現場日誌・現場ブログ塗装に関するマメ知識やイベントなど最新情報をお届けします!

HOME > 現場日誌・現場ブログ > 豆知識

豆知識の記事一覧

屋根塗装 蒲郡市I様邸

みなさんこんにちは。外壁塗装・屋根塗装・防水工事専門店の河合塗装工業です。豊橋市で、地域密着で外壁塗装や屋根塗装、防水工事、雨漏り補修を中心に手掛けております。河合塗装工業では、外壁塗装、屋根塗装、防水工事、雨漏り補修を気軽に相談できる会社目指し東三河を中心にサービスを展開しております。今日は外壁・屋根塗装塗替えの現場、蒲郡市I様邸に伺ってきました。I様のお宅の瓦は「モニエル瓦」と呼ばれるものでセメント瓦の一種ですが普通のセメント瓦とは少し違っていて一番上の層である塗膜の下に「スラリー層(着色したセメント層)」と呼ばれる層があり、その下がセメント系の瓦になっているものです。セメント瓦とは形状が異なり重ねの部分がボコボコとしています。リフォームの際は塗膜が劣化してスラリー層に汚れが付いていることが多く、まずは高圧洗浄でスラリー層をできるだけ除去する作業から始めます。モニエル瓦の特徴としては主成分はセメントですが高度なコンクリート形成技術によってアスベストを使用せず焼成加工が不要なので二酸化炭素の発生が最小限で済むメリットがあります。施工性がよく豪雨や強風にも耐える防水性を備えています。断熱性や耐震性に優れているだけでなくデザインにも多様性があります。ただしメンテナンスの際には注意深くスラリー層を除去しなければならないというデメリットがあります。きちんとした施工をご希望のI様に弊社を選んで頂きました。たいへんありがたいことです。丁寧な仕事を心掛け従業員一同頑張らせていただきます!  トルネード洗浄でスラリー層をしっかり除去しました。  洗浄後専用の下塗剤で下塗り1回目完了しました。                    下塗りをあと2回する予定です。晴天が続くといいなぁと思います。豊橋市・豊川市で外壁塗装・屋根塗装・防水工事・雨漏り補修の事でお悩みなら、国家資格の1級塗装技能士がいる河合塗装工業までご相談下さい!無料外壁診断はコチラ無料雨漏り診断はコチラお電話番号はコチラ0532-61-4368 (2016.10.11 更新) 詳しく見る
スタッフブログ豆知識

外壁塗装塗替えのご相談 豊川市I様邸

みなさんこんにちは。外壁塗装・屋根塗装・防水工事専門店の河合塗装工業です。豊橋市で、地域密着で外壁塗装や屋根塗装、防水工事、雨漏り補修を中心に手掛けております。河合塗装工業では、外壁塗装、屋根塗装、防水工事、雨漏り補修を気軽に相談できる会社目指し東三河を中心にサービスを展開しております。今日は外壁塗装塗替えのご提案に豊川市I様邸に伺ってきました。築10年目のお宅はまだ見た目は綺麗でしたが手でこするとチョーキング現象が見られました。無料外壁診断をさせて頂き、後日お見積りを提出させて頂くことになりました。そもそも外壁塗装はなぜ必要なの?新築して10年ほど経過すると外壁が劣化し始めて色褪せや、外壁の目地が切れていたりと気になる所がたくさん出てきます。外壁塗装とは美観を綺麗にする目的もありますが本来は建物を防水して寿命を延ばすことが目的なのです。建物内に水が侵入すると断熱材が湿気を含みカビが発生します。また湿気を含んだ材木はシロアリを呼びます。雨漏りはこうした二次的被害を誘発するのでそれを外壁塗装で阻止してあげるのです!!外壁塗装に早すぎるということはありません。人も家も同じで予防とメンテナンスが大事なんです!外壁で気になることがございましたらお気軽にお問合せ下さいませ。お待ちしております。豊橋市・豊川市で外壁塗装・屋根塗装・防水工事・雨漏り補修の事でお悩みなら、国家資格の1級塗装技能士がいる河合塗装工業までご相談下さい!外壁診断はコチラお電話番号はコチラ0532-61-4368 (2016.10.10 更新) 詳しく見る
スタッフブログ豆知識

