現場日誌・現場ブログ塗装に関するマメ知識やイベントなど最新情報をお届けします!

HOME > 現場日誌・現場ブログ > 新着情報

新着情報の記事一覧

外壁・屋根塗装 豊橋市  『サイディングの施工方法の違い』

みなさんこんにちは。外壁塗装・屋根塗装・防水工事専門店の河合塗装工業です。   豊橋市で、地域密着で外壁塗装や屋根塗装、防水工事、雨漏り補修を中心に手掛けております。河合塗装工業では、外壁塗装、屋根塗装、防水工事、雨漏り補修を気軽に相談できる会社目指し豊橋市を中心にサービスを展開しております。   今日はクリスマスですね! 今年は例年以上にお家で過ごされる方も多いのではないでしょうか? マイホームでご家族とクリスマスというのも素敵ですよね!     今回は、長く住まれているご自宅のことでもなかなか知ってる方のいない、 『サイディングの施工方法の違い』についてのお話です。 近年よく外壁で使われるサイディングボードという素材をご存じでしょうか? 外壁の施工の方法は、現場でモルタルなどの材料を壁に塗りつける湿式工法と、工場で作った材料を現場で組み立てる乾式工法とに分かれま すが、サイディングでの施工は乾式工法にあたり、短時間で天気の影響をあまり受けずに施工できるというメリットがありま す。 乾式工法の施工の中でも、窯業系サイディングはデザイン性に富んでいて防火性もありコストパフォーマンスも良いため外 壁材として近年最も多く用いられる材料ですので、ご自宅に使っているという方も多いと思います。   表面から見るだけでは判断しにくいですが、サイディングの工法にも種類があり塗装の際にも気を付ける必要があります。   【直貼り工法と外壁通気工法の違い】 直張り工法:防水シートの上にそのままサイディングボードを貼り付ける工法のこと。 外壁通気工法:防水シートとサイディングの間に胴縁を付け、通気層を設ける工法のこと。   2000年以降、法律の施行により外壁通気工法が標準の工程になりましたが、2000年以前に建てられた建物は直張り工法が主流でした。       【直張り工法と外壁通気工法の見分け方】       上の図のように、定規を差し込んで奥からサイディングの表面の長さを図ることで見分けることができます。   もし直張り工法で施工されていた場合、中に水が入った時に水の逃げ道がなく、サイディングボード自体に水が溜まり やすいという問題点があります。     サイディングが水を含むと外壁が傷みやすい原因になります。例えば、 ・冬場サイディングに溜まった水が凍結し、溶けると爆裂といって割れたりする原因になる ・水を含んで乾くと、膨張と収縮が起こり表面だけが乾いて収縮することによっておこる反りかえりや変形 ・カビや腐食が起こりやすい   傷みが進むと、サイディングを取り替えないといけなくなる場合もあります!   また、塗装を行う際に外壁が水を含んでいると、塗膜の膨れ等のトラブルの原因になることが考えられます。 直張り工法で、旧塗膜がアクリルラッカー系の塗料の場合など膨れが起こるリスクの高いときは、下塗り材を変えて膨れの起きないようにし て対応します。   きちんと現場の状況に合わせて施工することによってトラブルのないようにすることができます。 もちろん、施工を丁寧にきれいに仕上げることは重要ですが、その前の診断や材料選びも重要になってきます!   直張り工法のお家でも、定期的に水が入らないようきちんと塗装やシーリングなどの防水の施工を行うことで、ちゃんと長持ちさせることが できます! 外壁の傷み具合が心配という方は、まずはお気軽に無料診断をご利用ください。 外壁診断士の資格を持ったスタッフが診断させて頂きます!   年内は29日までの営業です。 年始は1月6日から営業となりますので、年明けのご依頼もお待ちしております。             ★★期間限定★★コロナに負けるな!豊橋市・豊川市地域応援キャンペーン実施中!! 外壁塗装、屋根リフォーム お見積り価格から最大10%OFF  お得に外壁塗装をするなら今がチャンスです!! この機会にぜひご検討ください。                       河合塗装工業 ショールーム豊橋市西岩田五丁目9-14 1F河合塗装工業ショールームのご案内 ショールームには皆様が実際に見て触れて頂けるものをご用意しております。 ご相談・お問い合わせはお気軽に!! 御見積り依頼、各種診断、不明な点等、お気軽にどうぞ。 お待ちしております。河合塗装工業の施工事例集 「外壁塗装・屋根塗装を考えているけどイメージがわかない・・・」 そんな方は河合塗装工業が施工させて頂いたお宅をご覧ください! 「屋根・外壁診断」は河合塗装工業におまかせください! まずはお家の劣化状況をしっかりと把握しましょう。 河合塗装工業ではご相談・現地調査・お見積り提出まで無料でさせて頂きます! 河合塗装工業の雨漏り診断 雨漏りのプロが原因を特定します。 お家の状況に合わせた納得のご提案をさせて頂きます。 (2020.12.25 更新) 詳しく見る
新着情報スタッフブログ

