現場日誌・現場ブログ塗装に関するマメ知識やイベントなど最新情報をお届けします!

HOME > 現場日誌・現場ブログ > スタッフブログ > 防水工事のご相談 新城市

防水工事のご相談 新城市

スタッフブログ豆知識 2016.11.29 (Tue) 更新

みなさんこんにちは。
外壁塗装・屋根塗装・防水工事専門店の河合塗装工業です。

豊橋市で、地域密着で外壁塗装や屋根塗装、防水工事、雨漏り補修を中心に手掛けております。
河合塗装工業では、外壁塗装、屋根塗装、防水工事、雨漏り補修を気軽に相談できる会社目指し
豊橋市を中心にサービスを展開しております。

HPよりお問合せ頂きました新城市のお宅へ伺ってきました。
無料雨漏り診断をさせて頂いたあと現状をご説明し、
後日お見積りをお届けさせて頂くことになりました。

防水工事とは建物内への漏水を防ぐための工事です。言うまでもなく水分は建物の
大敵です。木造の場合、大事な柱や梁を腐食させてしまいます。
鉄骨の場合も大事な骨組みに錆を発生させ強度をどんどん弱くしていきます。
木造でも、鉄骨でも、石造りでも建物内部に侵入した雨水は壁や天井を変色・劣化
させるだけでなく、カビも発生させてしまうので、ぜんそくやアレルギーといった健康被害も
引き起こします。適切なメンテナンスで予防することが大事です!
もし、雨漏りや漏水が始まってしまったら早急な対応が必要となります。

《平らな屋根(陸屋根)》
屋上が設けられるよな平らな屋根(陸屋根)は勾配がほぼないため、排水性が低いです。
そのため水が溜まりやすく三角屋根より雨漏りリスクが高まります。
防水工事.jpg   屋上防水工事施工事例

《ベランダ・バルコニーの床》
ベランダやバルコニーの床もほぼ勾配がありません。水が溜まりやすい構造です。
ベランダが広ければ広いほど雨漏りリスクが高いと言っていいでしょう。

《太陽光発電を設置している屋根》
太陽光発電を設置している屋根は勾配のあるお宅が多いのですが
設置した業者が屋根について詳しくないと設置の際に屋根を壊してしまうことも
多いのです。実際にそのようなケースで雨漏り補修を依頼されたことがあります。

いくら現代的なお住まいであっても雨漏りするリスクはあります。
定期点検や、メンテナンスは欠かせないものなのです。

外壁・屋根塗装・防水工事・雨漏り等、
気になることがございましたらお気軽にご相談くださいませ。
お待ちしております。

豊橋市・豊川市で外壁塗装・屋根塗装・防水工事・雨漏り補修の事でお悩みなら、

国家資格の1級塗装技能士がいる河合塗装工業までご相談下さい!

cnt_shindan04.png cnt_shindan05.png 
ft_tel01.png