外壁塗装塗替え 豊橋市N様邸

みなさんこんにちは。外壁塗装・屋根塗装・防水工事専門店の河合塗装工業です。豊橋市で、地域密着で外壁塗装や屋根塗装、防水工事、雨漏り補修を中心に手掛けております。河合塗装工業では、外壁塗装、屋根塗装、防水工事、雨漏り補修を気軽に相談できる会社目指し豊橋市を中心にサービスを展開しております。今日は外壁塗り替えの現場、豊橋市N様邸へ伺ってきました。このところ外壁塗装の塗替えのベストシーズンを迎えるにあたって大変ありがたいことにお問合せをたくさん頂いております。N様邸は東面の壁の劣化が激しくサイディングの貼り替えをご提案させて頂いていました。塗装の前にまずは貼り替え工事です。        劣化が進んでいます。       サイディングの貼り替え作業中です。  藻が生えています。塗り替えだけではなく、劣化によってはこのようなメンテナンスが必要になってきます。大掛かりな工事にならないうちに無料外壁診断を受けられてはどうでしょうか?お問合せお待ちしております。豊橋市・豊川市で外壁塗装・屋根塗装・防水工事・雨漏り補修の事でお悩みなら、国家資格の1級塗装技能士がいる河合塗装工業までご相談下さい!外壁診断はコチラお電話番号はコチラ0532-61-4368 (2016.10.07 更新) 詳しく見る
スタッフブログ豆知識

外壁・屋根塗装 ~高圧洗浄~ 豊川市M様邸

みなさんこんにちは。外壁塗装・屋根塗装・防水工事専門店の河合塗装工業です。豊橋市で、地域密着で外壁塗装や屋根塗装、防水工事、雨漏り補修を中心に手掛けております。河合塗装工業では、外壁塗装、屋根塗装、防水工事、雨漏り補修を気軽に相談できる会社目指し豊橋市を中心にサービスを展開しております。今日は、豊川市M様邸へ伺って来ました。このところ天気が不安定なため着工が遅れておりご迷惑をお掛けしている現場です。足場が組めましたので雨でも作業が進められる『高圧洗浄』を行ないました。『高圧洗浄』とは・・・外壁・屋根塗装では足場を組んでからまず『高圧洗浄』をします。『高圧洗浄』をしないで塗装をするとどうなるのか、それは洗顔をしないでお化粧をすることと同じことなのです。男性にはピンと来ないかも知れませんがお化粧をして落とさず寝て翌日その上からお化粧をする・・・一見キレイに見えるかもしれませんがこれは想像しただけでも汚いですしこのお化粧はすぐに崩れます!!ありえません!!!汚れや付着物の上から塗料を塗ってしまうと塗料の剥がれや浮きの原因となります。汚いままの面に塗装をしても塗料はうまく接着しませんし持ちません。そこで外壁・屋根の塗装をする前には必ず水洗いをします。        昔はブラシなどを使って手洗いで作業をしていましたが近年は『高圧洗浄』を使うのが一般的です。『高圧洗浄』のほうがきれいに汚れを落とせます。『高圧洗浄』で今まで蓄積された汚れ・コケ・カビ・チョーキングや剥がれかけの旧塗膜をきれいに落とします。『高圧洗浄』することで塗料を密着させることができ、塗料の持ちがよくなります!35坪くらいのお宅で屋根・外壁の洗浄をすると約1日かかります。『高圧洗浄』はただ水をかければいいというものではありません。ゴム長靴に当ててしまえば穴が開いてしまうほどの威力がありますので適切な水圧と時間が重要です。この作業は新人に任せることはしません。なぜなら『高圧洗浄』をしながら実際にどこが傷んでいるか自分の目で確かめながら作業を進めることができるので今後の工程が効率的になります。天候が安定してきたら屋根の『下塗り』作業から開始です。M様には『カラーシュミレーション』を体験して頂きましたので完成が待ち遠しいです。豊橋市・豊川市で外壁塗装・屋根塗装・防水工事・雨漏り補修の事でお悩みなら、国家資格の1級塗装技能士がいる河合塗装工業までご相談下さい!外壁診断はコチラお電話番号はコチラ0532-61-4368 (2016.10.06 更新) 詳しく見る
スタッフブログ豆知識