外壁・屋根塗装 豊橋市  『アスベストって何?』

みなさんこんにちは。外壁塗装・屋根塗装・防水工事専門店の河合塗装工業です。   豊橋市で、地域密着で外壁塗装や屋根塗装、防水工事、雨漏り補修を中心に手掛けております。河合塗装工業では、外壁塗装、屋根塗装、防水工事、雨漏り補修を気軽に相談できる会社目指し豊橋市を中心にサービスを展開しております。   『アスベストって何❓』 ニトリの珪藻土商品にアスベストが規定値以上含まれていたとして、自主回収を始めたと今朝ニュースになっていました。 アスベストとは、石綿の事で、工業製品の強度を上げるために用いられる材料です。 かつては建物の内装などにも使われていましたが、アスベストが原因でシックハウス症候群にかかる人が続出したため問題になり、今は規制 がかけられています。 シックハウス症候群とは、建築材料に含まれる人体に有害な物質を体の中に取り込むことで体に及ぼす不調のことを言います。 アスベストによるシックハウス症候群の症状としては、アスベストに含まれる繊維質が肺の中に滞留して引き起こす肺の繊維化や肺が ん、悪性中皮腫などの病気が挙げられます。ただし、アスベストによる健康被害は潜伏期間が長いのが特徴で、30年から50年ほど経って から発症するといわれていますのですぐわからないところが怖い部分でもあります。だからこそアスベストの人体に及ぼす害の発見が遅れて 結果的にたくさんの建物などの工業製品に使われてしまいました。   規制がかかる前は普通に使われていたので、現在建っている建物にもまだ使われているところはたくさんあります。 屋根材のカラーベストにも以前は使われていたので、お客様からご依頼いただいて確認するとアスベストが使われている屋根を良くお見受け します。 もしかしてうちの屋根にもアスベストが使われているの!?と不安になるかもしれませんが、屋根に使われているアスベストを吸いこんでしまうことは考えにくいので、さほど問題はありません。   屋根塗装の際に気を付けるべきなのはむしろ、アスベストを使えなくなってすぐに作られた屋根材だったりします。 製品名でいうと、ニチハのパミールや積水のかわらU等が挙げられます。 なぜ気を付けないといけないかというと、アスベストを使用しないことで強度が大幅に下がって極端に割 れやすい製品だからです。 ※製造ロットによっても差はあります。 塗装はもちろん、屋根材を保護するために行いますが屋根の上に上るのでどうしても荷重がかかり作業中に割れてしまうことが 考えられますので、そういった製品の場合塗装ではなくカバー工法や葺き替え等をご提案させていただく場合もあります。 ただ、どうしても塗装より高額になってしまうので、強度が施工に問題ないと判断した場合は塗装の施工をさせて頂く場合もあ ります。 一番よくないのは、施工にリスクがあることから何も手入れしないことです。 屋根材は外壁以上に紫外線や雨などにさらされて傷む部分なので、メンテナンスをしないと雨漏りしてしまうことも考えられます。   アスベストが人体に影響を及ぼすのは、材料の劣化・解体時などに粉塵として吸い込むときなので、触ったらかぶれる とかではありません。 不用意に割ったり削ったりしないようにしましょう! ご自宅の建築材料として使われている場合も、なるべく劣化を防ぐことでシックハウス症候群の予防につながります。 大切なお家やご家族の体を守るためにもお家のメンテナンスは大事だということです!                             ★★期間限定★★コロナに負けるな!豊橋市・豊川市地域応援キャンペーン実施中!! 外壁塗装、屋根リフォーム お見積り価格から最大10%OFF  お得に外壁塗装をするなら今がチャンスです!! この機会にぜひご検討ください。                       河合塗装工業 ショールーム豊橋市西岩田五丁目9-14 1F河合塗装工業ショールームのご案内 ショールームには皆様が実際に見て触れて頂けるものをご用意しております。 ご相談・お問い合わせはお気軽に!! 御見積り依頼、各種診断、不明な点等、お気軽にどうぞ。 お待ちしております。河合塗装工業の施工事例集 「外壁塗装・屋根塗装を考えているけどイメージがわかない・・・」 そんな方は河合塗装工業が施工させて頂いたお宅をご覧ください! 「屋根・外壁診断」は河合塗装工業におまかせください! まずはお家の劣化状況をしっかりと把握しましょう。 河合塗装工業ではご相談・現地調査・お見積り提出まで無料でさせて頂きます! 河合塗装工業の雨漏り診断 雨漏りのプロが原因を特定します。 お家の状況に合わせた納得のご提案をさせて頂きます。 (2020.12.24 更新) 詳しく見る
新着情報スタッフブログ

