現場日誌・現場ブログ塗装に関するマメ知識やイベントなど最新情報をお届けします!

HOME > 現場日誌・現場ブログ > スタッフブログ > 外壁・屋根塗装 豊橋市 ボンドブレーカーの必要性

外壁・屋根塗装 豊橋市 ボンドブレーカーの必要性

スタッフブログ豆知識 2017.08.29 (Tue) 更新

みなさんこんにちは。
外壁塗装・屋根塗装・防水工事専門店の河合塗装工業です。

豊橋市で、地域密着で外壁塗装や屋根塗装、防水工事、雨漏り補修を中心に手掛けております。
河合塗装工業では、外壁塗装、屋根塗装、防水工事、雨漏り補修を気軽に相談できる会社目指し
豊橋市を中心にサービスを展開しております。

ボンドブレーカーとは、シーリング材が目地の底の部分に接着することを防ぐために、目地の底に貼る
絶縁テープのことです。
材質にはポリウレタン系・シリコン系などがあり、シーリングの種類によって
使い分けます(シーリングと接着しないように)。

テープ状で厚みがないため、目地が深くない場合に使用されます。
目地が深い場合は、ジョイナーというハット型の部材を目地の底に設置して深さを調整し
ジョイナーにボンドブレーカーを貼り、シーリングします。
ボンドブレーカーとジョイナーを併用しない場合はバックアップ材というスポンジ状で丸や四角の
断面をした詰め物を使います。

※ご不明な点は塗装専門店までお問合せください!



                                       
弊社では『外壁屋根診断』『雨漏り診断』を無料でさせて頂いております。
お気軽にお問い合わせくださいませ。



外壁・屋根塗装のベストシーズンがやってきました!!
この時期は混み合うため、お早目のお問合せお待ちしております。



豊橋市・豊川市で外壁塗装・屋根塗装・防水工事・雨漏り補修の事でお悩みなら、

国家資格の1級塗装技能士がいる河合塗装工業までご相談下さい!

cnt_shindan04.png cnt_shindan05.png 
ft_tel01.png