豊橋市 外壁塗装のご相談

みなさんこんにちは。外壁塗装・屋根塗装・防水工事専門店の河合塗装工業です。豊橋市で、地域密着で外壁塗装や屋根塗装、防水工事、雨漏り補修を中心に手掛けております。河合塗装工業では、外壁塗装、屋根塗装、防水工事、雨漏り補修を気軽に相談できる会社目指し豊橋市を中心にサービスを展開しております。今日は、豊橋市N様邸へ伺って来ました。築9年、外壁はサイディングで塗替えを初めて検討されているということでした。家の外壁のサイディングの特徴といえばボードとボードの境目にある継ぎ目です。これを「目地」と言いますがこの場所と窓などのサッシの廻りにはシールというゴム状のものが埋め込まれています。このシールのことをシーリング・コーキングともいいます。新築時サイディングボードを貼り終った工事の後、初めはマヨネーズ状になっているシールを目地などに注入していき時間が経つとゴム状に固まっていきます。新築時は上から塗装をせずにシールそのものがむき出し状態のため紫外線が直接あたる格好となって劣化していきます。特に家の北東側より陽のあたりが強い南西側の劣化が激しくなります。     そのため後々の雨水の侵入を防ぐためにも塗装前にシールの打ち直しの交換工事が必要になってきます。専門用語では「打ち替え」ともいいます。打ち直しせずに塗装も可能かもしれませんがせっかく足場を組んで工事をするわけですから多少の費用は加算されますが長持ちするということを考えたら必ずやっておいたほうがいい工事になります。N様にもご提案させて頂きました。豊橋市・豊川市で外壁塗装・屋根塗装・防水工事・雨漏り補修の事でお悩みなら、国家資格の1級塗装技能士がいる河合塗装工業までご相談下さい!外壁診断はコチラお電話番号はコチラ0532-61-4368 (2016.10.05 更新) 詳しく見る
スタッフブログ豆知識

横断歩道橋 豊橋市

みなさんこんにちは。外壁塗装・屋根塗装・防水工事専門店の河合塗装工業です。豊橋市で、地域密着で外壁塗装や屋根塗装、防水工事、雨漏り補修を中心に手掛けております。河合塗装工業では、外壁塗装、屋根塗装、防水工事、雨漏り補修を気軽に相談できる会社目指し豊橋市を中心にサービスを展開しております。今日は、まもなくしゅん工を迎える公共工事の横断歩道橋の現場に行ってきました。小学校の近くということもあり子供たちの安全を考え、夏休み中に出来るだけ工事を進めるよう、従業員一同頑張ってきました。前半は猛暑の中・・・後半は不安定な天候、台風で思うように仕事が進まず・・・でしたが何とかしゅん工を迎えられそうです。併せて戸建てのお客様の工事も順次進めております。従業員一同、一生懸命頑張りますのでよろしくお願いします!   豊橋市・豊川市で外壁塗装・屋根塗装・防水工事・雨漏り補修の事でお悩みなら、国家資格の1級塗装技能士がいる河合塗装工業までご相談下さい!外壁診断はコチラお電話番号はコチラ0532-61-4368 (2016.10.04 更新) 詳しく見る
スタッフブログ豆知識

外壁塗替えのご相談に伺ってきました 豊橋市T様邸

みなさんこんにちは。外壁塗装・屋根塗装・防水工事専門店の河合塗装工業です。豊橋市で、地域密着で外壁塗装や屋根塗装、防水工事、雨漏り補修を中心に手掛けております。河合塗装工業では、外壁塗装、屋根塗装、防水工事、雨漏り補修を気軽に相談できる会社目指し豊橋市を中心にサービスを展開しております。今日は豊橋市T様邸へ外壁塗替えのご説明に伺ってきました。このところ外壁塗装の塗替えのベストシーズンを迎えるにあたって大変ありがたいことにお問合せをたくさん頂いております。築13年のT様邸、外壁診断の結果劣化が進んでおり塗替えを検討して頂けるということでしたが塗料をどれにするかで悩んでおられました。今年の夏は暑かったですよね。今日伺ったT様は『遮熱塗料』にご興味があり詳しい内容の説明をさせて頂きました。『遮熱塗料』にすることで夏には暑さを軽減し冬には寒さ対策ができますので省エネにもつながります。また防音効果も高いので外の騒音に対しての悩みも解決してくれる塗料です。そもそもなぜ夏は室内が暑くなるのでしょうか・・・・それは太陽光に含まれる近赤外線が建物表面の温度を上昇させその熱が家の中に侵入するためです。そのため日差しが直接差し込む窓だけではなく屋根や壁からも熱は室内に入り込んでいます。遮熱塗料は高日射反射率塗料とも呼ばれ温度上昇の原因である近赤外線を反射することにより塗膜や躯体の温度上昇を抑制できる塗料なのです。エアコンなどの光熱費を削減し節電に貢献します。CO₂排出削減となり環境への負荷を削減し地球温暖化対策にも非常に有効です。しかしデメリットもあります。多少の弾力性はありますが施工前の状態でヒビ割れの多い外壁は向いていません。また庇などがなく常に雨があたってしまう場合には雨だれや汚れが目立ちやすいです。耐久年数も平均15年と比較的長くエコな塗料ですがデメリットがあるということもお伝えしました。『遮熱塗料』でのお見積りをということになり後日お持ちすることになりました。お客様それぞれのご希望を伺い建物に合った塗料をご提案させて頂きますので、お気軽にご相談ください。お待ちしております。豊橋市・豊川市で外壁塗装・屋根塗装・防水工事・雨漏り補修の事でお悩みなら、国家資格の1級塗装技能士がいる河合塗装工業までご相談下さい!外壁診断はコチラお電話番号はコチラ0532-61-4368 (2016.10.03 更新) 詳しく見る
スタッフブログ豆知識

