現場日誌・現場ブログ塗装に関するマメ知識やイベントなど最新情報をお届けします!

HOME > 現場日誌・現場ブログ > 新着情報 > 「後打ちシーリング」後の補修塗り(豊橋市豊川市田原市蒲郡市…

「後打ちシーリング」後の補修塗り(豊橋市豊川市田原市蒲郡市 屋根外壁塗装専門 河合塗装工業)

こんにちは。
豊橋市の河合塗装工業の岡田です。
現場管理を担当しております。

先日、後打ちシーリング後の補修塗りを行ってきました。
後打ちシーリングとは、塗装後にシーリングを打つ工法の事を言い、外壁の色に合わせたシーリング材を使用します(化粧シーリング)。
主には、塗装する塗料が無機塗料の場合やクリヤー塗料の場合にシーリングを後打ちにします。
(無機塗料の場合、シーリング材硬化時の収縮に追従出来ず塗膜が割れる可能性がある、クリヤー塗料の場合、塗膜が割れた際に外観を損ねるなどのリスクがあるため)
この後打ちシーリングの場合、以下の注意点があります。
◎シーリングが塗装で保護されないため、高耐候性のシーリング材を使用する必要がある
◎外壁色に合わせたシーリング材を選ぶ必要があり、色の選定が難しく、シーリング材の種類によっては外壁に合う色が無い場合もある。
◎既存シーリング撤去時に、塗装した塗膜が剥がれるため、補修塗りが必要
三つ目にあげた欠点である、塗装した塗膜が剥がれた様子が下の写真です。
既存シーリング撤去の際は、カッターで切り込みを入れて引っ張りながら撤去しますが、その時に塗膜が一緒に引っ張られて剥がれる箇所がどうしても出てきてしまいます。
そのため、後打ちシーリングの後は必ず補修塗りを行います。
補修後の様子です。
無機塗料やクリヤー塗料の場合は、後打ちシーリングを採用しますが、このようなリスクは必ず事前に説明をさせて頂いております。
もし、後打ちシーリングをする場合は、後で補修塗りをしてくれるかどうか確認をする事をおすすめします。

少しでも気になるようでしたら、お気軽にお問い合わせ下さい。   
河合塗装工業は、東三河(豊橋市、豊川市、田原市)を中心に施工を行っております。

今後ともよろしくお願い致します。

不明な点はお気軽にお問い合わせくださいませ。
    

変換 ~ 店舗外観1.jpg      変換 ~ 店舗内装2.jpg

河合塗装工業 ショールーム

豊橋市西岩田五丁目9-14 1F

河合塗装工業ショールームのご案内
 ショールームには皆様が実際に見て触れて頂けるものをご用意しております。

ご相談・お問い合わせはお気軽に!!
 御見積り依頼、各種診断、不明な点等、お気軽にどうぞ。
 お待ちしております。

河合塗装工業の施工事例集
 「外壁塗装・屋根塗装を考えているけどイメージがわかない・・・」
 そんな方は河合塗装工業が施工させて頂いたお宅をご覧ください!

「屋根・外壁診断」は河合塗装工業におまかせください!
 まずはお家の劣化状況をしっかりと把握しましょう。
 河合塗装工業ではご相談・現地調査・お見積り提出まで無料でさせて頂きます!

河合塗装工業の雨漏り診断                                    
 雨漏りのプロが原因を特定します。
 お家の状況に合わせた納得のご提案をさせて頂きます。