現場日誌・現場ブログ塗装に関するマメ知識やイベントなど最新情報をお届けします!

HOME > 現場日誌・現場ブログ > スタッフブログ > 外壁・屋根塗装 豊橋市 タスペーサーの必要性

外壁・屋根塗装 豊橋市 タスペーサーの必要性

スタッフブログ豆知識 2017.05.29 (Mon) 更新

みなさんこんにちは。
外壁塗装・屋根塗装・防水工事専門店の河合塗装工業です。

豊橋市で、地域密着で外壁塗装や屋根塗装、防水工事、雨漏り補修を中心に手掛けております。
河合塗装工業では、外壁塗装、屋根塗装、防水工事、雨漏り補修を気軽に相談できる会社目指し
豊橋市を中心にサービスを展開しております。

スレート屋根の再塗装により、上下左右の重なり部分が塗料で塞がれてしまいます。
塞がれてしまうことにより、屋根材裏側に毛細管現象で吸い上げられた雨水が排出されないことで
下地材が腐食し、最悪の場合雨漏りの危険性があります。
屋根塗装の際には縁切り部材 「タスペーサー」 の挿入をオススメします。

タスペーサー縁切り工法は、従来の縁切り工法に比べ、下塗り後に挿入するだけなので作業時間が大幅に
短縮できます。また、屋根材のコグチ部の破損がなく、塗装完了後、屋根面を傷つけたり足跡を付けてしまう
といったことがありませんので適切な縁切りが可能になります。

タスペーサー1.jpg    タスペーサー2.jpg   タスペーサー3.jpg

 お問い合わせ、ご相談はお気軽にご連絡ください! 

弊社では『外壁屋根診断』『雨漏り診断』を無料でさせて頂いております。
お気軽にお問い合わせくださいませ。



外壁・屋根塗装のベストシーズンがやってきました!!
この時期は混み合うため、お早目のお問合せお待ちしております。



豊橋市・豊川市で外壁塗装・屋根塗装・防水工事・雨漏り補修の事でお悩みなら、

国家資格の1級塗装技能士がいる河合塗装工業までご相談下さい!

cnt_shindan04.png cnt_shindan05.png 
ft_tel01.png