トタン屋根のケレン(豊橋市豊川市田原市蒲郡市 屋根外壁塗装専門 河合塗装工業)

こんにちは。豊橋市の河合塗装工業の岡田です。現場管理を担当しております。 先日行った、桟葺トタンのケレン状況についてお話します。 今回塗替える桟葺トタンは、旧塗膜が所々浮いてきてしまっており、カワスキ(鉄製のヘラ)で簡単に剥がれてしまう状況でした。 この様な状況で、ケレンに手を抜いて塗装しても、塗膜は長持ちするどころかすぐ剥がれてしまいます。 そのため、浮いている旧塗膜は必ず全て剥がす必要があります。(素地と密着してれば大丈夫です) 効率を良くするために電動のワイヤーブラシを使用し行なってもらいました。 ケレン後の状況です。 旧塗膜をかなり剥がすことが出来ました。旧塗膜が残っている箇所は素地に密着してるので無理に剥がす必要はありません。(表面はサンダーを当ててます) 今回のケースは、ケレンが1番のポイントでした。塗装が長持ちするかどうかケレン次第という状況でした。 正直、いくらでも手を抜ける作業です。 塗料を被せてしまえば分からないです。 しかし、弊社では下地処理を最も重要視していますので、しっかりやらせていただきました。 安い業者はいくらでもいますが、この様な下地処理は本当に大丈夫でしょうか? 金額だけで決めず、工事内容もしっかり確認して、業者を決められることをお勧めします。  弊社を選んで頂ければ、きっちり仕事はさせて頂きます!! 少しでも気になるようでしたら、お気軽にお問い合わせ下さい。   河合塗装工業は、東三河(豊橋市、豊川市、田原市)を中心に施工を行っております。 今後ともよろしくお願い致します。 不明な点はお気軽にお問い合わせくださいませ。          河合塗装工業 ショールーム豊橋市西岩田五丁目9-14 1F河合塗装工業ショールームのご案内 ショールームには皆様が実際に見て触れて頂けるものをご用意しております。 ご相談・お問い合わせはお気軽に!! 御見積り依頼、各種診断、不明な点等、お気軽にどうぞ。 お待ちしております。河合塗装工業の施工事例集 「外壁塗装・屋根塗装を考えているけどイメージがわかない・・・」 そんな方は河合塗装工業が施工させて頂いたお宅をご覧ください! 「屋根・外壁診断」は河合塗装工業におまかせください! まずはお家の劣化状況をしっかりと把握しましょう。 河合塗装工業ではご相談・現地調査・お見積り提出まで無料でさせて頂きます! 河合塗装工業の雨漏り診断                                     雨漏りのプロが原因を特定します。 お家の状況に合わせた納得のご提案をさせて頂きます。 (2020.12.24 更新) 詳しく見る
新着情報スタッフブログ豆知識
外壁塗装 豊橋

