現場日誌・現場ブログ塗装に関するマメ知識やイベントなど最新情報をお届けします!

HOME > 現場日誌・現場ブログ > 新着情報 > 『スレート屋根』外壁・屋根塗装 豊橋市 

『スレート屋根』外壁・屋根塗装 豊橋市 

みなさんこんにちは。
外壁塗装・屋根塗装・防水工事専門店の河合塗装工業です。

 

 

 

 

豊橋市で、地域密着で外壁塗装や屋根塗装、防水工事、雨漏り補修を中心に手掛けております。
河合塗装工業では、外壁塗装、屋根塗装、防水工事、雨漏り補修を気軽に相談できる会社目指し
豊橋市を中心にサービスを展開しております。

 

 

 

 

スレート屋根とは

カラー展開豊富!軽くて人気の屋根材です

スレートは厚さ約2~5㎜程度の屋根材です。
カラー展開が多いため設計がしやすく、重量も軽いなどの理由で一気に普及したと言われています。
よく「カラーベスト」「コロニアル」と言われることがありますが、これはもともとスレート材の商品名で
シェアや人気度の高さから代名詞として使われているものです。

 

         

 

 

2004年以前に作られたスレート屋根は強度を出すためにアスベストをセメントで固めて作られたものが
大半を占めています。
しかしアスベストによる健康被害が注目され始め、これにより1993年には含有量を5%以下にすることが
定められ、2004年にはアスベストの使用が全面的に禁止になりました。
現在(2004年以降)作られているスレート屋根にはアスベストは含まれていません。
安心ではありますが、その分強度や寿命は下がっています。

 

 

 

スレート屋根のメリット

①経済的である
天然スレートなど一部高価なスレートもありますがほとんどのスレート材が比較的安価です。

②軽くて、強い(アスベスト含の場合)
スレート材は非常に軽いのが特徴でありながらアスベストを含んでいる場合は素材そのものの
強度が強いものが多いです。

③耐火性・耐熱性に優れている
燃えにくく、熱伝導率が低い素材を使用しています。

④施工がしやすい
施工がしやすいため、複雑な家の屋根にも適しています。

⑤色が豊富
カラーバリエーションが豊かなので、好みの屋根色を実現できます。

 

 

スレート屋根のデメリット

①細かなメンテナンスが必要
表面劣化が起こりやすく、こまめなメンテナンスが必要です。

②トータルコストに不安
メンテナンスを繰り返すうちにコストがかさむこともあります。

③アスベスト問題
アスベストを含んでいる場合、葺き替え時などに処分費用がかかります。
反対にアスベストを含まない場合は、メンテナンスのスパンが短くなるという
デメリットがあります。

④デザイン性に乏しい
板状の屋根材ですのですっきりとしたデザインは得意ですがその他のデザイン性には乏しいと
言われます。

スレート屋根は定期的なメンテナンスが必要です。放っておくと屋根材の下地が傷み雨漏りなどを
引き起こします。築10年を過ぎたら早めの塗替えをオススメします。

 

 

 


外壁・屋根塗装・防水工事・雨漏り等、
気になることがございましたらお気軽にご相談くださいませ。
お待ちしております。

豊橋市・豊川市で外壁塗装・屋根塗装・防水工事・雨漏り補修の事でお悩みなら、

国家資格の1級塗装技能士がいる河合塗装工業までご相談下さい!

cnt_shindan04.png cnt_shindan05.png 
ft_tel01.png