現場日誌・現場ブログ塗装に関するマメ知識やイベントなど最新情報をお届けします!

HOME > 現場日誌・現場ブログ > スタッフブログ > 外壁・屋根塗装 豊橋市 シーリング工事の必要性

外壁・屋根塗装 豊橋市 シーリング工事の必要性

スタッフブログ豆知識 2017.05.08 (Mon) 更新

みなさんこんにちは。
外壁塗装・屋根塗装・防水工事専門店の河合塗装工業です。

豊橋市で、地域密着で外壁塗装や屋根塗装、防水工事、雨漏り補修を中心に手掛けております。
河合塗装工業では、外壁塗装、屋根塗装、防水工事、雨漏り補修を気軽に相談できる会社目指し
豊橋市を中心にサービスを展開しております。

 ★シーリング工事とは 

外壁サイディングのボードとボードの継ぎ目をシーリング材で埋める工事のことです。
また、その材料などを充填剤・コーキング材・コーキングと呼びます。
シーリング工事の目的は、主に雨漏りを防ぐ防水性の確保にあります。しかし、新築時は塗装せずにシールが
むき出しの場合が多いため、紫外線が直接あたり劣化します。
環境によって異なりますが紫外線等の影響を受けて、約5年を過ぎたあたりから劣化が始まります。
経年劣化が始まると、防水性や伸縮性が失われ、雨漏りや外壁のひび割れの原因となります。
建物全体に影響を及ぼす前になるべく早めに信頼できる業者へ相談することが大切です。

【劣化したシーリング】

                変換 ~ シーリング劣化2.jpg

 ★シーリング工事を検討する時期 

紫外線等の影響によって、下記の症状が確認された場合は、雨漏り等の実害が生じる前に早めに対処することが重要です。

1.シーリング表面のひび割れ

2.シールそのものの肉やせ

3.シーリングの剥離

以上のような劣化症状を確認したら、シーリング工事を検討する時期です。

 お気軽にご相談くださいませ! 

外壁・屋根塗装のベストシーズンがやってきました!!
この時期は混み合うため、お早目のお問合せお待ちしております。



豊橋市・豊川市で外壁塗装・屋根塗装・防水工事・雨漏り補修の事でお悩みなら、

国家資格の1級塗装技能士がいる河合塗装工業までご相談下さい!

cnt_shindan04.png cnt_shindan05.png 
ft_tel01.png