現場日誌・現場ブログ塗装に関するマメ知識やイベントなど最新情報をお届けします!

HOME > 現場日誌・現場ブログ > 新着情報 > 外壁塗装・屋根塗装 豊橋市 『付帯部塗装は必要?』

外壁塗装・屋根塗装 豊橋市 『付帯部塗装は必要?』

みなさんこんにちは。
外壁塗装・屋根塗装・防水工事専門店の河合塗装工業です。

 

 

 

 

豊橋市で、地域密着で外壁塗装や屋根塗装、防水工事、雨漏り補修を中心に手掛けております。
河合塗装工業では、外壁塗装、屋根塗装、防水工事、雨漏り補修を気軽に相談できる会社目指し
豊橋市を中心にサービスを展開しております。

 

 

 

 

外壁塗装の見積書などで目にする「付帯部塗装」という項目ですが
具体的にどの箇所なのか、塗装が必要なのかと疑問に思われるかと思います。
外壁塗装において塗装箇所は、外壁のみで問題ないよう
に思えますが
外壁塗装と一緒に付帯部塗装を提案してくる業者さんが多いのではないでしょうか。

 

 

 

 

付帯部とは住宅の外壁と屋根以外の部分を指します。
具体的に言いますと、「軒天・雨樋・雨戸・戸袋・破風・鼻隠し」といった
部分になります。これらをまとめて付帯部と言われていますが
それぞれ材質が異なり、塗装を行う目的も異なります。

 

 

 

 

軒天

 

 

軒天とは軒下から真上を見た際にある天井のことを言います。
軒天は隠れた位置の部分を指しますので外からは確認しずらい箇所になります。
軒天の塗装は美観が目的ではなく劣化を防ぐという目的で行います。
軒天は位置の関係上、雨風による湿気や雨水が溜まりやすい箇所となっており
陽は当たりにくいのですが気づかないうちに劣化が進んでしまいます。
軒天の劣化が進むと、シミや色褪せ・カビやコケといった症状が生じてしまいます。
外壁塗装と一緒に塗装をする必要があります。

 

 

 

雨樋

 

雨樋には屋根から流れてくる雨を集めて流す働きがあります。
この雨樋は、屋根の先端を取り囲むように備え付けられており塩ビ素材の
場合が多いので、傷が付いたり破損が生じない限り劣化することはありません。
外からよく見える位置にあるため美観を保つために塗装を行います。
外壁塗装をだけをした場合、雨樋の汚れがとても目立ちます。
仕上がりを見て雨樋の塗装を追加したお客様もいらっしゃいます。
色によっては建物のアクセントになり、印象もガラリとかわります。

 

 

 

 

雨戸・戸袋

雨戸・戸袋は夜寝るときにしか閉めないという理由から
塗装をされないお客様がいますが、金属で出来ていますので
サビが生じそこから
穴が空いてしまいます。
穴が空いてしまってから取り替えるとなると
費用が高くなってしまいます。
外壁塗装と同時に行うことをオススメします。

 

 

 

破風板・鼻隠し 

破風板・鼻隠しは屋根の先端を守る役割があります。
ここは屋根板の内部に雨水を侵入させないことを目的としておりますので
塗装をしっかりと施さなければならない箇所になります。
破風板と鼻隠しは雨風にさらされるので防水を怠ってしまうと劣化がどんどん
進んでしまいます。

 

 

 

 


  不明な点はお気軽にお問い合わせくださいませ。

 

 

 

 

変換 ~ 店舗外観1.jpg      変換 ~ 店舗内装2.jpg

河合塗装工業ショールームのご案内
 ショールームには皆様が実際に見て触れて頂けるものをご用意しております。

ご相談・お問い合わせはお気軽に!!
 御見積り依頼、各種診断、不明な点等、お気軽にどうぞ。
 お待ちしております。

河合塗装工業の施工事例集
 「外壁塗装・屋根塗装を考えているけどイメージがわかない・・・」
 そんな方は河合塗装工業が施工させて頂いたお宅をご覧ください!

「屋根・外壁診断」は河合塗装工業におまかせください!
 まずはお家の劣化状況をしっかりと把握しましょう。
 河合塗装工業ではご相談・現地調査・お見積り提出まで無料でさせて頂きます!

河合塗装工業の雨漏り診断                                    
 雨漏りのプロが原因を特定します。
 お家の状況に合わせた納得のご提案をさせて頂きます。




豊橋市・豊川市で外壁塗装・屋根塗装・防水工事・雨漏り補修の事でお悩みなら、

国家資格の1級塗装技能士がいる河合塗装工業までご相談下さい!

cnt_shindan04.png cnt_shindan05.png 
ft_tel01.png