現場日誌・現場ブログ塗装に関するマメ知識やイベントなど最新情報をお届けします!

HOME > 現場日誌・現場ブログ > 新着情報 > 『粘土瓦のメンテナンス』 外壁・屋根塗装 豊橋市

『粘土瓦のメンテナンス』 外壁・屋根塗装 豊橋市

みなさんこんにちは。
外壁塗装・屋根塗装・防水工事専門店の河合塗装工業です。

 

 

 

 

豊橋市で、地域密着で外壁塗装や屋根塗装、防水工事、雨漏り補修を中心に手掛けております。
河合塗装工業では、外壁塗装、屋根塗装、防水工事、雨漏り補修を気軽に相談できる会社目指し
豊橋市を中心にサービスを展開しております。

 

 

 

 

メンテナンスフリーと言われる粘土瓦ですが剥がれたり、割れたりした場合には
修繕が必要です。漆喰部分は15年を目安にメンテナンスを行いましょう。

             

 

メンテナンスフリーの粘土瓦


現在、住宅の屋根材として最も多く使われている粘土瓦は
日本に古くから伝わる伝統的な屋根材です。
粘土瓦は粘土をを100℃以上の高温で焼き固めたもので
瓦自体の寿命は50年とも100年ともいわれています。
耐久性に優れ、定期的な塗り替えの必要もない粘土瓦は
メンテナンスフリーの屋根材です。

 

 

 

 

不具合を見つけたら早めに修繕を

 


メンテナンスフリーとはいえ、状況によっては修繕が必要です。
瓦屋根は地震や強風で瓦が浮いたり、ずれたり、剥がれたりすることが
あります。また、飛来物が当たるなどして割れたりすることも。
万が一、瓦が落下すると非常に危険です。
また、そのままの状態で放置すると、雨漏りの原因になることもあります。
瓦は一枚から交換が可能なので、不具合をみつけたら速やかに修繕を行いましょう。

 

 

 

    

 

 

 

 

漆喰部分は定期的に点検を

 

 

一方、漆喰部分は定期的なメンテナンスが必要です。
漆喰は屋根の棟や軒などに使用され、雨水を防いだり、隙間を埋めたりするのに
使われます。瓦の下に使って接着剤のような役割を果たすこともあります。
築15年を経過すると少しずつ漆喰の剥がれが発生します。漆喰が剥がれても
すぐに雨漏りにつながることはありませんが、放置すると瓦がずれたり、雨漏りの
原因になることもあります。
15~20年を目安に漆喰の点検・補修を行いましょう。

 

 

 

 

    

 

    

 

 

           



ご不明な点は塗装専門店までお問合せください!

 

 

 

 

         

変換 ~ 店舗外観1.jpg      変換 ~ 店舗内装2.jpg

河合塗装工業 ショールーム

豊橋市西岩田五丁目9-14 1F



                                       
弊社では『外壁屋根診断』『雨漏り診断』を無料でさせて頂いております。
お気軽にお問い合わせくださいませ。



外壁・屋根塗装のベストシーズンがやってきました!!
この時期は混み合うため、お早目のお問合せお待ちしております。



豊橋市・豊川市で外壁塗装・屋根塗装・防水工事・雨漏り補修の事でお悩みなら、

国家資格の1級塗装技能士がいる河合塗装工業までご相談下さい!

cnt_shindan04.png cnt_shindan05.png 
ft_tel01.png