現場日誌・現場ブログ塗装に関するマメ知識やイベントなど最新情報をお届けします!

HOME > 現場日誌・現場ブログ > スタッフブログ > 外壁・屋根塗装 豊橋市 遮熱塗料で涼しく省エネ!①

外壁・屋根塗装 豊橋市 遮熱塗料で涼しく省エネ!①

スタッフブログ豆知識 2017.04.24 (Mon) 更新

みなさんこんにちは。
外壁塗装・屋根塗装・防水工事専門店の河合塗装工業です。

豊橋市で、地域密着で外壁塗装や屋根塗装、防水工事、雨漏り補修を中心に手掛けております。
河合塗装工業では、外壁塗装、屋根塗装、防水工事、雨漏り補修を気軽に相談できる会社目指し
豊橋市を中心にサービスを展開しております。

屋根を塗替えるなら、せっかくだから機能性の高いものにしようと考え、地球温暖化の影響などによって
過ごしにくくなる家の中をより快適にするために、省エネによって夏場の電気代の節約や地球に優しい
生活をするために遮熱塗料を検討されるかたもいらっしゃるでしょう。

 ★遮熱塗料とは 

遮熱塗料は、建物の中が暑くなる原因の太陽光のうち赤外線に近い光を「反射」や「放射」させ、
表面温度を下げることで室内が暑くなるのを防ぐ効果を持った塗料で、高反射率塗料とも呼ばれています。
しかし、遮熱塗料は外部からの熱を伝わりにくくする機能を持っているだけで、保温効果はありません。
よって、断熱材によって保温効果を持った建物に対して、遮熱効果をもたせたい場合に塗ることが
夏場も冬場も、より過ごしやすい建物内の環境を作ることになると言えます。
また、遮熱塗料は一般的な塗料と同じ工程で施工できるため、費用が一般的な塗料と遮熱塗料の差額分を
増やすくらいで済ますことができます。

 ★遮熱塗料と断熱塗料の違い 

遮熱塗料と同じように外壁などに塗ることで省エネになる塗料として、断熱塗料というものがあります。
まず断熱塗料とは太陽光によって住宅の外壁が持った熱の伝導する速度を緩やかにし、部屋に高温の熱が
伝わることを防ぐことで部屋が暑くならないようにする効果を持つとともに、室内の温度を保つ効果を持った塗料です。
また断熱塗料の遮熱塗料との1番の違いは、保温効果を持っているということで、夏場は外が暑くても室内は涼しく、
冬場は外が寒くても室内を温かく保つことができるので、年間を通して効果を発揮する塗料であるといえます。

断熱塗料を塗ることで得られる効果は魅力的ですが外壁塗装だけでは塗膜が薄いために、
大きな効果は期待できないと指摘されることもあります。
また遮熱塗料による塗装に比べて外壁塗装の工程が多くなるため、費用が割高になります。




外壁・屋根塗装のベストシーズンがやってきました!!
この時期は混み合うため、お早目のお問合せお待ちしております。



豊橋市・豊川市で外壁塗装・屋根塗装・防水工事・雨漏り補修の事でお悩みなら、

国家資格の1級塗装技能士がいる河合塗装工業までご相談下さい!

cnt_shindan04.png cnt_shindan05.png 
ft_tel01.png