現場日誌・現場ブログ塗装に関するマメ知識やイベントなど最新情報をお届けします!

HOME > 現場日誌・現場ブログ > 新着情報 > 『防水工事の種類』外壁塗装・屋根塗装 豊川市 

『防水工事の種類』外壁塗装・屋根塗装 豊川市 

みなさんこんにちは。
外壁塗装・屋根塗装・防水工事専門店の河合塗装工業です。

 

 

 

豊橋市で、地域密着で外壁塗装や屋根塗装、防水工事、雨漏り補修を中心に手掛けております。
河合塗装工業では、外壁塗装、屋根塗装、防水工事、雨漏り補修を気軽に相談できる会社目指し
豊橋市を中心にサービスを展開しております。

 

 

 

 

雨漏りの原因として多いのがベランダや屋上です。
もともと水が溜まりやすい造りになっているので
防水処理がしっかりされていなかったり
破損があると雨漏りにつながりやすくなります。

 

 

 

        

 

 

 


住宅で雨漏りが起こると、家自体が傷みやすくなり、カビが発生したり
シロアリが湧きやすくなってしまったり、家具や家電などの家財が壊れてしまったりと
被害が大きくなってしまいます。
それらを防ぐために防水工事をしっかりされることをおすすめします。
防水工事にも種類があります。

 

 

 

 

 


・ウレタン防水工事
学校の屋上などの公共施設にもよく使われる防水処理です。
ウレタンゴムを溶かした液を流し、入れ固めるので
いろいろな形に対応しやすいという特徴があります。
しっかりとした防水効果を確保するには下地の補修や密着性を高める下塗り剤の塗布、
厚みの確保が重要になります。
ウレタンゴムが固まったら表面にトップコートを塗ってしあげます。

 

 

 

 


・FRP防水
近年では一般家庭のベランダ防水に最も多く使われる工法です。
液状のポリエステル樹脂に硬化剤を加えてガラス繊維と組み合わせて
一体にした防水工法です。
ウレタンより硬いのが特徴で軽くて劣化に強いという特徴があります。
デメリットとしては紫外線に弱く、ひび割れが起きやすいため
トップコートの塗り替えはこまめに行うのがおすすめです。

 

 

 

 


・シート防水
塩化ビニールやゴム製のシートを施工箇所に接着する防水工事です。
通気性はないので、すでに雨漏りしてしまっている箇所には向きません。
鳥につつかれたり、外からの刺激で傷みやすいというデメリットがあります。
破れたり浮いていたりしたら交換のサインです。

 

 

 

 


防水工事にも種類があり、それぞれ施工の向き・不向きや
メリット・デメリットがあります。
お気軽にご相談ください。

 

 

      

 

          


不明な点はお気軽にお問い合わせくださいませ。

      

変換 ~ 店舗外観1.jpg      変換 ~ 店舗内装2.jpg

河合塗装工業 ショールーム

豊橋市西岩田五丁目9-14 1F



                                       
弊社では外壁屋根診断』『雨漏り診断を無料でさせて頂いております。
お気軽にお問い合わせくださいませ。




豊橋市・豊川市で外壁塗装・屋根塗装・防水工事・雨漏り補修の事でお悩みなら、

国家資格の1級塗装技能士がいる河合塗装工業までご相談下さい!

cnt_shindan04.png cnt_shindan05.png 
ft_tel01.png