現場日誌・現場ブログ塗装に関するマメ知識やイベントなど最新情報をお届けします!

HOME > 現場日誌・現場ブログ > スタッフブログ > 外壁・屋根塗装 外壁塗装をしないとどうなるの?

外壁・屋根塗装 外壁塗装をしないとどうなるの?

スタッフブログ豆知識 2017.07.13 (Thu) 更新

みなさんこんにちは。
外壁塗装・屋根塗装・防水工事専門店の河合塗装工業です。

豊橋市で、地域密着で外壁塗装や屋根塗装、防水工事、雨漏り補修を中心に手掛けております。
河合塗装工業では、外壁塗装、屋根塗装、防水工事、雨漏り補修を気軽に相談できる会社目指し
豊橋市を中心にサービスを展開しております。

戸建住宅でもマンションでも、一定の期間を経過したら外壁塗装をする必要があります。
ただし工事にかかる費用は安くありませんので何もしないまま放置しておくとどうなるのかをしっかり
理解して準備をしておくことが大切です。

外壁塗装の目的は住宅の寿命を延ばすことにあります。そもそも外壁は常に雨風や紫外線
などに晒されていますが塗装により壁が保護され劣化を防いでいます。
しかし塗料は早ければ5年、一般的には10年程度で耐用年数を迎え、塗装が剥がれてしまいますので、
それに合わせて新たに外壁塗装をしなければなりません。

もし何もしないまま放置すると、外壁にクラックと呼ばれるひび割れが発生し、そこから雨水が染み込み
屋根から雨漏りをしたり、基礎部分を侵食することになります。特に住宅の基礎部分は建物全体をささえる
重要な箇所であり、その部分が染み込んだ雨により劣化してしまうと住宅が傾いたり、地震で倒壊する
ケースも考えられます。そのため、住宅の強度や居住環境を維持し、住宅の寿命を延ばすためには
適切なタイミングで外壁塗装を行うことが重要です。

なお、使用した塗料によって異なりますが外壁を触ると外壁の色の粉が付くとき(チョーキング現象)が
適切なタイミングになります。



                                       
弊社では『外壁屋根診断』『雨漏り診断』を無料でさせて頂いております。
お気軽にお問い合わせくださいませ。



外壁・屋根塗装のベストシーズンがやってきました!!
この時期は混み合うため、お早目のお問合せお待ちしております。



豊橋市・豊川市で外壁塗装・屋根塗装・防水工事・雨漏り補修の事でお悩みなら、

国家資格の1級塗装技能士がいる河合塗装工業までご相談下さい!

cnt_shindan04.png cnt_shindan05.png 
ft_tel01.png