現場日誌・現場ブログ塗装に関するマメ知識やイベントなど最新情報をお届けします!

HOME > 現場日誌・現場ブログ > スタッフブログ > 外壁・屋根塗装 豊橋市 外装工事の必要性

外壁・屋根塗装 豊橋市 外装工事の必要性

スタッフブログ豆知識 2017.03.07 (Tue) 更新

みなさんこんにちは。
外壁塗装・屋根塗装・防水工事専門店の河合塗装工業です。

豊橋市で、地域密着で外壁塗装や屋根塗装、防水工事、雨漏り補修を中心に手掛けております。
河合塗装工業では、外壁塗装、屋根塗装、防水工事、雨漏り補修を気軽に相談できる会社目指し
豊橋市を中心にサービスを展開しております。

ひび割れなどの目に見える被害がないお宅の場合、外装工事の必要性を感じないと思いますが、
実は目立った被害がなくても外装工事は必要です。一般的に目安は10年と言われています。
現時点で問題がないのになぜ工事が必要なのでしょうか・・・・。それは兆候が見えてからでは遅いからです。
そもそも外壁や塗装というのは雨漏りや日光によるダメージを防ぎ、家の寿命を延ばすことが目的です。
しかし兆候が見えていたら外壁や塗装の下地、つまり家自体にダメージが及んでいるということになります。
大切なマイホーム・・・長く、美しいままに使用しましょう!

☆外装工事で使われる塗料の種類

外装塗料には主に6つの種類があります。

アクリル系塗料

アクリル系塗料の特徴は価格の安さにあります。とりあえず家の外観をキレイにしたいという方や予算を抑えたい
という方に非常に大きなメリットといえます。但し価格が安い代わりに塗料の寿命が短いのがデメリットです。
そのため寿命で換算すると値段は高くなってしまいます。

ウレタン系塗料

ウレタン系塗料の特徴は低価格帯でありながらある程度の高い性能を持つことです。アクリル塗料よりも多少値段が高まるものの
密着性に優れているのでアクリルよりも塗装が剥がれにくいのもメリットです。

シリコン系塗料

シリコン系塗料の特徴は費用対効果に優れている点です。耐用年数はウレタンの2倍以上にかかわらず費用がウレタンより
少し高いだけです。現在主流となっている塗料なのでオススメ塗料の1つです。

フッ素系塗料

フッ素系塗料の最大の特徴は耐久性(耐候性)・耐熱性・耐寒性の3つが非常に優れている点です。
耐用年数が15年と非常に長いのが特徴です。
他の塗料に比べて耐候性(変色や変質、変形がしづらい)に優れています。そのため長い間きれいな外観を
保つことができます。厳しい環境におかれる航空機や清潔感の必要な飲食店などで多く使われています。
ただしネックとなるのが値段です。耐用年数の長さを考えると長期的に見れば割安となります。

遮熱系塗料

遮熱系塗料の特徴はその高い遮熱性(断熱性)にあります。遮熱性が高いので夏場には室温の上昇を防ぎ
冬場には室温低下を防ぐことが可能です。夏場や冬場に高くなりがちな光熱費を下げることができます。
家の快適さをあげる塗料です。

光触媒系塗料

光触媒系塗料の特徴は塗料系で最も長い耐用年数です。光触媒系塗料は太陽光を利用して汚れを浮かし雨によって
洗い流すことができます。そのため他の塗料よりも汚れが付きにくいのが特徴です。さらに遮熱効果や空気清浄効果もあるので
環境にも非常に配慮された素材です。デメリットは費用が高いということです。


弊社では地域密着で外壁塗装、屋根塗装、防水工事、雨漏り補修を気軽に相談できる会社目指し
豊橋市を中心にサービスを展開しております。


外壁・屋根塗装・防水工事・雨漏り等、
気になることがございましたらお気軽にご相談くださいませ。
お待ちしております。

豊橋市・豊川市で外壁塗装・屋根塗装・防水工事・雨漏り補修の事でお悩みなら、

国家資格の1級塗装技能士がいる河合塗装工業までご相談下さい!

cnt_shindan04.png cnt_shindan05.png 
ft_tel01.png