外壁・屋根塗装 豊橋市 豊川市 『塗料・1液型と2液型』

みなさんこんにちは。外壁塗装・屋根塗装・防水工事専門店の河合塗装工業です。   豊橋市で、地域密着で外壁塗装や屋根塗装、防水工事、雨漏り補修を中心に手掛けております。河合塗装工業では、外壁塗装、屋根塗装、防水工事、雨漏り補修を気軽に相談できる会社目指し豊橋市を中心にサービスを展開しております。       塗料の種類「1液型と2液型」   外壁や屋根に対して使用される塗料は1液型、2液型に分けられます。   塗料には「ウレタン樹脂」「シリコン樹脂」「フッ素樹脂」といった塗料のグレードを指している基準があり、 それらすべてのグレードに存在している種類分けが、1液型と2液型となります。   塗料はそれぞれ使用する際に別の材料と混ぜる必要があるのですが、1液型の場合、複雑な工程が少なく混合の時間を取られる心配がありません。 塗料缶は1つで、そこに水やシンナーを入れて薄めて壁に塗るタイプです。 2液型は塗料の耐候性も高いので、長期にわたって剥がれ落ちにくくなっています。 1液型と比較しても平均3年前後はしっかりと塗膜を維持してくれます。 しかし、混ぜ合わせる工程が1液型よりも手間がかかります。   塗料缶は2つあり、主材(塗料)と硬化剤に分かれていて塗装をする直前に主材と硬化剤を混ぜ合わせて初めて塗料となります。 そこにさらに水やシンナーを入れて薄めることで壁に塗るタイプです。   2液型は可使時間が短く、作ったものはその日のうちに消化しないといけませんし、足りなくなると毎回混ぜ合わせなくてはいけません。   しかも混ぜ合わせるときは混合比率に非常に気を遣う必要があるので、塗装作業に非常に手間がかかるのです。   ある程度の知識や経験がないと取り扱いが難しいので、DIYではおすすめしません。 最近では1液型塗料で、2液型に匹敵する耐候性のあるものもあり、 ニオイも少ないことから人気をあつめています。     誤った使い方をしないためにもある程度の知識を頭の中に入れておきましょう。 塗装を上手に行うためには業者に任せっきりにせず、質問をして実際どんな塗料がどこに使われているのか知っておくのもいいかもしれませんね。     ★★期間限定★★コロナに負けるな!豊橋市・豊川市地域応援キャンペーン実施中!! 外壁塗装、屋根リフォーム お見積り価格から最大10%OFF  お得に外壁塗装をするなら今がチャンスです!! この機会にぜひご検討ください。                       河合塗装工業 ショールーム豊橋市西岩田五丁目9-14 1F河合塗装工業ショールームのご案内 ショールームには皆様が実際に見て触れて頂けるものをご用意しております。 ご相談・お問い合わせはお気軽に!! 御見積り依頼、各種診断、不明な点等、お気軽にどうぞ。 お待ちしております。河合塗装工業の施工事例集 「外壁塗装・屋根塗装を考えているけどイメージがわかない・・・」 そんな方は河合塗装工業が施工させて頂いたお宅をご覧ください! 「屋根・外壁診断」は河合塗装工業におまかせください! まずはお家の劣化状況をしっかりと把握しましょう。 河合塗装工業ではご相談・現地調査・お見積り提出まで無料でさせて頂きます! 河合塗装工業の雨漏り診断 雨漏りのプロが原因を特定します。 お家の状況に合わせた納得のご提案をさせて頂きます。 (2020.12.23 更新) 詳しく見る
新着情報スタッフブログ豆知識
外壁塗装 豊橋

