現場日誌・現場ブログ塗装に関するマメ知識やイベントなど最新情報をお届けします!

HOME > 現場日誌・現場ブログ > スタッフブログ > 外壁・屋根塗装 豊橋市 チョーキング現象とは

外壁・屋根塗装 豊橋市 チョーキング現象とは

スタッフブログ豆知識 2017.07.04 (Tue) 更新

みなさんこんにちは。
外壁塗装・屋根塗装・防水工事専門店の河合塗装工業です。

豊橋市で、地域密着で外壁塗装や屋根塗装、防水工事、雨漏り補修を中心に手掛けております。
河合塗装工業では、外壁塗装、屋根塗装、防水工事、雨漏り補修を気軽に相談できる会社目指し
豊橋市を中心にサービスを展開しております。

外壁をこすった際に手に白い粉が付くのをチョーキング現象と呼びます。
チョーキングは塗装の表面が紫外線や雨風にさらされ、塗膜が劣化して粉状になることで
発生します。チョーキング現象が起こっている場合は塗装の防水性や耐久性が落ちているというサイン
でもあり、塗替え時期の目安になります。
チョーキングが生じている状態で長く放置すると防水性の低下した外壁に雨水が侵入して
水漏れなど様々なトラブルを招くことになります。

チョーキングについては程度によって塗替えの緊急度が変わります。
外壁を触った際に、手に白い粉が薄く付く状態ではそろそろ塗替え検討する時期と
言えます。また手が真っ白になるほど粉がつく状態では塗膜の劣化がかなり進んでいると
言えるため、早急に塗替えが必要であります。

                                       
弊社では『外壁屋根診断』『雨漏り診断』を無料でさせて頂いております。
お気軽にお問い合わせくださいませ。



外壁・屋根塗装のベストシーズンがやってきました!!
この時期は混み合うため、お早目のお問合せお待ちしております。



豊橋市・豊川市で外壁塗装・屋根塗装・防水工事・雨漏り補修の事でお悩みなら、

国家資格の1級塗装技能士がいる河合塗装工業までご相談下さい!

cnt_shindan04.png cnt_shindan05.png 
ft_tel01.png