現場日誌・現場ブログ塗装に関するマメ知識やイベントなど最新情報をお届けします!

HOME > 現場日誌・現場ブログ > スタッフブログ > 外壁・屋根塗装 豊橋市 水性と油性(溶剤)の違い

外壁・屋根塗装 豊橋市 水性と油性(溶剤)の違い

スタッフブログ豆知識 2017.08.21 (Mon) 更新

みなさんこんにちは。
外壁塗装・屋根塗装・防水工事専門店の河合塗装工業です。

豊橋市で、地域密着で外壁塗装や屋根塗装、防水工事、雨漏り補修を中心に手掛けております。
河合塗装工業では、外壁塗装、屋根塗装、防水工事、雨漏り補修を気軽に相談できる会社目指し
豊橋市を中心にサービスを展開しております。

塗料には水を主成分にしたもの(水性)と、溶剤を主成分にしたもの(油性)があります。
それぞれの塗料には特徴(長所と短所)があります。

水性の長所
・保管が容易
・臭いが少ない
・そのまま使える

水性の短所
・油性に比べると耐候性、耐摩耗性が劣る
・気温が低いと施工できない
・鉄部には向かない

油性の長所
・塗料の密着が良い
・耐久性が優れている

油性の短所
・臭いが強い
・保管に注意が必要

最近では水性でも油性に負けないほど性能が向上したものが出ています。
油性塗料では環境にやさしく臭いが抑えられた弱溶剤タイプのものが使われています。

★ご不明な点は塗装専門店にお尋ねくださいませ。

                                       
弊社では『外壁屋根診断』『雨漏り診断』を無料でさせて頂いております。
お気軽にお問い合わせくださいませ。



外壁・屋根塗装のベストシーズンがやってきました!!
この時期は混み合うため、お早目のお問合せお待ちしております。



豊橋市・豊川市で外壁塗装・屋根塗装・防水工事・雨漏り補修の事でお悩みなら、

国家資格の1級塗装技能士がいる河合塗装工業までご相談下さい!

cnt_shindan04.png cnt_shindan05.png 
ft_tel01.png