現場日誌・現場ブログ塗装に関するマメ知識やイベントなど最新情報をお届けします!

HOME > 現場日誌・現場ブログ > スタッフブログ > 外壁・屋根塗装 豊橋市 熱交換塗料

外壁・屋根塗装 豊橋市 熱交換塗料

スタッフブログ豆知識 2017.09.14 (Thu) 更新

みなさんこんにちは。
外壁塗装・屋根塗装・防水工事専門店の河合塗装工業です。

豊橋市で、地域密着で外壁塗装や屋根塗装、防水工事、雨漏り補修を中心に手掛けております。
河合塗装工業では、外壁塗装、屋根塗装、防水工事、雨漏り補修を気軽に相談できる会社目指し
豊橋市を中心にサービスを展開しております。

太陽の熱を反射せずに、吸収して消耗させる


従来の反射型遮熱塗料は太陽光を反射し表面温度を下げる効果を目的としています。
表面に蓄えられるはずの熱が反射により上空へ逃がすことから反射による熱(照り返し)が
発生します。一方、熱交換塗料は塗膜内に含まれる熱交換分子が熱に反応し運動エネルギーへと
変換していきます。
これにより表面温度を下げるだけではなく、照り返しによる熱を防ぐことが可能になった塗料です。

汚れが付着しても効果が落ちない

反射型遮熱塗料の問題点の1つに挙げられているのが「汚れによる反射率の低下」
になります。塗膜表面にセラミック等の材料を含めることで太陽光を反射し遮熱効果を
発揮できますが、屋外など風雨の影響を受ける場合は埃や塵などで汚れが付いてしまうのが
現状です。
熱交換塗料は熱に反応する原理から表面に汚れ等が付着しても消熱効果には影響ありません。
反射型遮熱塗料は効果を持続させる為に定期的なメンテナンスを必要としますが
熱交換塗料はノンメンテナンスで消熱効果を持続させられる唯一の塗料です。

25℃以下には反応しないため暖房負荷が無い

熱交換塗料は塗料中に含まれる熱交換分子の特性で25℃以下では運動が起きないため
冬場は建物を温めてくれます。反射型遮熱塗料は温度に関係なく太陽光を反射し、室内温度を
低下させるため、冬場は寒くなる傾向があります。
夏場の冷房負荷を下げる効果はありますが、冬場の暖房効率は悪くなってしまいます。
熱交換塗料は年間を通して冷暖房負荷を下げることが出来るエコ塗料になります。


ご不明な点は塗装専門店までお問合せください!



                                       
弊社では『外壁屋根診断』『雨漏り診断』を無料でさせて頂いております。
お気軽にお問い合わせくださいませ。



外壁・屋根塗装のベストシーズンがやってきました!!
この時期は混み合うため、お早目のお問合せお待ちしております。



豊橋市・豊川市で外壁塗装・屋根塗装・防水工事・雨漏り補修の事でお悩みなら、

国家資格の1級塗装技能士がいる河合塗装工業までご相談下さい!

cnt_shindan04.png cnt_shindan05.png 
ft_tel01.png