現場日誌・現場ブログ塗装に関するマメ知識やイベントなど最新情報をお届けします!

HOME > 現場日誌・現場ブログ > スタッフブログ > 外壁・屋根塗装 豊橋市 クーリングオフ制度

外壁・屋根塗装 豊橋市 クーリングオフ制度

スタッフブログ豆知識 2018.02.23 (Fri) 更新

みなさんこんにちは。
外壁塗装・屋根塗装・防水工事専門店の河合塗装工業です。

豊橋市で、地域密着で外壁塗装や屋根塗装、防水工事、雨漏り補修を中心に手掛けております。
河合塗装工業では、外壁塗装、屋根塗装、防水工事、雨漏り補修を気軽に相談できる会社目指し
豊橋市を中心にサービスを展開しております。

先日、お客様より訪問販売で来た業者さんとの契約を「クーリングオフ」したいというご相談を受けました。
訪問販売で営業に来た塗装業者と契約を取り交わした場合、契約日から8日以内でしたら
「クーリングオフ」つまり契約解除ができます。

契約書.jpg

クーリングオフとは契約した後、再検討する時間を消費者に与え無条件で契約を解除できる
制度の事を言います。
一度契約が成立するとお互いに契約を守るのが原則ですがこの原則に例外を設けたのが
「クーリングオフ制度」になります。

※クーリングオフが出来る条件

・訪問販売で契約した
・契約日から8日以内であること
・契約解除(クーリングオフ)通知を書面による手続きで行った場合
  (電話での申し出はできません)

※以下の場合、期間を過ぎてもクーリングオフが出来るケース

・契約書などに法律で決められたとおりにクーリングオフ制度についての注意書きがしていない
 などの不備がある場合。通常は赤字で記載されています。
・業者が「クーリングオフできない」とうそを言ったために出来ないものだと誤解をして
 期間が過ぎてしまった場合。
・業者がクーリングオフをさせないように威圧的に契約した場合。

訪問販売業者は特定商取引法の規制対象なので契約の際のルール等が細かく取り決めされて
います。それらを守らなった場合は、クーリングオフ制度の取り決め期間は関係なくなります。
一方でクーリングオフが出来ないケースもあります。

※クーリングオフが出来ないケース

・お施主様が自分で業者を呼んだり、店舗へ行って契約を行った場合。
・3,000円未満の現金取引や消費すると商品価値が無くなってしまう商品。
・正規の契約書で契約を行い、その後クーリングオフの期間が過ぎてしまった場合。



不明な点はお気軽にお問い合わせくださいませ。

関西ペイントのリフォームサミット店、『プラチナ会員』に選ばれました!!

変換 ~ !cid_6B57BDF5-9A91-4AFF-82B9-BFE1F144189F.jpg

関西ペイントに提案力・技術力が認められ選ばれたお店「リフォームサミット店」しか扱えない
「リフォームサミット店専用塗料」を使用し、一般的な塗料よりも高品質な塗料でお客様に
より良い外壁塗装・住宅塗装をお届けするために日々努力しきたことが認められました。
これからもさらに頑張りますのでよろしくお願いいたします。

この度、河合塗装工業は11月11日(土)

外壁・屋根塗装専門ショールームをオープン致しました!!

「気軽に塗装のことが相談できる」 「塗装のことが体感できる」といった塗装に特化した

ショールームとなっております。お気軽ご来店くださいませ。

変換 ~ 店舗外観1.jpg      変換 ~ 店舗内装2.jpg

河合塗装工業 ショールーム

豊橋市西岩田五丁目9-14 1F



                                       
弊社では『外壁屋根診断』『雨漏り診断』を無料でさせて頂いております。
お気軽にお問い合わせくださいませ。



外壁・屋根塗装のベストシーズンがやってきました!!
この時期は混み合うため、お早目のお問合せお待ちしております。



豊橋市・豊川市で外壁塗装・屋根塗装・防水工事・雨漏り補修の事でお悩みなら、

国家資格の1級塗装技能士がいる河合塗装工業までご相談下さい!

cnt_shindan04.png cnt_shindan05.png 
ft_tel01.png