現場日誌・現場ブログ塗装に関するマメ知識やイベントなど最新情報をお届けします!

HOME > 現場日誌・現場ブログ > スタッフブログ > 外壁・屋根塗装 豊橋市 下塗り剤「シーラー」

外壁・屋根塗装 豊橋市 下塗り剤「シーラー」

スタッフブログ豆知識 2017.03.16 (Thu) 更新

みなさんこんにちは。
外壁塗装・屋根塗装・防水工事専門店の河合塗装工業です。

豊橋市で、地域密着で外壁塗装や屋根塗装、防水工事、雨漏り補修を中心に手掛けております。
河合塗装工業では、外壁塗装、屋根塗装、防水工事、雨漏り補修を気軽に相談できる会社目指し
豊橋市を中心にサービスを展開しております。

 下塗に使われる塗料をシーラーと言います。屋根や外壁と塗料をしっかりと密着させる接着剤のようなものです。
最近の機能性塗料のほとんどが専用の下塗剤を使うよう指定されています。
また溶剤(油性・シンナー系)タイプと水性タイプの2種類があり、それぞれの特徴によって使い分けています。

★溶剤タイプ(油性・シンナー系)
浸透性(含浸性)が高く、傷みがある場合に使います。塗装後、30~60分で乾燥し、次の塗装工程に
入ることができます。ただし有機溶剤特有の臭いを発します。
また現在塗装されている塗料の種類によっては使用できない場合があります。

★水性タイプ
溶剤タイプに比べ、塗装時や乾燥中の臭いが少なく、環境に対する負荷も少ないです。溶剤タイプに比べ
乾燥までの時間がかかります(3~4時間程度)。下地の劣化が激しい場合には使えません。


弊社では地域密着で外壁塗装、屋根塗装、防水工事、雨漏り補修を気軽に相談できる会社目指し
豊橋市を中心にサービスを展開しております。


外壁・屋根塗装・防水工事・雨漏り等、
気になることがございましたらお気軽にご相談くださいませ。
お待ちしております。

豊橋市・豊川市で外壁塗装・屋根塗装・防水工事・雨漏り補修の事でお悩みなら、

国家資格の1級塗装技能士がいる河合塗装工業までご相談下さい!

cnt_shindan04.png cnt_shindan05.png 
ft_tel01.png