現場日誌・現場ブログ塗装に関するマメ知識やイベントなど最新情報をお届けします!

HOME > 現場日誌・現場ブログ > スタッフブログ > 無料雨漏り診断 豊川市

無料雨漏り診断 豊川市

スタッフブログ豆知識 2016.11.18 (Fri) 更新

みなさんこんにちは。
外壁塗装・屋根塗装・防水工事専門店の河合塗装工業です。

豊橋市で、地域密着で外壁塗装や屋根塗装、防水工事、雨漏り補修を中心に手掛けております。
河合塗装工業では、外壁塗装、屋根塗装、防水工事、雨漏り補修を気軽に相談できる会社目指し
豊橋市を中心にサービスを展開しております。

皆さま、雨漏りでお困りではありませんか?
雨漏りを放っておくと家の寿命や家族の健康にも影響してきます。
河合塗装工業では『無料雨漏り診断』をさせて頂いております。


※雨漏りチェックポイント※

《瓦屋根は割れていないかチェック》
瓦の欠けや割れなどがないか見て、もしあればその瓦を取り替えます。
地震などによる瓦のズレも雨漏りの原因になります。また1番上の棟瓦は
漆喰で接着されていますが古くなるとはがれてくることがあります。
はがれた漆喰は全部取って新しく詰めなおします。ただし多く塗りすぎても
雨漏りにつながるので注意が必要です。

《スレート屋根は寿命が目安》
スレート材は化粧スレートと呼ばれセメントと繊維で作られています。
屋根自体の寿命は10年から15年ほどで、色褪せ寿命は20年ほどだそうです。
劣化するとヒビが入ったりサビたりして雨漏りの原因になります。
寿命を迎えたスレートは再塗装をしても耐久性はあまり伸びないので葺き替えるのが
おすすめです。また屋根の頂部の棟板金の外れも雨漏りの原因の1つです。

《トタン屋根はサビに注意》
最近は耐久性の高いガルバリウム鋼板に人気が集まっています。
トタン屋根の雨漏りの原因は主に劣化によるサビで継ぎ目あたりで穴が開き
雨水が入ることが多いそうです。できればサビが出る前に塗替えをするのが
理想的です。

《平らな陸屋根》
陸屋根は三角の屋根のように雨が自然に下に落ちないので緩やかに勾配を付け
雨水を端に集め、雨樋で地面に落とします。床の防水面に亀裂やはがれなどがないか
チェックします。
よくあるウレタン防水は寿命が13年ほどです。またパラペットの立上り部分のコーキングの
劣化も雨漏りの原因の1つです。

《ベランダは定期的にチェックしましょう》
ベランダは陸屋根と同じです。水が下に流れるように勾配や排水が
機能しているか確認しましょう。
排水口がごみや落ち葉などで詰まっていたら下に水が流れないので
定期的に掃除しましょう。
ベランダ床面の防水シートなどの劣化や壁との境界部分のコーキングの
はがれも雨漏りにつながります。

《サッシは隙間がないか目視》
窓などのサッシ廻りも雨がしみ込みやすい箇所の1つです。
最近の住宅は軒の出が短いものが多いので雨水が吹き込みやすく
なっています。
壁とサッシの間のシーリングは約10年で劣化しはがれることもあります。

初期の雨漏りなら修理代も応急処置程度ですむことがあります。
被害が進むと屋根の下地材貼り替え、屋根裏、内装の工事も
大掛かりになり、費用の負担も増えます。
早めの対策が必要ですね。

外壁・屋根塗装・防水工事・雨漏り等、
気になることがございましたらお気軽にご相談くださいませ。
お待ちしております。

豊橋市・豊川市で外壁塗装・屋根塗装・防水工事・雨漏り補修の事でお悩みなら、

国家資格の1級塗装技能士がいる河合塗装工業までご相談下さい!
cnt_shindan04.png cnt_shindan05.png 
ft_tel01.png