現場日誌・現場ブログ塗装に関するマメ知識やイベントなど最新情報をお届けします!

HOME > 現場日誌・現場ブログ > スタッフブログ > 外壁・屋根塗装のご相談 豊橋市 ~ガルバリウム②~

外壁・屋根塗装のご相談 豊橋市 ~ガルバリウム②~

スタッフブログ豆知識 2017.01.11 (Wed) 更新

みなさんこんにちは。
外壁塗装・屋根塗装・防水工事専門店の河合塗装工業です。

豊橋市で、地域密着で外壁塗装や屋根塗装、防水工事、雨漏り補修を中心に手掛けております。
河合塗装工業では、外壁塗装、屋根塗装、防水工事、雨漏り補修を気軽に相談できる会社目指し
豊橋市を中心にサービスを展開しております。

前回ガルバリウムの特性をご説明させて頂きましたがガルバリウムも残念ながら万能ではありません。
デメリットもありますので認識しておきましょう。

①サビの原因となるキズの付きやすさ
特に運搬時や工事を行っている際に傷が付きやすいです。厚み自体が非常に薄く(0.3㎜~0.5㎜程度)、塗装層・保護層も
また非常に薄いことが要因とされ凹みやすくデリケートな扱いが必要な外壁材なのです。
キズが付くとその箇所からサビが発生しやすくなります。

②耐熱性はあるが断熱性はない!?
各メーカーにおいて「ガルバリウムは耐熱性や熱反射性に優れている」と表現されたりします。
表面温度・屋内温度も高くなりにくくアルミメッキ鋼板(自動車のマフラー、焼却炉、ボイラーなどに
使用されている)に近い耐熱性をもっています。
しかし断熱性はほぼない、ということです。ガルバリウムは薄くその物自体に断熱機能は備わって
いません。
外壁であるガルバリウムと内壁の間に断熱材を適宜張ることにより断熱機能を持たせることが
できます。

弊社では地域密着で外壁塗装、屋根塗装、防水工事、雨漏り補修を気軽に相談できる会社目指し
豊橋市を中心にサービスを展開しております。


外壁・屋根塗装・防水工事・雨漏り等、
気になることがございましたらお気軽にご相談くださいませ。
お待ちしております。

豊橋市・豊川市で外壁塗装・屋根塗装・防水工事・雨漏り補修の事でお悩みなら、

国家資格の1級塗装技能士がいる河合塗装工業までご相談下さい!

cnt_shindan04.png cnt_shindan05.png 
ft_tel01.png