現場日誌・現場ブログ塗装に関するマメ知識やイベントなど最新情報をお届けします!

HOME > 現場日誌・現場ブログ > 新着情報 > 外壁・屋根塗装 豊橋市 『ローラーの種類』

外壁・屋根塗装 豊橋市 『ローラーの種類』

 

みなさんこんにちは。
外壁塗装・屋根塗装・防水工事専門店の河合塗装工業です。

豊橋市・豊川市・田原市を中心に屋根・外壁の塗り替え・防水工事をさせて頂いています。

 

外壁塗装を行う際に使う道具として刷毛やスプレー等いろいろ方法がありますが、今主流なのはローラーを使った塗装方法です。

ローラーにもいろいろ種類があり、使う塗料の特性などに合わせて使い分けます。

今回はそんな『ローラーの種類』について解説していきます!

 

そもそも、今ローラーでの塗装が主流になっている理由として、周りへの飛散が少ない点刷毛目などが出ず仕上がりがきれい

な点が挙げられます。

 

ローラーの種類は、

①ローラーのサイズの種類

②ローラーの生地の種類

③ローラーの毛の種類

④ローラーの毛丈

があり、場所(広さ等)や材料、仕上がりのイメージなどによって使い分けられます。

 

 

まずは①ローラーのサイズの種類です。

・レギュラーローラー

 紙管内径が38mmのサイズのものを指します。長さは9インチのものが一般的です。

 大き目なサイズなので障害物のない広い面積の塗装に適しています。

 

・ミドルローラー

 紙管内径が26~27mmのものです。長さは7インチが一般的です。

 レギュラーサイズとスモールサイズの中間サイズで、広い面積も狭い場所もどこでも使える万能タイプです。

 

・スモールローラー

 紙管内径が15~16mmの名前の通り小さいサイズです。長さは4インチと、レギュラーサイズの半分以下です。

小回りが利くため、サッシのなどの入り組んだ場所や狭い面積の塗装に適しています。

 

 

次に②ローラーの生地の種類です。

ローラーの生地は、まずその織り方で2つに大別されます。

・ハイパイル

 綿状で毛の密度は低めです。

    ループ状に編まれた裏地に繊維がV字型に引っ掛けられたタイプです。

 塗料を含みやすくかぶりや吐出し性に優れる一方、飛散性・仕上がりには劣ります。

 凹凸のある面の塗装に適し、艶のある塗料向けです。

 仕上がりはゆず肌状です。

 

・ウーブン

 糸状で毛の密度が高いのが特徴です。

 格子状の織り裏地に繊維がW字型に織り込まれたタイプです。

 繊維が撚り糸状なので塗料は含みにくい一方、空気抜けが良いため気泡が少なく摩擦や引っ張りには強い特徴があります。

 高粘度塗料に適しており、平滑面に適しています。

 仕上がりはやや平滑で、後れ毛が出にくい特徴があります。

 

 

③ローラーの毛の種類でさらに細分化していきます。模様をつけるものなど特殊なものもあります。

 

・ナイロン繊維ローラー

 ハイパイルローラーの一種です。価格が安く、塗料の含み・吐出しのいいローラーですが、耐久性にはやや劣ります。

 抜け毛が多く空気が入りピンホールができやすいというデメリットもあります。

 

・アクリル繊維ローラー

 ハイパイルローラーの一種で、広い範囲の塗装に適しています。

 塗料の含み・吐出しがよく、耐久性もあり耐溶剤性にも優れています。

 穏やかなローラーマークが出るため、室内のエマルション塗装にも向いています。

 塗料の飛散をしやすい点がデメリットです。

 

・ナイロン繊維+二次加工織物ローラー

 耐久性・施工性に優れたローラーで、外壁の施工に適しています。

 

・マルチフィラメントローラー(ポリエステル織物)

 内装・外装・鉄部・木部の仕上げ塗装に適しています。きめの細かい綺麗な仕上がりになります。

 塗料の含みや吐出しは劣りますが、塗料が飛散しにくく、泡立ちが少ないローラーです。

 