外壁・屋根塗装 豊橋市  『外壁・屋根のセルフ診断』

みなさんこんにちは。外壁塗装・屋根塗装・防水工事専門店の河合塗装工業です。   豊橋市で、地域密着で外壁塗装や屋根塗装、防水工事、雨漏り補修を中心に手掛けております。河合塗装工業では、外壁塗装、屋根塗装、防水工事、雨漏り補修を気軽に相談できる会社目指し豊橋市を中心にサービスを展開しております。   『外壁・屋根のセルフ診断』 同じくらいの時期に経った家が、外壁塗装をしたら『うちもそろそろやらないといけないのかしら・・・』思われる方もいらっ しゃると思います。 実際、ご相談いただく方に検討のきっかけを伺うと、お隣さんやご近所さんが塗装されたからなんて方もいらっしゃいます。 また、きっかけとして多いのは、訪問販売の営業の人に言われてというパターンも多いように感じます。 訪問販売で指摘されたからとご相談いただくケースで多いのは、過剰に危機感をあおるような営業を受けているということです。   実際にお伺いして見させていただくと、確かに劣化の兆候はややみられるもののすぐ施工しないと雨漏りするような切羽詰まった症状で はない場合がほとんどだったりします。 不安を煽るような営業をされると、不安になって相場より高い金額で契約してしまって後悔するなんてことに繋 がりかねませんよね。 もし、不安になったときにご自身である程度の判断ができるようにセルフ診断する時のポイントをご紹介します!   ①壁を手で触ってみる。 触った後の手を見てみると、色が付くことがあります。(チョーキングと言います) これは、表面の塗膜が劣化し顔料などが粉状になって剥がれおちている状態で寿命を迎えている合図なので、塗装を検討された方がいい でしょう。   ②色が褪せてきている 素材によっては触ってもチョーキングがわかりにくいものもありますが、色が薄くなっていたり斑になっていたり、北面と南面の 色が違う場合は劣化している合図です。   ③外壁が反って浮いてきている サイディングの外壁の場合、塗膜が劣化すると水を吸いやすくなり外壁が膨張と収縮を繰り返すうちに反って浮いてきています。 継ぎ目や、下の端の部分を見て浮いている場合は早めに塗り替えをした方がいいでしょう。   ④外壁材にヒビや割れ・欠けがある 表面塗膜の劣化を通りこして外壁材自体が脆くなりつつあります。 早急に対処した方がいい状態です。ただし、たまたま物が当たっただけという場合もありますので、プロの目で見てもらって判断した 方がいいでしょう。   ⑤シーリングが割れたり切れたりして下地が見えている かなりシーリング材が劣化しています。切れたところから水が浸入すると外壁の傷みや雨漏りになることもありますので、 シーリングは施工のタイミングです。 シーリングの施工には足場が必要になるので塗装も同じタイミングで施工した方がいい場合が多いです。   ⑥シーリング材の表面に小さなヒビが見られる シーリング材が傷んできています。数年のうちには施工を検討された方がいいでしょう。   ⑦屋根の色褪せがある 屋根の表面塗膜の劣化が考えられます。屋根は外壁より紫外線等の刺激を受ける箇所なので、外壁がまださほど傷んでいなくても屋 根の劣化は始まっている可能性があります。 心配な場合は無理に自分で登らず、業者を呼んで見てもらいましょう。   ⑧屋根にコケやカビの発生が見られる すでに屋根材が水を吸いやすくなっていることが考えられます。 特に薄いスレート屋根の場合、水を吸うことで脆くなって欠けたり割れたりしやすくなりますので、早めに塗装を検討 された方がいいでしょう。   ⑨金属部分に錆の発生が見られる 錆びが発生したまま放っておくと内側から錆びによる腐食が進み、塗装で対処しきれなくなってしまいます。 表面に発生し始めた時点で、早めに錆を落とし錆止め塗料を塗ることで進行を抑えることができます。 早めに塗装を検討された方がいいでしょう。   ご自宅の劣化状況が気になったら以上の事を参考に劣化診断してみてはいかがでしょうか! もしいくつか当てはまる項目があれば、そろそろ塗装のタイミングかもしれません。 お家を長持させるためには、適宜適切なタイミングと施工方法でメンテナンスすることが大切です。 傷んでいるところを放置するとさらに急速に劣化してしまいますので、劣化のサインに気づいたら塗装のお見積りの取得をお勧めします!         ★★期間限定★★コロナに負けるな!豊橋市・豊川市地域応援キャンペーン実施中!! 外壁塗装、屋根リフォーム お見積り価格から最大10%OFF  お得に外壁塗装をするなら今がチャンスです!! この機会にぜひご検討ください。                       河合塗装工業 ショールーム豊橋市西岩田五丁目9-14 1F河合塗装工業ショールームのご案内 ショールームには皆様が実際に見て触れて頂けるものをご用意しております。 ご相談・お問い合わせはお気軽に!! 御見積り依頼、各種診断、不明な点等、お気軽にどうぞ。 お待ちしております。河合塗装工業の施工事例集 「外壁塗装・屋根塗装を考えているけどイメージがわかない・・・」 そんな方は河合塗装工業が施工させて頂いたお宅をご覧ください! 「屋根・外壁診断」は河合塗装工業におまかせください! まずはお家の劣化状況をしっかりと把握しましょう。 河合塗装工業ではご相談・現地調査・お見積り提出まで無料でさせて頂きます! 河合塗装工業の雨漏り診断 雨漏りのプロが原因を特定します。 お家の状況に合わせた納得のご提案をさせて頂きます。 (2020.12.23 更新) 詳しく見る
新着情報スタッフブログ

