現場日誌・現場ブログ塗装に関するマメ知識やイベントなど最新情報をお届けします!

HOME > 現場日誌・現場ブログ > スタッフブログ > 外壁・屋根塗装 豊橋市 早めの塗替えがオススメです!

外壁・屋根塗装 豊橋市 早めの塗替えがオススメです!

スタッフブログ豆知識 2017.04.05 (Wed) 更新

みなさんこんにちは。
外壁塗装・屋根塗装・防水工事専門店の河合塗装工業です。

豊橋市で、地域密着で外壁塗装や屋根塗装、防水工事、雨漏り補修を中心に手掛けております。
河合塗装工業では、外壁塗装、屋根塗装、防水工事、雨漏り補修を気軽に相談できる会社目指し
豊橋市を中心にサービスを展開しております。

太陽光や雨風にさらされている外壁は住まいの中でも負担がかかりやすい場所です。
そんな外壁を紫外線や雨水から守っているのが塗装です。
塗装のひび割れや剥がれを放置しているとそこから雨水が侵入し、建物そのものを傷めることになります。
傷みが進むほど修繕費も多くかかります。
そうならないためにも、劣化を見つけたら早めに塗替えることが大切です。
    

一般的には外壁塗装の塗替えの目安は家を建ててから10年と言われていますが、その後も定期的に
塗替えを行なえば建物の耐久性も高まり、美観もキープできます。
塗装が劣化し始めていないか時々チェックしてみましょう。

塗装の劣化を示すサインはいろいろあります。
なかでも分かりやすいのが、壁に触れたとき、手に白い粉が付く「チョーキング」です。
これは雨や紫外線で塗料が劣化し、保護機能が低下しているサインです。
防水効果も下がっているので、放置していると塗料が剥がれ雨水が建物に侵入しやすく
なります。
白い粉で手が真っ白になるようなら劣化が相当進んでいるサインです。
早急な塗替えが必要です。

夏の暑さや冬の寒さによる建物の膨張・収縮・地震の積み重ねなどが原因で起こるひび割れも
注意したい塗装劣化のサインです。小規模のひび割れなら補修も簡単に済みますが大きくなるとひび割れから
雨水が侵入し、建物内部の傷みにつながります。
補修が大掛かりになるうえ建物の強度低下も招くので早めの対応が安心です。

ほかにも、シーリングの切れや塗装の剥がれ、カビや藻が生えている場合も建物の劣化を早めます。
こうしたサインは時間とともに徐々に現れてくるので定期的にチェックするのはもちろん、気になることが
ございましたらお気軽にご相談ください。お待ちしております。


外壁・屋根塗装のベストシーズンがやってきました!!
この時期は混み合うため、お早目のお問合せお待ちしております。



豊橋市・豊川市で外壁塗装・屋根塗装・防水工事・雨漏り補修の事でお悩みなら、

国家資格の1級塗装技能士がいる河合塗装工業までご相談下さい!

cnt_shindan04.png cnt_shindan05.png 
ft_tel01.png