・マイクロファイバーローラー(ポリエステル極細繊維)

 内装・外装・鉄部・木部の仕上げ塗装に適しており、塗料の飛散も極めて少なく、無泡タイプなので仕上がり・使用感がよく職人に最も

 人気のあるタイプのローラーです。

 耐久性はマルチフィラメントローラーやアクリル繊維ローラーには劣ります。

 強溶剤系の塗料を使用する場合はシンナーで毛が縮んでしまうため注意が必要です。

 

・マイクロファイバ―+ナイロン繊維(混紡)ローラー

 無泡タイプで抜け毛が少なく、外装用に適しています。

 マイクロファイバーローラーと比べて耐久性がありますが、仕上がりはやや劣りアクリル繊維ローラーとの中間くらいです。

 

・マスチックローラー(多孔質ローラー)

 壁面に凹凸の模様付けするローラーです。

 目の粗さで模様の大きさも変わります。(大・中・小・極小)

 

・デザインローラー(ゴム製・スウェード製・スポンジ製)

 模様付け専用のローラーで、海外製が多く見られます。

 

・ヘッドカットローラー

 吹付タイル・スタッコ面を押えて仕上げるための専用のローラーです。

 

最後に④ローラーの毛丈です。

・長毛ローラー(20mm、23mm、25mm、30mm)

 長い毛丈が特徴で、凹凸の深いサイディングや吹付スタッコなどの外装用に適しています。

 塗料の含みが良いため、スピード重視のローラーです。

 平滑な面の塗装においては粘度のある塗料を使うとローラーマークが出やすく、仕上がりが悪くなってしまう場合があります。

 また、塗料の飛散がしやすいというデメリットがあるので長毛ローラーを使用する場合は養生をしっかりする必要があります。

 

・中長毛ローラー(15mm、18mm)

 一般的なサイディング、吹付タイル、リシンなどの外装用に適しています。

 外壁の塗り替え工事で頻繁に用いられます。

 

・中毛ローラー(11mm、12mm、13mm)

 外装、内装、床にも使われる汎用性の高いローラーです。

 

・中短毛ローラー(7mm、8mm、9mm、10mm)

 鉄部や木部の仕上げに適しています。ローラーマークが出にくいため仕上がりがきれいです。

 

・短毛ローラー(4mm、5mm、6mm)

 鉄部の鏡面仕上げ用に適しています。

 均一な仕上げにするのには高度な技術が必要になります。

 

・超短毛ローラー(2mm)

 2色塗りの際、重ね塗りをして模様をつけるときに使用します。

 凹凸の出っ張った部分だけに色をつけて模様を出すため、毛足が極端に短いのが特徴です。

 

 

以上のように、ローラーと一口で言ってもいろんな素材や大きさ、用途があります!

綺麗な仕上がりにするためにも使い分けが重要になってきます!

 

DIYをされる際は、参考にしてみてください!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

★★2021年新春初売りまつり開催中★★
 1月8日(金)から30日(土)の期間限定キャンペーンです!

 お得に外壁塗装をするなら今がチャンスです!!
 この機会にぜひご検討ください。


 

    
豊橋市 塗替     豊川市 屋根塗装

河合塗装工業 ショールーム

豊橋市西岩田五丁目9-14 1F

 


河合塗装工業ショールームのご案内
 ショールームには皆様が実際に見て触れて頂けるものをご用意しております。

ご相談・お問い合わせはお気軽に!!
 御見積り依頼、各種診断、不明な点等、お気軽にどうぞ。
 お待ちしております。

河合塗装工業の施工事例集
 「外壁塗装・屋根塗装を考えているけどイメージがわかない・・・」
 そんな方は河合塗装工業が施工させて頂いたお宅をご覧ください!

「屋根・外壁診断」は河合塗装工業におまかせください!
 まずはお家の劣化状況をしっかりと把握しましょう。
 河合塗装工業ではご相談・現地調査・お見積り提出まで無料でさせて頂きます!

河合塗装工業の雨漏り診断
 雨漏りのプロが原因を特定します。

 お家の状況に合わせた納得のご提案をさせて頂きます。