外壁・屋根塗装 豊橋市  『遮熱塗料の効果と断熱塗料との違い』

みなさんこんにちは。外壁塗装・屋根塗装・防水工事専門店の河合塗装工業です。   豊橋市で、地域密着で外壁塗装や屋根塗装、防水工事、雨漏り補修を中心に手掛けております。河合塗装工業では、外壁塗装、屋根塗装、防水工事、雨漏り補修を気軽に相談できる会社目指し豊橋市を中心にサービスを展開しております。   『遮熱塗料の効果と断熱塗料との違い』 最近では塗料自体にいろんな機能性を持たせたものも増えてきています。 その中でもお家の省エネにも繋がると注目されるのが、遮熱や断熱の機能を持った塗料です。 お家を建設される際は、壁や屋根に断熱材を入れることでエネルギー効率を高めたりしますよね。 建設中であれば断熱材を追加したりなども可能ですが、ひとたび完成してしまうとなかなか途中で断熱材を変えるのは難しいです。   断熱性や遮熱性は住んでみて初めて初めて実感できる部分だと思うので、思った以上に夏2階の暑さが気になるとか、エアコンの利きがいま いちで電気代がかかるなんてお悩みをお持ちの方もいるかもしれません。 お家の中を改装するとなると、家具をどけて、壁紙を剥がして、、、手間がかかりますが、外壁や屋根塗装の際に遮熱性・ 断熱性を持たせるのは塗る塗料の種類を変えるだけなので意外と簡単にローコストで実現 できたりします。   とはいえ、塗膜自体はそう厚みのあるものではないので効果に期待ができるか疑問に思われたりもするかもしれませんが、実際職人が屋根塗 装を行う際に屋根に上がると遮熱塗料を塗ったところと塗っていないところではかなりの温度差を感じるそうです。 表面温度でいうと、実に15℃ほども違いが出たりします。 夏場に室内が過剰に暑くなるのを防いでくれますし、紫外線による劣化の度合いも抑えることができます。   エネルギー効率を考えたら是非利用したい機能だといえます。   では、『遮熱』と『断熱』はどのように違うのでしょうか? 遮熱は、熱を遮ると書くので特に夏場に日光を反射させることで室内に熱が入るのを防ぐための機能です。 断熱は、熱を断つと書かれるように室内の熱を逃しにくく、外からの熱も入りにくくすることができます。   ちなみに、冬場お家の中で熱損失がどのような割合で行われているかというと、 屋根・・・10% 換気扇などの機械換気・・・13% 外壁面・・・27% 床面から・・・10% 窓などの建具面から・・・40% と言われています。 屋根と外壁を合わせると、37%もの損失になるのでここに断熱塗料を塗るとおおきな省エネにつながることが わかります。 窓などの建具からの熱損失も大きい箇所なので、併せて窓をペアガラスにするとさらに効果が上がります!   エアコンなどの電気代が気になるという方は、塗装の仕方を見直してみてはいかがでしょうか? 河合塗装工業では、遮熱・断熱塗料の取り扱いもさせて頂いていますのでお気軽にご相談ください!                   ★★期間限定★★コロナに負けるな!豊橋市・豊川市地域応援キャンペーン実施中!! 外壁塗装、屋根リフォーム お見積り価格から最大10%OFF  お得に外壁塗装をするなら今がチャンスです!! この機会にぜひご検討ください。                       河合塗装工業 ショールーム豊橋市西岩田五丁目9-14 1F河合塗装工業ショールームのご案内 ショールームには皆様が実際に見て触れて頂けるものをご用意しております。 ご相談・お問い合わせはお気軽に!! 御見積り依頼、各種診断、不明な点等、お気軽にどうぞ。 お待ちしております。河合塗装工業の施工事例集 「外壁塗装・屋根塗装を考えているけどイメージがわかない・・・」 そんな方は河合塗装工業が施工させて頂いたお宅をご覧ください! 「屋根・外壁診断」は河合塗装工業におまかせください! まずはお家の劣化状況をしっかりと把握しましょう。 河合塗装工業ではご相談・現地調査・お見積り提出まで無料でさせて頂きます! 河合塗装工業の雨漏り診断 雨漏りのプロが原因を特定します。 お家の状況に合わせた納得のご提案をさせて頂きます。 (2020.12.22 更新) 詳しく見る
新着情報スタッフブログ

外壁塗装 豊橋市 『一級塗装技能士とは?』

みなさんこんにちは。外壁塗装・屋根塗装・防水工事専門店の河合塗装工業です。         豊橋市で、地域密着で外壁塗装や屋根塗装、防水工事、雨漏り補修を中心に手掛けております。河合塗装工業では、外壁塗装、屋根塗装、防水工事、雨漏り補修を気軽に相談できる会社目指し豊橋市を中心にサービスを展開しております。         外壁塗装は資格がなくてもできる仕事ですが、最近は資格を持っている職人さんが増えています。経験を積んでいる人であれば資格の有無と工事の出来栄えに関係はありませんが、資格を持っている人で尚且つ経験豊富な職人さんだと安心ですよね。         塗装の資格は「塗装技能士」があります。1級塗装技能士の資格を持っている職人さんは知識と経験がある人ということになります。         塗装技能士資格の試験では「木工塗装作業」、「建築塗装作業」、「金属塗装作業」、「噴霧塗装作業」、「鋼橋塗装作業」に分かれています。塗装技能士は、特級、1級、2級、3級とありますが上位になるほど受験資格が厳しくなります。・特級・・・1級合格後、実務経験5年以上・1級・・・実務経験7年以上・2級・・・実務経験2年以上・3級・・・実務経験6ヶ月以上1級試験を受けるのに実務経験が7年以上必要で、特級試験を受けるのに1級を取得してから5年かかりますので、最低でも12年の実務経験がないと特級は取得できません。試験に合格するためには実技試験と学科試験の両方をクリアしなければいけませんのでこの資格を持っている人は実技も伴っている人です。1級塗装技能士資格を持っている人は実務経験が7年以上ということです。それだけの期間塗装業を続けられた人ですので経験があり信頼度も高いです。         ★★期間限定★★コロナに負けるな!豊橋市・豊川市地域応援キャンペーン実施中!! 外壁塗装、屋根リフォーム お見積り価格から最大10%OFF  お得に外壁塗装をするなら今がチャンスです!! この機会にぜひご検討ください。                      河合塗装工業 ショールーム豊橋市西岩田五丁目9-14 1F 河合塗装工業ショールームのご案内 ショールームには皆様が実際に見て触れて頂けるものをご用意しております。 ご相談・お問い合わせはお気軽に!! 御見積り依頼、各種診断、不明な点等、お気軽にどうぞ。 お待ちしております。河合塗装工業の施工事例集 「外壁塗装・屋根塗装を考えているけどイメージがわかない・・・」 そんな方は河合塗装工業が施工させて頂いたお宅をご覧ください! 「屋根・外壁診断」は河合塗装工業におまかせください! まずはお家の劣化状況をしっかりと把握しましょう。 河合塗装工業ではご相談・現地調査・お見積り提出まで無料でさせて頂きます! 河合塗装工業の雨漏り診断 雨漏りのプロが原因を特定します。 お家の状況に合わせた納得のご提案をさせて頂きます。   豊橋市・豊川市で外壁塗装・屋根塗装・防水工事・雨漏り補修の事でお悩みなら、国家資格の1級塗装技能士がいる河合塗装工業までご相談下さい!   (2020.12.22 更新) 詳しく見る
新着情報スタッフブログ豆知識

