはお家の劣化状況をしっかりと把握しましょう。
 河合塗装工業ではご相談・現地調査・お見積り提出まで無料でさせて頂きます!

河合塗装工業の雨漏り診断                                    
 雨漏りのプロが原因を特定します。
 お家の状況に合わせた納得のご提案をさせて頂きます。