現場日誌・現場ブログ塗装に関するマメ知識やイベントなど最新情報をお届けします!

HOME > 現場日誌・現場ブログ > 新着情報 > モニエル瓦ってなに!?

モニエル瓦ってなに!?

豊橋市 河合塗装工業の岡田です。

現場管理を担当しております。

皆さん、屋根が瓦でも塗装が必要ってご存知でしょうか?
瓦と一言で言っても種類がいくつかあるんです。
・粘土瓦
・陶器瓦
・セメント瓦
などですが、この中でセメント瓦は塗装などのメンテナンスが必要になってくるんです。
セメント瓦の中でも、今回は、「モニエル瓦」についてご紹介します。
私は入社して間もないですが、何度かモニエル瓦の現場に遭遇しており、モニエル?ムニエル?って言う言葉が塗装現場で飛び交うので、気になって調べてみました。
モニエル瓦は、セメント瓦の一種で正式には乾式コンクリート瓦と呼ばれている瓦との事です。(※やはりムニエルではなくモニエルでした)
  
古来の日本の粘土瓦と比べると、軽量のため耐震性があり、断熱性も兼ね備え、更にお洒落なデザインもあって屋根材としては非常に優秀なようです。
モニエル瓦は様々な形状、色彩のものがありますが、長年の紫外線と雨風により、表面のスラリー層という着色層が劣化してくるそうです。遠くから見てなんだか色あせてきたなーと感じたら劣化のサインなんだそうです。表面の塗膜が劣化すると厄介です。防水性が失われセメント自体が水分を吸い膨張し乾くと収縮することによって、放っておくとヒビや割れが生じることもあるのです。
なんだか不安にさせる事ばかり言ってすみません!!
ご安心ください。ちゃんと定期にメンテナンスすれば長く使えます。
ただし、モニエル瓦の塗装は注意が必要です。
正しい施工をしなければせっかくの塗装も長持ちしません。
ポイントは3つ、
1つ、は表面のスラリー層や長年のカビ等の洗浄をしっかり行う
2つ、下地処理をしっかり行う
3つ、適切な塗料を使用する
劣化したモニエル瓦は塗料を吸いたがるので何層にも渡って塗料を塗らなければ、上塗りの塗料がしっかり密着しません。
河合塗装工業では最低4層塗ります(現場の状況により増やします)
とは言っても、モニエル瓦かどうかなんて、なかなか見分けが付かないですよね。
弊社では、豊橋市、豊川市においてモニエル瓦の施工実績が多数ありますので、少しでも気になる方はお気軽にお問い合わせ下さい。
今後ともよろしくお願い致します。

不明な点はお気軽にお問い合わせくださいませ。
    

変換 ~ 店舗外観1.jpg      変換 ~ 店舗内装2.jpg

河合塗装工業 ショールーム

豊橋市西岩田五丁目9-14 1F

河合塗装工業ショールームのご案内
 ショールームには皆様が実際に見て触れて頂けるものをご用意しております。

ご相談・お問い合わせはお気軽に!!
 御見積り依頼、各種診断、不明な点等、お気軽にどうぞ。
 お待ちしております。

河合塗装工業の施工事例集
 「外壁塗装・屋根塗装を考えているけどイメージがわかない・・・」
 そんな方は河合塗装工業が施工させて頂いたお宅をご覧ください!

「屋根・外壁診断」は河合塗装工業におまかせください!
 まずはお家の劣化状況をしっかりと把握しましょう。
 河合塗装工業ではご相談・現地調査・お見積り提出まで無料でさせて頂きます!

河合塗装工業の雨漏り診断                                    
 雨漏りのプロが原因を特定します。
 お家の状況に合わせた納得のご提案をさせて頂きます。