お見積りをお届けしました 豊橋市H様邸

みなさんこんにちは。外壁塗装・屋根塗装・防水工事専門店の河合塗装工業です。豊橋市で、地域密着で外壁塗装や屋根塗装、防水工事、雨漏り補修を中心に手掛けております。河合塗装工業では、外壁塗装、屋根塗装、防水工事、雨漏り補修を気軽に相談できる会社目指し豊橋市を中心にサービスを展開しております。今日は豊橋市H様邸へ外壁塗装のお見積りをお届けにあがりました。このところ外壁塗装の塗替えのベストシーズンを迎えるにあたって大変ありがたいことにお見積り依頼をたくさん頂いております。一戸建て住宅の外壁塗装の塗替え時期の目安は一般的に10年と言われていますが、そうは考えたものの、やはり皆さまどれくらいの費用がかかるのか、どれくらいの工期がかかるのかといった漠然とした疑問をお持ちになるかと思います。平均的に30~40坪の4LDKのお宅が多いのですが費用は希望される塗料の種類によって変わり、お宅の劣化状況によっても変わってきます。一概にだいたいこれぐらい・・・とは申し上げにくいのです。工期はスムーズに進めば10日間~14日間で終了となりますが今の時期のように台風の影響などで工期が大幅にずれてしまうこともあります。工事の流れとしては 足場組立➡塗装を施す部分の高圧洗浄・養生➡下地処理➡シーリング工事➡塗装下塗➡中塗➡上塗➡完了検査➡足場解体➡完成!!と、なります。お客様にはご不便をお掛けいたしますが、宜しくお願い致します。豊橋市・豊川市で外壁塗装・屋根塗装・防水工事・雨漏り補修の事でお悩みなら、国家資格の1級塗装技能士がいる河合塗装工業までご相談下さい!外壁診断はコチラお電話番号はコチラ0532-61-4368 (2016.09.30 更新) 詳しく見る
スタッフブログ豆知識

現場調査に行ってきました 田原市K様邸

みなさんこんにちは。外壁塗装・屋根塗装・防水工事専門店の河合塗装工業です。豊橋市で、地域密着で外壁塗装や屋根塗装、防水工事、雨漏り補修を中心に手掛けております。河合塗装工業では、外壁塗装、屋根塗装、防水工事、雨漏り補修を気軽に相談できる会社目指し豊橋市を中心にサービスを展開しております。今日は田原市K様邸へ外壁診断に伺ってきました。築15年のお宅は初めての塗替えのご検討ということでした。やはり海が近い土地柄、潮風にあたるせいか劣化が進んでいました。壁を触ってみると手に粉が付く『チョーキング現象』がありました。診断の結果、早い段階で塗り替えをご検討されたほうが良い事をご報告させて頂き、一度お見積りを出させて頂くこととなりました。そこで『チョーキング現象』とは・・・・壁を触ったときに手の平に白い粉が付いてしまう現象をチョーキング現象といいます。チョーキング現象のチョーキングは白いチョークを思い浮かべると覚えやすいと思います。外壁塗り替えの目安は一見分かりにくいですがこのチョーキング現象は触るだけで分かりますので塗替え時期の目安にされるといいかと思います。チョーキング現象を放っておくと外壁にヒビが入ったり、カビが生えたりと劣化がどんどん進んでいきます。定期的にチョーキング現象を調べて外壁の塗替えを検討されることをおすすめします。豊橋市・豊川市で外壁塗装・屋根塗装・防水工事・雨漏り補修の事でお悩みなら、国家資格の1級塗装技能士がいる河合塗装工業までご相談下さい!外壁診断はコチラお電話番号はコチラ0532-61-4368 (2016.09.29 更新) 詳しく見る
スタッフブログ豆知識