現場日誌・現場ブログ塗装に関するマメ知識やイベントなど最新情報をお届けします!

HOME > 現場日誌・現場ブログ > スタッフブログ > 外壁・屋根塗装 豊橋市 弱溶剤と強溶剤

外壁・屋根塗装 豊橋市 弱溶剤と強溶剤

スタッフブログ豆知識 2017.09.08 (Fri) 更新

みなさんこんにちは。
外壁塗装・屋根塗装・防水工事専門店の河合塗装工業です。

豊橋市で、地域密着で外壁塗装や屋根塗装、防水工事、雨漏り補修を中心に手掛けております。
河合塗装工業では、外壁塗装、屋根塗装、防水工事、雨漏り補修を気軽に相談できる会社目指し
豊橋市を中心にサービスを展開しております。

塗料の分類方法のひとつに、使用する溶剤(うすめ液)によって決まるものがあります。
水性塗料、弱溶剤塗料、強溶剤塗料の3つです。
塗料の主成分樹脂だけでは塗装ができないので、水や溶剤を混ぜたもので塗装し、
蒸発した後で樹脂が塗装面に密着するということです。

水性塗料はその名のとおり水でうすめて使用します。
弱溶剤は塗装用シンナーとも言われ、石油系炭化水素(灯油に近い)という
成分で構成されています。弱溶剤塗料は一般的に水性に比べると臭いがあり、耐候性・密着性が
やや優れていて、乾きはやや遅いです。現場で使われていることが一番多いタイプです。

強溶剤は、トルエン・キシレンなど芳香族炭化水素と言われるものと、エステル・ケトンなどで構成されている
そうです。ラッカー・シンナーもその1種です。臭いが強いですが、塗膜も強いため、橋やタワーなど絶対
さびてはいけないところに使用します。

※ご不明な点は塗装専門店までお問合せください!


                                       

弊社では『外壁屋根診断』『雨漏り診断』を無料でさせて頂いております。
お気軽にお問い合わせくださいませ。



外壁・屋根塗装のベストシーズンがやってきました!!
この時期は混み合うため、お早目のお問合せお待ちしております。



豊橋市・豊川市で外壁塗装・屋根塗装・防水工事・雨漏り補修の事でお悩みなら、

国家資格の1級塗装技能士がいる河合塗装工業までご相談下さい!

cnt_shindan04.png cnt_shindan05.png 
ft_tel01.png