現場日誌・現場ブログ塗装に関するマメ知識やイベントなど最新情報をお届けします!

HOME > 現場日誌・現場ブログ > スタッフブログ > 外壁塗装のモニター工事商法

外壁塗装のモニター工事商法

スタッフブログ豆知識 2016.10.13 (Thu) 更新

みなさんこんにちは。

外壁塗装・屋根塗装・防水工事専門店の河合塗装工業です。

豊橋市で、地域密着で外壁塗装や屋根塗装、防水工事、雨漏り補修を中心に手掛けております。
河合塗装工業では、外壁塗装、屋根塗装、防水工事、雨漏り補修を気軽に相談できる会社目指し
豊橋市を中心にサービスを展開しております。

先日、我が家に住宅のリフォーム業者さんが営業に来ました。
あまり聞いたことのない会社で頂いた名刺の住所を見ると
西三河のほうに拠点があるようです。

「この地区での実績がないのでリフォームをお考えでしたら是非実績を
作らせて頂けないでしょうか」とのこと。
「モニターになって頂くと格安のお値段で工事をさせて頂きます」と、
早口で一方的に営業トークを展開です。

今のところリフォーム工事を考えていないことを伝え、きちんとお断りしましたが・・・・

その話を会社で上司にしたところ「モニター工事商法と言われるよく使われる
外壁塗装の営業手法だね」と教えてもらいました。

通常100万円以上もする工事が塗料代と少しの手数料でできる・・・・
と、言われてしまうと『お得かも!!』と思ってしまいましたが
自分でいろいろ調べてみるとこのような特徴があるようです。

『モニター工事商法の特徴』
1.突然来る
2.モニターを探している
3.お宅の外壁劣化してますよ(不安を煽る)
4.モニター価格で半額!
5.見積りだけでも!
6.今なら足場代は無料!
7.モニター募集期間は明日まで!
8.即決をせまる

こんな手法だそうです。

実際人間は「モニター価格」という言葉に弱いです。自分だけ特別と
言われると悪い気はしません。
でも!!いくらモニターだといっても工事代が半額以下になりますか?
外壁塗装を見に来る人がそんなに居てそのおかげで他の人から
契約がたくさん取れましたなんてことがあるでしょうか・・・・

良い外壁塗装業者はこちらの不安を不要に煽ったりしません。契約を急かすような
ことも決してしません。「他社さんともよく比較されて決めてください」というのが
本当に良い業者です。

モニター工事商法を使う業者は必ず即決も迫ります。こちらに考える暇、
調べる時間を与えたくないのです。訪問販売では即決はダメ!ということを
しっかり肝に銘じておきましょう。


豊橋市・豊川市で外壁塗装・屋根塗装・防水工事・雨漏り補修の事でお悩みなら、

国家資格の1級塗装技能士がいる河合塗装工業までご相談下さい!

外壁診断はコチラ

お電話番号はコチラ0532-61-4368