現場日誌・現場ブログ塗装に関するマメ知識やイベントなど最新情報をお届けします!

HOME > 現場日誌・現場ブログ > スタッフブログ > 外壁・屋根塗装 豊川市 屋根の縁切り

外壁・屋根塗装 豊川市 屋根の縁切り

スタッフブログ豆知識 2017.09.15 (Fri) 更新

みなさんこんにちは。
外壁塗装・屋根塗装・防水工事専門店の河合塗装工業です。

豊橋市で、地域密着で外壁塗装や屋根塗装、防水工事、雨漏り補修を中心に手掛けております。
河合塗装工業では、外壁塗装、屋根塗装、防水工事、雨漏り補修を気軽に相談できる会社目指し
豊橋市を中心にサービスを展開しております。

屋根塗装においては縁切りといった作業が必要になることがあります。縁切りとは隙間を塞いでいる
塗料を除去するための作業です。
日本の屋根は瓦をはじめとした材料を重ね合わせて作っていくことが少なくありません。
この場合、材料1つ1つが重なる部分ができるわけですが、ここに塗装をすることで塗料が付着し
隙間を塞いでしまうことがあります。
すると雨水などが流れていかず雨漏りの原因になる可能性があります。
不要な塗料を除去し、水の流れを良くする作業の事を「縁切り」と呼んでいます。
現在ではあらかじめ縁切りをしなくてもいいように建築することもありますが、そうでないことも多いので
塗装の際には縁切りが必要です。

特に必要になるのは2回目以降の屋根塗装の時です。
隙間を塞いでしまった塗料を除去する作業なので
1回目の屋根塗装ではまだ塞がることが無い場合が多いです。
2回目以降で塗料に厚みが出てきたときに必要になります。

最近では「タスペーサー」というものを屋根の隙間に入れて塗料を塞がらないようにする方法も
あります。この「タスペーサー工法」のことを縁切りというようになっているくらい一般的になってきています。

今までの通常の縁切りだと塞いでいる塗料をカッターナイフ等を使い除去していたのですが
この方法だと非常に手間がかかり工数が増え、さらに除去するときに他の部分も傷を付けて
しまうといった問題点がありました。
それを解消するのが「タスペーサー工法」です。
この工法だと塗装する前に予め屋根に「タスペーサー」を差し込むことで塞がらないようにします。
手間が少ないので料金も今までの縁切りより安くなります。


ご不明な点は塗装専門店までお問合せください!



                                       
弊社では『外壁屋根診断』『雨漏り診断』を無料でさせて頂いております。
お気軽にお問い合わせくださいませ。



外壁・屋根塗装のベストシーズンがやってきました!!
この時期は混み合うため、お早目のお問合せお待ちしております。



豊橋市・豊川市で外壁塗装・屋根塗装・防水工事・雨漏り補修の事でお悩みなら、

国家資格の1級塗装技能士がいる河合塗装工業までご相談下さい!

cnt_shindan04.png cnt_shindan05.png 
ft_tel01.png