現場日誌・現場ブログ塗装に関するマメ知識やイベントなど最新情報をお届けします!

HOME > 現場日誌・現場ブログ > スタッフブログ > 豊橋市 外壁塗装のご相談

豊橋市 外壁塗装のご相談

スタッフブログ豆知識 2016.10.05 (Wed) 更新

みなさんこんにちは。

外壁塗装・屋根塗装・防水工事専門店の河合塗装工業です。

豊橋市で、地域密着で外壁塗装や屋根塗装、防水工事、雨漏り補修を中心に手掛けております。

河合塗装工業では、外壁塗装、屋根塗装、防水工事、雨漏り補修を気軽に相談できる会社目指し

豊橋市を中心にサービスを展開しております。

今日は、豊橋市N様邸へ伺って来ました。

築9年、外壁はサイディングで塗替えを初めて検討されている
ということでした。

家の外壁のサイディングの特徴といえばボードとボードの境目にある
継ぎ目です。これを「目地」と言いますがこの場所と窓などのサッシの
廻りにはシールというゴム状のものが埋め込まれています。

このシールのことをシーリング・コーキングともいいます。

新築時サイディングボードを貼り終った工事の後、初めはマヨネーズ状に
なっているシールを目地などに注入していき時間が経つとゴム状に固まっていきます。

新築時は上から塗装をせずにシールそのものがむき出し状態のため
紫外線が直接あたる格好となって劣化していきます。

特に家の北東側より陽のあたりが強い南西側の劣化が激しくなります。

シーリング劣化1.jpg   シーリング劣化2.jpg  シーリング劣化3.jpg

そのため後々の雨水の侵入を防ぐためにも塗装前にシールの打ち直しの交換工事が
必要になってきます。専門用語では「打ち替え」ともいいます。

打ち直しせずに塗装も可能かもしれませんがせっかく足場を組んで工事を
するわけですから多少の費用は加算されますが長持ちするということを
考えたら必ずやっておいたほうがいい工事になります。

N様にもご提案させて頂きました。

豊橋市・豊川市で外壁塗装・屋根塗装・防水工事・雨漏り補修の事でお悩みなら、

国家資格の1級塗装技能士がいる河合塗装工業までご相談下さい!

外壁診断はコチラ

お電話番号はコチラ0532-61-4368