現場日誌・現場ブログ塗装に関するマメ知識やイベントなど最新情報をお届けします!

HOME > 現場日誌・現場ブログ > 雨漏り > 意外と侮れない ベランダからの雨漏り   (豊橋市・豊川市…

意外と侮れない ベランダからの雨漏り   (豊橋市・豊川市 / 防水 / 雨漏り / 外壁塗装 / 屋根塗装)

みなさん、こんにちわ。
外壁塗装・屋根塗装・防水専門店の河合塗装工業です。

 

今年の長引く梅雨の影響により
雨漏り補修のご依頼やお問い合わせを
数多くいただいております。

もし本当に雨漏りが起きてしまっては
生活も お金の計画も一瞬にして変わってしまいます。

そうなってしまう前に
日頃のメンテナンスの大切さと
予防のための基礎知識を
このブログで定期的にお送りしていこうと思います。

 

 

前回記事: 本当に雨漏りが起きてしまう前に

 

 

 意外と侮れない ベランダからの雨漏り

 

本日のブログのタイトルの通り

ベランダからの雨漏りのご相談を 本当によくいただきます。

 

雨漏りというと

まずは屋根を想像するかとは思いますが

実際に他にも「サッシ」や「外壁材の隙間

それに 「ベランダ」からの雨漏りも

特にそれほど珍しいことではありません。

 

つい先日も

「居室の天井から水が落ちてきた」

とのことで 急いでお伺いをしたところ

そのお部屋の真上がベランダになっており

ベランダの床の防水シートに開いた穴や切れ目から雨水が侵入していました。

 

【写真】ベランダ下の居室の天井から水滴が

 

【写真】ベランダ床の防水シートの亀裂

ベランダ床の防水シートの亀裂

階下の居室からすれば

このベランダ屋根の役割も兼ねているわけですから

そこに穴が空いているとなると、雨漏り被害は避けられません。

 

それなら この亀裂を塞いでしまえば もう安心!

 

といきたいところですが、、

実は この事例のポイントは

防水シートの亀裂の近くや周囲にも 

何かが飛んできたり、倒れてきたような形跡もなく

「特に目立った外傷が見当たらなかった」ことです。

 

…では、どうしてこのような亀裂が発生していたのでしょうか?

次回はベランダの床防水の構造をふまえてお話していきます。

 

 

※防水関連の記事を更新次第、各記事へのリンクを追加していきます。