現場日誌・現場ブログ塗装に関するマメ知識やイベントなど最新情報をお届けします!

HOME > 現場日誌・現場ブログ > スタッフブログ > 外壁・屋根塗装 豊橋市 見積書の見方

外壁・屋根塗装 豊橋市 見積書の見方

スタッフブログ豆知識 2017.02.24 (Fri) 更新

みなさんこんにちは。
外壁塗装・屋根塗装・防水工事専門店の河合塗装工業です。

豊橋市で、地域密着で外壁塗装や屋根塗装、防水工事、雨漏り補修を中心に手掛けております。
河合塗装工業では、外壁塗装、屋根塗装、防水工事、雨漏り補修を気軽に相談できる会社目指し
豊橋市を中心にサービスを展開しております。

外壁塗装工事の見積書を見て、「これは必要なの?」と思う項目があるかもしれませんが、多くの場合
必要な工事しか書かれていませんので省くことはできません。
工事代金を節約するために必要な工事をしないと、雨漏りなどでもっと大掛かりな工事が必要になることもあります。

☆屋根の塗装は必要?

屋根は見えない部分なので、塗替えせずに放置しても良いと考えるかもしれませんが屋根は太陽光を
まともに浴びているので外壁よりも早く劣化します。
日本瓦(粘土瓦)のように30年以上メンテナンス不要な屋根材もありますが、スレート屋根は塗替えや葺き替えが
必要になります。
外壁塗装を塗替えた際に、屋根塗装をしなかったがために屋根材が劣化して雨漏りが発生し屋根リフォームだけでは
済まなくなることもあります。
外壁塗装と屋根塗装を同時にやらないと、足場代などが無駄にかかってきますので基本的には外壁と屋根の塗装は
一緒に行うのがオススメです。

☆付帯部の塗装は必要?

軒天、破風、雨樋、雨戸など外壁や屋根以外にも塗替えが必要な箇所があります。
これら付帯部と呼ばれる部分は塗替えしなくても大きな影響を与えないこともありますが、通常は外壁塗装のときに
一緒に塗装します。外壁や屋根だけ塗替えをして他の部分が汚いままだと見た目もよくありません。

☆下塗りは必要?

外壁や屋根の塗装は「下塗り➡中塗り➡上塗り」の3回塗りが基本です。
中塗りと上塗りはシリコン塗料やフッ素塗料などの上塗材が使われますが、下塗りはシーラーと呼ばれる
下塗材が使われます。下塗りは壁と上塗材を密着させるために必要になるものですので省略することはできません。

なお、上塗材は中塗りと上塗りで色を変えることもあります。違う色を使うと塗り残しがすぐに分かります。

☆ケレンは必要?

ケレンとは鉄部などの塗装で、塗料が部材にしっかり密着するように、下地を削って傷を付けることです。
雨戸などでケレン作業が行われます。
すべての材質でケレンが必要になるわけではないので見積もりにケレンが含まれない場合もあります。
ケレンすることで部材と塗料が密着し、強い塗膜ができますので必要なケレンを省略することはできません。

☆シーリングの打ち替えは必要?

サイディングボードの場合、ボードの塗替えとともにボードの繋ぎ目にあたるシーリングの打ち替えを行うのが一般的です。
既存のシーリングを撤去してマスキングテープを貼り、プライマーを塗り、シーリングを充填します。
シーリングが痩せたりヒビ割れして劣化がひどくなると雨水が建物に侵入する可能性があります。
塗装工事のときに一緒にやってもらうのがオススメです。


弊社では地域密着で外壁塗装、屋根塗装、防水工事、雨漏り補修を気軽に相談できる会社目指し
豊橋市を中心にサービスを展開しております。


外壁・屋根塗装・防水工事・雨漏り等、
気になることがございましたらお気軽にご相談くださいませ。
お待ちしております。

豊橋市・豊川市で外壁塗装・屋根塗装・防水工事・雨漏り補修の事でお悩みなら、

国家資格の1級塗装技能士がいる河合塗装工業までご相談下さい!

cnt_shindan04.png cnt_shindan05.png 
ft_tel01.png