現場日誌・現場ブログ塗装に関するマメ知識やイベントなど最新情報をお届けします!

HOME > 現場日誌・現場ブログ > スタッフブログ > 外壁・屋根塗装 豊橋市 外壁塗装の重要性

外壁・屋根塗装 豊橋市 外壁塗装の重要性

スタッフブログ豆知識 2017.03.27 (Mon) 更新

みなさんこんにちは。
外壁塗装・屋根塗装・防水工事専門店の河合塗装工業です。

豊橋市で、地域密着で外壁塗装や屋根塗装、防水工事、雨漏り補修を中心に手掛けております。
河合塗装工業では、外壁塗装、屋根塗装、防水工事、雨漏り補修を気軽に相談できる会社目指し
豊橋市を中心にサービスを展開しております。

外壁塗装の塗替え時期の目安は、その家の状況にもよりますが、おおよそ10年ごとと言われています。
まだ平気かな?と放置している方もいらっしゃると思います。
外壁を塗替えずにそのまま放置していると一体どのようなことが起こるのでしょうか?

★外壁の耐久性は必ず落ちる

見た目では分からなくても、外壁塗装の耐久性はどんな家でも必ず落ちます。何十年もそのままで
平気な外壁などひとつもありません。
外壁塗装は、様々な刺激(風・雨・湿気・汚れなど)から大切な家を守っています。
塗料の役割は単に美観のためだけではありません、365日休みなく家を守っているわけです。
当然、その塗装は少しずつ、少しずつ剥がれていきます。
外壁塗装の耐久性が無くなると以下のようなことが起こっていきます。

・防水効果の低下

外壁の耐久性が落ちると、雨などの水分、湿気の侵入を防ぐことができません。

・ひび割れが起きる

外壁塗装が剥がれてきて耐久性が無くなると、外壁自体にひび割れを起こします。
ひび割れが起こるとともに外壁が反ってしまいます。こうなると、ますます外壁の劣化は進行していきます。

・外壁内部の劣化

外壁がひび割れてくると、湿気、汚れ、雨が直接外壁内へ染み込むため、そこから外壁内部の劣化
(腐食)が始まります。

★外壁内部へ湿気・水分が入るとどうなるか?

・外壁内部の腐食

外壁の内部に水分、湿気が入り込むため外壁内部・木材部分の腐食が始まります。
腐食が進むと外壁が崩れ落ちる危険性もあります。

・家が傾く恐れ

木材部分まで腐食が及ぶと、家が傾く恐れも出てきます。また、家に隙間が出来ることで断熱性も
低下します。冷暖房が効かず光熱費が上がるのに夏は暑く、冬は寒い家になります。

・コンクリート強度の低下

外壁コンクリートに含まれるセメント成分が中性化して本来あるはずの強度を失います。

・雨漏り

壁自体が雨や湿気をもろに受けますので、そのうち侵入を防げなくなり住居部分へ水分が
漏れ出してきます。

特にひび割れ、雨漏りという症状がある場合はかなり外壁の劣化が進んでしまっていることになります。
外壁のチェックは常日頃から気を付け、早め早めの対応が大切です。

このような症状を放置した結果、外壁内部までに腐食が進み状態が酷く、手の施しようが
なくなってしまうと外壁自体をリフォームすることとなり費用も多くかかります。
早めに外壁の補修を行うことができれば費用も安く抑えることができ塗装の塗替えのみで工事が終わります。

外壁塗装の塗替えがおよそ10年ごとに必要と言われているのはこんな理由からです。

気温が上がり始め、外壁・屋根塗装のベストシーズンがやってきました!!
この時期は混み合うため、お早目のお問合せお待ちしております。



豊橋市・豊川市で外壁塗装・屋根塗装・防水工事・雨漏り補修の事でお悩みなら、

国家資格の1級塗装技能士がいる河合塗装工業までご相談下さい!

cnt_shindan04.png cnt_shindan05.png 
ft_tel01.png