現場日誌・現場ブログ塗装に関するマメ知識やイベントなど最新情報をお届けします!

HOME > 現場日誌・現場ブログ > スタッフブログ > 外壁・屋根塗装 豊橋市 外壁塗装時の臭いの原因

外壁・屋根塗装 豊橋市 外壁塗装時の臭いの原因

スタッフブログ豆知識 2017.11.30 (Thu) 更新

みなさんこんにちは。
外壁塗装・屋根塗装・防水工事専門店の河合塗装工業です。

豊橋市で、地域密着で外壁塗装や屋根塗装、防水工事、雨漏り補修を中心に手掛けております。
河合塗装工業では、外壁塗装、屋根塗装、防水工事、雨漏り補修を気軽に相談できる会社目指し
豊橋市を中心にサービスを展開しております。

外壁塗装を含め、塗装工事に伴う臭いは有機溶剤といわれるものが原因です。
一般に油性塗料と呼ばれる塗料はシンナーなどの有機溶剤でうすめなければいけません。
油性塗料そのものは強い臭いがありますが、その塗料をさらに強い臭いがあるシンナーなどで
うすめるのです。油性塗料は臭いが強いため、室内の塗装には使用しません。

油性塗料のメリット

油性塗料はなぜ外壁塗装で使用することが多いのでしょうか。
耐久性が強いのがその理由のひとつです。外壁は特に雨風にあたるため耐久性が強く求められます。
塗料の耐久性が弱いなら直接下地の壁材や家屋そのものが雨風にあたってダメージを受けるのです。
また、塗料がしっかりと壁材に密着するのも油性塗料のメリットです。油性塗料はそのままでは粘着性が高く
塗装するときはシンナーでうすめなければいけません。また塗装のために使用するローラーやはけ、塗装缶
などもシンナーで洗浄する必要があるのです。

臭いが少ない塗料・・・水性塗料

水性塗料は、油性塗料と比べると臭いが激減します。水性塗料の場合は、臭いが少ないため
室内の塗料としての使用も可能です。また水性塗料をうすめるときはシンナーが必要ではなく
水でうすめます。塗料の価格も油性塗料より安いため、価格面でのメリットもあります。
水性塗料の耐久性は以前は油性塗料より低かったのですが水性塗料も現在進歩しており外壁塗装としても
おすすめできる塗料も増えています。
そのため油性塗料の臭いが気になり施工の選択として可能であるなら水性塗料を選択するのも
おすすめです。



ご不明な点は塗装専門店までお問合せください!

この度、河合塗装工業は11月11日(土)

外壁・屋根塗装専門ショールームをオープン致しました!!

「気軽に塗装のことが相談できる」 「塗装のことが体感できる」といった塗装に特化した

ショールームとなっております。お気軽ご来店くださいませ。

変換 ~ 店舗外観1.jpg      変換 ~ 店舗内装2.jpg

河合塗装工業 ショールーム

豊橋市西岩田五丁目9-14 1F



                                       
弊社では『外壁屋根診断』『雨漏り診断』を無料でさせて頂いております。
お気軽にお問い合わせくださいませ。



外壁・屋根塗装のベストシーズンがやってきました!!
この時期は混み合うため、お早目のお問合せお待ちしております。



豊橋市・豊川市で外壁塗装・屋根塗装・防水工事・雨漏り補修の事でお悩みなら、

国家資格の1級塗装技能士がいる河合塗装工業までご相談下さい!

cnt_shindan04.png cnt_shindan05.png 
ft_tel01.png