現場日誌・現場ブログ塗装に関するマメ知識やイベントなど最新情報をお届けします!

HOME > 現場日誌・現場ブログ > スタッフブログ > 外壁・屋根塗装 豊橋市 下塗の役割

外壁・屋根塗装 豊橋市 下塗の役割

スタッフブログ豆知識 2017.10.05 (Thu) 更新

みなさんこんにちは。
外壁塗装・屋根塗装・防水工事専門店の河合塗装工業です。

豊橋市で、地域密着で外壁塗装や屋根塗装、防水工事、雨漏り補修を中心に手掛けております。
河合塗装工業では、外壁塗装、屋根塗装、防水工事、雨漏り補修を気軽に相談できる会社目指し
豊橋市を中心にサービスを展開しております。

塗装には下塗があるのをご存知でしょうか?
塗装における下塗とはおもに塗装の下準備です。
下地との密着効果を高める役割を持っています。

外壁塗装において下塗の作業は塗料を長持ちさせるためにとても重要な作業になります。
錆止め等の工程もこの下塗に含まれます。

下塗をする前に高圧洗浄やケレンといった外壁のひび割れや欠損の修正作業をすることが一般的です。
事前にこれらの作業で錆止めを落とすことによりスムーズに下塗を行うことができます。
こうした下地のしっかりとした施工も塗料を長持ちさせる大切ポイントと言えるのです。
下塗をしっかりしている業者としていない業者では今後の大きな差が生まれます。

塗装専門店へ依頼する際には是非とも抑えておきたいポイントの一つです。


ご不明な点は塗装専門店までお問合せください!



                                       
弊社では『外壁屋根診断』『雨漏り診断』を無料でさせて頂いております。
お気軽にお問い合わせくださいませ。



外壁・屋根塗装のベストシーズンがやってきました!!
この時期は混み合うため、お早目のお問合せお待ちしております。



豊橋市・豊川市で外壁塗装・屋根塗装・防水工事・雨漏り補修の事でお悩みなら、

国家資格の1級塗装技能士がいる河合塗装工業までご相談下さい!

cnt_shindan04.png cnt_shindan05.png 
ft_tel01.png