現場日誌・現場ブログ塗装に関するマメ知識やイベントなど最新情報をお届けします!

HOME > 現場日誌・現場ブログ > スタッフブログ > 外壁・屋根塗装 豊橋市 屋根にはフッ素塗料がオススメです!

外壁・屋根塗装 豊橋市 屋根にはフッ素塗料がオススメです!

スタッフブログ豆知識 2017.07.20 (Thu) 更新

みなさんこんにちは。
外壁塗装・屋根塗装・防水工事専門店の河合塗装工業です。

豊橋市で、地域密着で外壁塗装や屋根塗装、防水工事、雨漏り補修を中心に手掛けております。
河合塗装工業では、外壁塗装、屋根塗装、防水工事、雨漏り補修を気軽に相談できる会社目指し
豊橋市を中心にサービスを展開しております。

 ★フッ素塗料の特徴 

一般的なシリコン塗料の上のグレードになる「フッ素塗料」ですがただ価格が高いだけではなく
耐久性の高さが特徴です。外壁と屋根、両方にフッ素が使われることはまだ少なく、屋根のみフッ素
というような使われ方をします。

フッ素塗料は、塗料の耐久性を決める合成樹脂に蛍石を原料としたフッ素樹脂を使った塗料です。
フッ素は耐久性に非常に優れていて以下の特徴があります。

・非粘着性(汚れを弾きやすい)

・耐薬品性(酸性雨に強い)

・低摩擦性(汚れが滑り落ちやすい)

・耐候性(紫外線に強い)

戸建て住宅では、まだシリコンが主流ですが大型物件や橋ではよく使われます。
例えば「東京スカイツリー」「レインボーブリッジ」「明石大橋」「後楽園ホール」「六本木ヒルズ」には
フッ素塗料が使われています。
このような塗装しにくい構造物は足場の費用や人件費を考えると、戸建てのように10年に1度の
塗装というわけにはいきません。そのため耐久性の高いフッ素が使われることが多いです。
そのくらいフッ素塗料の耐久性は認められています。

 ★戸建の場合・・・・外壁→シリコン・屋根→フッ素の組み合わせ 

屋根は外壁に比べ常に太陽光や雨にさらされているので劣化も早いです。そのため
外壁と屋根を同じシリコンで塗装すると屋根が先に劣化してしまいます。

そこで外壁をシリコン、屋根をフッ素というようにグレードを分けることにより劣化する
タイミングを合わるこの組み合わせが最近は人気です。

※不明な点はお気軽にお問合せください!お待ちしております。

                                       
弊社では『外壁屋根診断』『雨漏り診断』を無料でさせて頂いております。
お気軽にお問い合わせくださいませ。



外壁・屋根塗装のベストシーズンがやってきました!!
この時期は混み合うため、お早目のお問合せお待ちしております。



豊橋市・豊川市で外壁塗装・屋根塗装・防水工事・雨漏り補修の事でお悩みなら、

国家資格の1級塗装技能士がいる河合塗装工業までご相談下さい!

cnt_shindan04.png cnt_shindan05.png 
ft_tel01.png