外壁・屋根塗装 豊橋市  『塗装の施工順序』

みなさんこんにちは。外壁塗装・屋根塗装・防水工事専門店の河合塗装工業です。   豊橋市で、地域密着で外壁塗装や屋根塗装、防水工事、雨漏り補修を中心に手掛けております。河合塗装工業では、外壁塗装、屋根塗装、防水工事、雨漏り補修を気軽に相談できる会社目指し豊橋市を中心にサービスを展開しております。   『塗装の施工順序』   塗装工事をご契約いただいた後、色決めや近隣へのご挨拶などの前準備を終えたらいよいよ施工開始です。 今回は、塗装工事を行う順序についてお話していきます。   まずは、足場の架設です。 高所での作業を安全に行うために必要な工事です。また、作業中近隣への塗料や汚水の飛散を防ぐために養生のネットも取り付けます。   次に、高圧洗浄です。 屋根や外壁についた汚れを洗い落としていきます。汚れが残っているままだと塗料がうまく付着しませんので、綺麗に汚れを落とします。 業務用のケルヒャーを使うため、かなりの圧力がかかり水も飛び散りますので、周囲に駐車してある車にはシートをかぶせます。   シーリング工事をします。 古くなって傷んだシーリング材を撤去し、新しくシーリング材を補填します。 この時、古いシーリングが残らないように注意が必要です。シーリング材が固まった後適切に機能するよう、バックアップ材や接着をよくす るためのプライマーの塗布も併せて行います。こういった細かい作業をしっかり行うことによって、長持ちする施工が実現できます。 シーリング工事は、先打ちすることが多いですが、使う材料(塗料・シーリング材)によっては後打ちといって塗装後にシーリング工事をす ることもあります。穴が開いていたり欠けていたりひび割れしていたりすると、このタイミングで下地の補修も行います。   塗装しない箇所の養生をします。 例えば、窓などのサッシやエアコンの室外機等の塗る予定のない部分はあらかじめ汚れが付かないようにビニールやテープを使って養生しま す。養生を綺麗にすることにより、塗装の作業の効率を上げ仕上がりもきれいにすることができます。   いよいよ塗装作業です。 下地の状況に合わせて適切にケレン作業(専用のかなだわし等を使って錆を落としたり目荒らしする作業)をして、下塗り材から順番に塗っ てい行きます。 屋根の施工がある場合は、基本的には屋根から行います。 付帯部は色を変えることが多いため、色の変わる部分は養生しながらそれぞれ3回塗りをベースに塗り重ねていきます。 下塗り材も下地にあわせて使い分けていくため、塗装→乾燥とそれぞれの箇所を施工していくと日数がかかりやすい作業工程です。   仕上がりの確認をして、足場を解体します。 塗り残しや塗りムラなどがないかをよく確認してから足場を解体します。 足場を取り外す際にも細かい傷がついてしまうこともあるため、解体後も必ず確認し手直しを行います。   一つ一つの工程で乾燥時間などをしっかりとる必要がありますし、途中で雨が降ると仕上がりに不備をきたす可能性があるので、雨天時は基 本的に施工ができなくなります。 それを踏まえると、塗装工事は2週間以上はかかると思っておいた方がよいでしょう。   たくさん手間がかかっていますが、一つ一つの工程をしっかり行うことで長持ちすることができますよ!                 ★★期間限定★★コロナに負けるな!豊橋市・豊川市地域応援キャンペーン実施中!! 外壁塗装、屋根リフォーム お見積り価格から最大10%OFF  お得に外壁塗装をするなら今がチャンスです!! この機会にぜひご検討ください。                       河合塗装工業 ショールーム豊橋市西岩田五丁目9-14 1F河合塗装工業ショールームのご案内 ショールームには皆様が実際に見て触れて頂けるものをご用意しております。 ご相談・お問い合わせはお気軽に!! 御見積り依頼、各種診断、不明な点等、お気軽にどうぞ。 お待ちしております。河合塗装工業の施工事例集 「外壁塗装・屋根塗装を考えているけどイメージがわかない・・・」 そんな方は河合塗装工業が施工させて頂いたお宅をご覧ください! 「屋根・外壁診断」は河合塗装工業におまかせください! まずはお家の劣化状況をしっかりと把握しましょう。 河合塗装工業ではご相談・現地調査・お見積り提出まで無料でさせて頂きます! 河合塗装工業の雨漏り診断 雨漏りのプロが原因を特定します。 お家の状況に合わせた納得のご提案をさせて頂きます。 (2020.12.21 更新) 詳しく見る
新着情報スタッフブログ

