現場日誌・現場ブログ塗装に関するマメ知識やイベントなど最新情報をお届けします!

HOME > 現場日誌・現場ブログ > スタッフブログ > 外壁・屋根塗装 豊橋市 シーリングの役割

外壁・屋根塗装 豊橋市 シーリングの役割

スタッフブログ豆知識 2017.10.24 (Tue) 更新

みなさんこんにちは。
外壁塗装・屋根塗装・防水工事専門店の河合塗装工業です。

豊橋市で、地域密着で外壁塗装や屋根塗装、防水工事、雨漏り補修を中心に手掛けております。
河合塗装工業では、外壁塗装、屋根塗装、防水工事、雨漏り補修を気軽に相談できる会社目指し
豊橋市を中心にサービスを展開しております。

シーリングとは壁やサッシなどの隙間を埋めている防水材のことです。
シーリングは外壁材の収縮やよじれを吸収しつつ雨水等の侵入を防ぐ役割を持っています。

しかしシーリングの伸縮率より大きな収縮やよじれ、経年劣化によって硬くなってきます。
そうなってしまうとシーリングの役割が果たせなくなります。

シーリングの耐用年数が概ね10年と言われています。
表面に塗装などがある場合とそうでない場合によって変わりますが
塗替え周期ごとに見直すことをオススメします。


ご不明な点は塗装専門店までお問合せください!



                                       
弊社では『外壁屋根診断』『雨漏り診断』を無料でさせて頂いております。
お気軽にお問い合わせくださいませ。



外壁・屋根塗装のベストシーズンがやってきました!!
この時期は混み合うため、お早目のお問合せお待ちしております。



豊橋市・豊川市で外壁塗装・屋根塗装・防水工事・雨漏り補修の事でお悩みなら、

国家資格の1級塗装技能士がいる河合塗装工業までご相談下さい!

cnt_shindan04.png cnt_shindan05.png 
ft_tel01.png