外壁・屋根塗装 豊橋市 『塗替えが必要な理由』

みなさんこんにちは。外壁塗装・屋根塗装・防水工事専門店の河合塗装工業です。       豊橋市で、地域密着で外壁塗装や屋根塗装、防水工事、雨漏り補修を中心に手掛けております。河合塗装工業では、外壁塗装、屋根塗装、防水工事、雨漏り補修を気軽に相談できる会社目指し豊橋市を中心にサービスを展開しております。        塗替えが必要な理由 外壁や屋根の塗替えは建物の印象を変えるためだけではありません。大切な建物を守り、建物の長寿命化を図ることができます。       建物は常に厳しい環境条件にさらされています。塗装されていなければ外壁はすぐに傷みます。風雨や日射など自然環境から建物を保護する際に、塗膜は大きな威力を発揮します。塗膜の劣化は建物の傷みを早める直接的な原因となるので早めの点検と塗替えが必要です。        塗替えのメリット  ★保護 厳しい自然環境から建物を保護するために塗膜は必要です。建物は太陽光の紫外線、地震や台風による揺動、風雨などにさらされています。素材の表面に皮膜を作り、劣化の原因から大切な建物を守ります。傷みを放置すると修繕費がかさむことにもなりかねません。      ★美粧性向上 家を美しく塗替えることは資産価値の向上にもつながります。新築のきれいな状態にもどすことはもちろん新築時とは違ったデザインに変更して気分を一新することもできます。色・ツヤ・平滑・凹凸模様など、いろいろな仕上げで新たな印象を作り出すこともできます。      ★劣化防止 鉄部のサビ、コンクリートや屋根材の経年による風化、木部の腐食などを防止します。建物を構成する各部材の耐用年数はそれぞれ違います。それぞれの部材に合った塗装を施すことによって建物の老朽化の進行を遅らせることができます。      ★防水 屋根はもちろん、外壁のひび割れやシーリング箇所の定期点検と補修をかねて塗装をします。屋上やベランダには防水工事をすることでひび割れなどからの雨水侵入を防ぎ、雨漏りや部材の腐食から建物を守り、構造部分の老朽化を防ぎます。     ★★期間限定★★コロナに負けるな!豊橋市・豊川市地域応援キャンペーン実施中!! 外壁塗装、屋根リフォーム お見積り価格から最大10%OFF  お得に外壁塗装をするなら今がチャンスです!! この機会にぜひご検討ください。                河合塗装工業 ショールーム豊橋市西岩田五丁目9-14 1F 河合塗装工業ショールームのご案内 ショールームには皆様が実際に見て触れて頂けるものをご用意しております。 ご相談・お問い合わせはお気軽に!! 御見積り依頼、各種診断、不明な点等、お気軽にどうぞ。 お待ちしております。河合塗装工業の施工事例集 「外壁塗装・屋根塗装を考えているけどイメージがわかない・・・」 そんな方は河合塗装工業が施工させて頂いたお宅をご覧ください! 「屋根・外壁診断」は河合塗装工業におまかせください! まずはお家の劣化状況をしっかりと把握しましょう。 河合塗装工業ではご相談・現地調査・お見積り提出まで無料でさせて頂きます! 河合塗装工業の雨漏り診断 雨漏りのプロが原因を特定します。 お家の状況に合わせた納得のご提案をさせて頂きます。 豊橋市・豊川市で外壁塗装・屋根塗装・防水工事・雨漏り補修の事でお悩みなら、国家資格の1級塗装技能士がいる河合塗装工業までご相談下さい!   (2020.12.21 更新) 詳しく見る
新着情報スタッフブログ豆知識